新エネルギー ニュース&Wiki etc.

新エネルギー(しんエネルギー)とは、公的には日本における新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法(新エネルギー法)において「新エネルギー利用等」として定義され、同法に基づき政令で指定されるもののことを指す。現在、政令により指定されている新エネルギーは、バイオマス、太陽熱利用、雪氷熱利用、地熱発電、風力発電、太陽光発電な… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「新エネルギー」のつながり調べ

  • 人工光合成

    人工光合成から見た新エネルギー

    太陽電池の研究は19世紀から始まり、1839年にフランスの物理学者アレクサンドル・エドモン・ベクレルが光起電力効果を発見、1884年にはアメリカの科学者チャールズ・フリッツが世界初の太陽電池を製作した。一方光合成の研究は1910年頃から行われ、1956年にルドルフ・マーカスにより電子移動反応理論を発表。1972年には東京大学の本多健一と藤嶋昭により、酸化チタン電極を用い、紫外線を照射することにより水を水素と酸素に分解する本多-藤嶋効果が発表された。1974年から2000年にかけては、日本の新エネルギー研究プロジェクトであるサンシャイン計画・ニューサンシャイン計画が実行された。2011年には、根岸英一らと文部科学省とが人工光合成などの技術革新の具体化を進めることで合意した。(人工光合成 フレッシュアイペディアより)

  • ENEOSサンエナジー

    ENEOSサンエナジーから見た新エネルギー

    主な製品は、産業用燃料油(重油・軽油・灯油・ガソリン等)や潤滑油などの石油製品と、溶剤(ベンゼン・トルエン・キシレン等)や洗浄剤などの石油化学製品である。また、石油・石化事業以外の新エネルギー事業では、太陽光発電やエネファームなどの開発・販売を行っている。羽田空港や新千歳空港などでは航空機燃料油の給油を行っており、稚内・大館能代・庄内の3空港では、航空機へ給油作業のほか給油施設の管理も行っている。(ENEOSサンエナジー フレッシュアイペディアより)

「新エネルギー」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「新エネルギー」のニューストピックワード