35件中 21 - 30件表示
  • 成城中学校・高等学校

    成城中学校・高等学校から見た斎藤次郎斎藤次郎

    斎藤次郎(大蔵事務次官 、東京金融取引所社長を経て、2009年10月より日本郵政社長)成城中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 保田博

    保田博から見た斎藤次郎斎藤次郎

    これらの問題では、最終的に監督責任を取って橋本龍太郎蔵相、保田、松野允彦証券局長らが減給、訓告処分を受け、他に中平幸典証券局担当審議官、堀田隆夫証券局業務課長らも訓告処分を受けるなど、官界では異例の自らの行政の誤謬を認めた形となった。また橋本蔵相辞任の際、自らも辞意を表明したが慰留された。ただしこれらの一連の処分は、斎藤次郎主計局長、濱本英輔主税局長らを留任させ、小村武は経企庁官房長に栄転、涌井洋治は筆頭主計局次長に、中平幸典も国際金融局次長からミュンヘン・サミット後に局長に昇格させる一方、銀行局・証券局の主要人事は総入替したが、当時総務審議官から小川是を証券局長に起用するなど、省内“人材銀行”としての主計局出身者を中心とする人事には手をつけず、さらに戦力低下を招かぬよう実質的に巧妙に各局人事を強化したものだったといわれた。保田博 フレッシュアイペディアより)

  • 郵政民営化

    郵政民営化から見た斎藤次郎斎藤次郎

    民主、社民、国民新の三党は2009年8月14日、同月30日に開票される衆議院総選挙に向けての共通政策として郵政民営化の抜本的な見直しを掲げた。政権交代が実現された後、国民新党の亀井静香郵政・金融担当相が積極的に民営化見直しを働きかけ、民営化推進派である西川善文社長が「政府と隔たりがある」として2009年10月20日に辞任を表明した。翌21日、同相は次期社長として元大蔵省次官である斎藤次郎を起用すると発表した。これにより民主党連立政権による郵政民営化見直しの骨子はほぼ決定的となってきたが、。また、日銀総裁人事などの国会同意人事で官僚出身である事から拒否し、天下り禁止を主張してきた民主党がこの様な官僚出身者を抜擢した事についての批判がなされた(ただし、日銀総裁人事については、「財政と金融の分離」という面もあったことを留意する必要がある)。郵政民営化 フレッシュアイペディアより)

  • 谷川俊太郎

    谷川俊太郎から見た斎藤次郎斎藤次郎

    こんな教科書あり? 国語と社会科の教科書を読む 斎藤次郎,佐藤学共著 岩波書店 1997.12谷川俊太郎 フレッシュアイペディアより)

  • レーザーウェーブ

    レーザーウェーブから見た斎藤次郎斎藤次郎

    『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』に登場。本作でも名称は英語版準拠なためショックウェーブ/Shockwaveと呼ばれる。原語版の声はフランク・ウェルカー、日本語版では斎藤次郎が演じたが、台詞が非常に少ない。レーザーウェーブ フレッシュアイペディアより)

  • 日本郵政

    日本郵政から見た斎藤次郎斎藤次郎

    取締役:斎藤次郎(第2代社長、元大蔵事務次官)日本郵政 フレッシュアイペディアより)

  • 天下り

    天下りから見た斎藤次郎斎藤次郎

    2009年に民主党政権は官僚OBの独立行政法人への再就職について9月末に原則禁止を決定した。その一方で、2009年10月に民主党政権は元大蔵次官斎藤次郎を日本郵政社長にする内定人事や2009年11月に人事官に元厚生労働次官の江利川毅を起用したことなどが、「天下り原則禁止に反する」と批判された。民主党政権は「府省庁が退職後の職員を企業、団体などに再就職させること」が天下りであると定義をし、「我々の場合は政治家である大臣による選任であり、天下りに該当しない」と述べ、「元次官の起用が天下りではない」と主張した。しかし、大臣の斡旋は府省庁の斡旋になるので政府見解では法律論は成り立たないという批判や、天下った官僚OBが他の官僚OBを呼び寄せた場合は天下りに該当しないことになるのかという疑問、そして福田康夫元首相が元官僚3人を労働保険審査会や運輸審議会と公害健康被害補償不服審査会の各委員3人に選任した際、2007年11月14日に国会同意人事で天下りを理由に民主党など当時の野党が反対して不同意としたことについて「整合性がない」と指摘された。天下り フレッシュアイペディアより)

  • 漫画アクション

    漫画アクションから見た斎藤次郎斎藤次郎

    共犯幻想(原作:斎藤次郎、漫画:真崎守)1972年 - 1973年漫画アクション フレッシュアイペディアより)

  • 大蔵省

    大蔵省から見た斎藤次郎斎藤次郎

    斎藤次郎 日本郵政代表取締役社長、東京金融先物取引所元社長大蔵省 フレッシュアイペディアより)

  • 中島義雄

    中島義雄から見た斎藤次郎斎藤次郎

    当時、盛んに大蔵バッシングが云われ、この件も含め、当時の斎藤次郎大蔵事務次官辞任の最後の引導を渡したといわれている。その後の大蔵省改革に連なり、政界と比べ相対的に大蔵省や霞ヶ関の力が弱体化した。金融界ではいわゆるハゲタカファンドや外資の買収が盛んにいわれ、新生銀行などが誕生した時代であった。この状況下、「こんな時に中島さえいれば」という声が聞かれたことも確かである。中島義雄 フレッシュアイペディアより)

35件中 21 - 30件表示

「斎藤次郎」のニューストピックワード