1 2 3 4 次へ
33件中 31 - 33件表示
  • 谷川俊太郎

    谷川俊太郎から見た斎藤次郎斎藤次郎

    『こんな教科書あり? 国語と社会科の教科書を読む』斎藤次郎,佐藤学共著 岩波書店 1997谷川俊太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た斎藤次郎斎藤次郎

    1994年(平成6年)、小沢と大蔵事務次官の斎藤次郎が中心となり、消費税を廃止し7%の福祉目的税を創設するという「国民福祉税」構想を決定した。2月3日未明、細川は突如、「国民福祉税」構想を発表し、世論の激しい反発を受けた。また、社会・さきがけ・民社各党の批判に合い、翌日、細川は「国民福祉税」構想を白紙撤回するに至った。内閣官房長官の武村は、公然と「国民福祉税構想は事前に聞いていない」と発言、小沢との対立はますます先鋭化した。武村か小沢かの選択を迫られた細川は小沢に軍配を上げ、武村外しを目的とした内閣改造を目論むも頓挫、政権の主導権を奪われた武村や武村率いるさきがけは与党内で孤立し、武村と細川の仲も急速に冷却する。一連の動きに嫌気がさした細川は、突然辞意を表明した。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 細川護熙

    細川護熙から見た斎藤次郎斎藤次郎

    政治改革関連法案が曲がりなりにも成立し、高い内閣支持率もそのまま維持した。2月3日、これに意を強くした小沢一郎と大蔵事務次官の斎藤次郎のラインに乗った細川は、消費税を福祉目的税に改め税率を3%から7%に引き上げる国民福祉税構想を発表した。しかし、これは深夜の記者会見で唐突に行われたもので連立与党内でも十分議論されていないものであったため、世論はもとより内閣官房長官の武村正義や社会保障を所管する厚生大臣で民社党委員長の大内啓伍、社会党委員長の村山富市ら、与党内からも反対の声が沸き上がり、結局翌2月4日に連立与党代表者会議で白紙撤回に追い込まれた。細川護熙 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
33件中 31 - 33件表示

「斎藤次郎」のニューストピックワード