27件中 11 - 20件表示
  • 白石朋也

    白石朋也から見た新井場徹新井場徹

    特に1期生の宮本恒靖、4期生の稲本潤一、新井場徹、橋本英郎、5期生の大黒将志、二川孝広らと活躍をした。白石朋也 フレッシュアイペディアより)

  • 名良橋晃

    名良橋晃から見た新井場徹新井場徹

    雑誌の企画で鹿島の新井場徹との対談の時「この顔だから僕いつも損してると思うんですよ(笑)」と漏らしていた。名良橋晃 フレッシュアイペディアより)

  • 寺田紳一

    寺田紳一から見た新井場徹新井場徹

    中学時代からガンバ大阪の下部組織で育ち、高校2年次にはJユースカップ優勝を経験し、高校3年次にはユースチーム所属ながらトップチームにも帯同して練習していた。ユース時代は、1学年下の家長昭博を左SHに従え、トップ下での出場が主だった。2004年、高校卒業後に正式にトップチームに昇格(同期昇格は三木良太、丹羽大輝)。ユースチーム在籍中にトップチームに昇格(正確には帯同)した選手は、稲本潤一、新井場徹、家長に次いで4人目(試合出場はなし)。同年11月20日、J1 2nd第13節横浜FM戦でJリーグデビューを飾った。寺田紳一 フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見た新井場徹新井場徹

    2015年7月5日に柳沢敦、新井場徹と合同での引退試合が行われた。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 石川竜也

    石川竜也から見た新井場徹新井場徹

    2002年、鹿島アントラーズへ加入。鹿島を選んだ理由として同じポジションに相馬直樹がいたことを挙げる。鹿島では定位置確保には至らず、2004年には同じポジションに新井場徹が加わったことで、より出番が限られるようになった。石川竜也 フレッシュアイペディアより)

  • 宮島一代

    宮島一代から見た新井場徹新井場徹

    2015年の柳沢敦・中田浩二・新井場徹の合同引退試合では主審を務め、終了間際のPKの際に、バニシングスプレーでピッチに「KOJI」と書きスタジアムを沸かせた。「粋な計らい」「ベテランらしい演出」など、評判となった。宮島一代 フレッシュアイペディアより)

  • ジウトン・ヒベイロ

    ジウトン・ヒベイロから見た新井場徹新井場徹

    2010年は、から期限付き移籍で鹿島アントラーズに移籍。序盤は出場機会がなかったが、内田篤人の移籍、それに伴って新井場徹が右サイドバックにポジションを移したため、空いた左サイドバックでプレーした。ジウトン・ヒベイロ フレッシュアイペディアより)

  • 大阪ダービー

    大阪ダービーから見た新井場徹新井場徹

    新井場徹(G:1998年 - 2003年、C:2013年 - 2014年)大阪ダービー フレッシュアイペディアより)

  • 朴柱昊

    朴柱昊から見た新井場徹新井場徹

    2009年、「アジア枠」が新設されたこともあり、水戸と同じ茨城県のクラブである鹿島アントラーズへ完全移籍。クラブ史上初めてのブラジル人以外の外国籍選手となった。開幕当初はレギュラーとしてプレーし、シーズン後半は新井場徹の控えに回る事となった。朴柱昊 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本英郎

    橋本英郎から見た新井場徹新井場徹

    ガンバ大阪Jr.ユースからガンバ大阪ユースを経て、1998年にガンバ大阪トップチームに昇格。ユース時代の同期生には稲本潤一と新井場徹がいる。ただ、ユース在籍時からトップの公式戦に出ていた二人と違い、橋本は月給10万円の練習生契約で加入した(同期入団の播戸竜二も練習生契約であった)。橋本英郎 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示