前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見た新井場徹新井場徹

    1997年、クゼ体制2年目。礒貝が浦和、本並がV川崎に移籍。一方でカメルーン代表のパトリック・エムボマが加入し、新井場徹がユースから昇格した。また、ユースから飛び級でトップチームに昇格した稲本潤一が当時のJリーグ最年少出場記録となる17歳171日でJリーグ公式戦に初出場した。1stステージを8勝8敗(17チーム中8位)と初めて勝敗を五分に持ち込むと、2ndステージは当時のJリーグ記録となる9連勝を飾り、首位争いに加わり、2位の成績を残した。また、年間成績も初めて勝ち越し4位となった。なお、エムボマは25得点を挙げて、クラブ初のJリーグ得点王とベストイレブンを獲得。シーズン終了後、クゼが監督が母国クロアチア代表のスタッフ就任により退団、天皇杯はアシスタントコーチのフリードリッヒ・コンシリアが率い、4年連続でベスト4に入った。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島アントラーズ

    鹿島アントラーズから見た新井場徹新井場徹

    ジョルジーニョが監督を退任し、新井場徹がC大阪、興梠慎三が浦和、岡本英也が新潟、増田誓志がKリーグの蔚山現代、ドゥトラがベルギーのスポルティング・ロケレンへ完全移籍し、磐田にレンタル移籍していた宮崎智彦、徳島にレンタル移籍していたアレックスもそれぞれ完全移籍した。さらに広州恒大からレンタル移籍で加入したレナト、栃木へレンタル移籍していた佐々木竜太とは契約を更新しなかった。鹿島アントラーズ フレッシュアイペディアより)

  • 上野山信行

    上野山信行から見た新井場徹新井場徹

    上野山の指導を受けた主な選手には宮本恒靖、稲本潤一、新井場徹、橋本英郎、大黒将志、二川孝広らがいる。上野山信行 フレッシュアイペディアより)

  • 木村敦志

    木村敦志から見た新井場徹新井場徹

    現役引退後は、現役時代の先輩ディフェンダー・新井場徹からの依頼を受けて、新井場が代表を務めるFCティアモ枚方のサッカースクールでGKコーチを務めている。引退直後の2015年夏には、正GKのキム・ジンヒョンの負傷でGK陣が手薄になったセレッソ大阪から現役復帰のオファーが届いたことや、オファーを固辞したことが報じられた。木村敦志 フレッシュアイペディアより)

  • 實好礼忠

    實好礼忠から見た新井場徹新井場徹

    順調にキャリアを重ねて、左サイドバックのポジションでレギュラーを獲得していた2000年6月、右足アキレス腱を断裂し選手生命の危機に瀕する(この欠場で出番を得たのがのちに攻撃的左サイドバックとして名をはせる新井場徹である)。懸命なリハビリの甲斐もあり、約1年後に復帰。西野朗監督の信頼を勝ち取り、守備のユーティリティプレイヤーとして確固たる地位を築く。實好礼忠 フレッシュアイペディアより)

  • 三木良太

    三木良太から見た新井場徹新井場徹

    中学生時代からガンバ大阪の下部組織に所属し、各年代別代表に選ばれた。2004年にトップ昇格(寺田紳一、丹羽大輝が同時昇格である)。G大阪でユースチーム在籍中にトップチームに昇格(正確には帯同)した選手としては稲本潤一、新井場徹、家長昭博、寺田に次いで5人目(試合出場はなし)。高校卒業に際して、下記のとおり、学校側のミスによるトラブルがあった。三木良太 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府立枚方高等学校

    大阪府立枚方高等学校から見た新井場徹新井場徹

    新井場徹(サッカー選手、中退)大阪府立枚方高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 町中大輔

    町中大輔から見た新井場徹新井場徹

    交野市出身。中学時代は地元の強豪クラブである交野FCでプレーし、高校にあがるとガンバ大阪ユースチームに入団。エースストライカーとして活躍した。ユース時代の同期には稲本潤一や橋本英郎らがいる。また新井場徹は中学、高校時代を通じてのチームメイトだった。トップチームへの昇格は叶わず、高校卒業後に近畿大学に進学。町中大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉新

    児玉新から見た新井場徹新井場徹

    ガンバ大阪ユースから2001年にトップチームに昇格(ユースからの同時昇格は井川祐輔、日野優)。新井場徹の後継者と目されたが、レギュラー定着には至らなかった。児玉新 フレッシュアイペディアより)

  • 引退試合

    引退試合から見た新井場徹新井場徹

    中田浩二・柳沢敦・新井場徹(2015年、この3選手は合同で引退試合を開催)引退試合 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示