1 2 3 4 5 6 7 次へ
64件中 61 - 64件表示
  • 斎藤次郎

    斎藤次郎から見た東京大学法学部

    1959年3月 - 東京大学法学部卒業 加藤一郎ゼミ(民法)斎藤次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤次郎

    斎藤次郎から見た内閣総理大臣補佐官

    竹下内閣時代に、ときの経世会の小沢一郎内閣官房副長官と出会い、その後も小沢と歩調を合わせた猪突猛進の言動で、大宮敏充のデンスケにちなんで、通称、「デンさん」ないし「デンスケ」などと呼ばれた。第2次海部内閣改造内閣時代の1991年1月24日に決定された湾岸戦争への90億ドルの資金供出には、小沢自民党幹事長と共に、石油税と法人税の一時的増税で賄ったのに始まり、主計局長在任中の宮沢内閣時代に、小沢自民党幹事長、牧野徹建設事務次官(のちに小泉内閣で内閣総理大臣補佐官)らと練り上げた「国際貢献税」構想を打ち出し、その後の非自民の連立細川内閣時代においても、連立政権のエンジン役を務めた小沢と共に「国民福祉税」構想をぶち上げた。斎藤次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤次郎

    斎藤次郎から見た成城中学校・高等学校

    満州・大連市出身。父親は満鉄調査部に勤務していた。第二次世界大戦終結後の1948年に内地に引揚げ、成城中学校(新宿区)から東京都立新宿高等学校を経て、東京大学法学部を卒業。1959(昭和三十四)年、大蔵省に入省。斎藤次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤次郎

    斎藤次郎から見た小泉内閣

    竹下内閣時代に、ときの経世会の小沢一郎内閣官房副長官と出会い、その後も小沢と歩調を合わせた猪突猛進の言動で、大宮敏充のデンスケにちなんで、通称、「デンさん」ないし「デンスケ」などと呼ばれた。第2次海部内閣改造内閣時代の1991年1月24日に決定された湾岸戦争への90億ドルの資金供出には、小沢自民党幹事長と共に、石油税と法人税の一時的増税で賄ったのに始まり、主計局長在任中の宮沢内閣時代に、小沢自民党幹事長、牧野徹建設事務次官(のちに小泉内閣で内閣総理大臣補佐官)らと練り上げた「国際貢献税」構想を打ち出し、その後の非自民の連立細川内閣時代においても、連立政権のエンジン役を務めた小沢と共に「国民福祉税」構想をぶち上げた。斎藤次郎 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
64件中 61 - 64件表示

「斎藤次郎」のニューストピックワード