前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
123件中 1 - 10件表示
  • ベーシックインカム

    ベーシックインカムから見た新党日本新党日本

    日本でベーシックインカム導入をマニフェストに盛り込んでいる政党は、希望の党、自由党、緑の党グリーンズジャパン、新党日本である。ベーシックインカム フレッシュアイペディアより)

  • 国民新党

    国民新党から見た新党日本新党日本

    8月23日、津島恭一が入党。8月24日、国民新党の国会議員が6人であったが、新党日本の国会議員が4人であったため、新党日本は政党要件を満たしていなかったが、自民系反郵政民営化という立場で友好関係を考えていた国民新党は新党日本の政党要件を満たす為に、国民新党結党メンバーの一人である長谷川憲正参議院議員が期間限定で新党日本に転籍し、9月12日に国民新党への復党が了承された。このことは各党にレンタル移籍だと批判を浴びた。国民新党 フレッシュアイペディアより)

  • 第45回衆議院議員総選挙

    第45回衆議院議員総選挙から見た新党日本新党日本

    「ミーイズム解散」 - 新党日本代表田中康夫による命名。自民党内は自分自身さえ再選されればと形振り構わぬミーイズムな状況下であるとして第45回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 第171回国会

    第171回国会から見た新党日本新党日本

    民主党・新緑風会・国民新・日本 - 118第171回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の政治

    2006年の政治から見た新党日本新党日本

    民主党が党大会。小沢一郎が正式に代表に選出され、新執行部は、渡部恒三国対委員長以外は留任。新国対委員長は高木義明。国民新党の綿貫民輔代表、社民党の福島瑞穂代表、新党日本の田中康夫代表が来賓として出席。なお、この大会後、小沢一郎が体調不良で都内の病院へ検査入院、のち10月5日に退院。2006年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た新党日本新党日本

    衆議院議員(3期)、福島県議会議員(1期)、新党日本幹事長(初代)、参議院議員(2期)、改革クラブ幹事長(初代)、新党改革幹事長(初代)、新党改革代表(第3代)等を歴任した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 民社国連立政権

    民社国連立政権から見た新党日本新党日本

    第45回衆議院議員総選挙で選挙協力をし統一会派を組む新党日本と新党大地も連立政権に参加した。その一方で第21回参議院議員通常選挙で民主党・社民党・国民新党と選挙協力をした沖縄社会大衆党は日本共産党とも選挙協力をしていたため連立政権に参加していない。民社国連立政権 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川憲正

    長谷川憲正から見た新党日本新党日本

    2005年に自由民主党を離党、国民新党旗揚げメンバーの一人として名を連ねる。8月24日、新党日本に新党日本の政党条件を満たすために期間限定で移籍。9月11日に同党へ離党届を提出し、国民新党へ復党した。この政党移籍はレンタル移籍と揶揄され、選挙互助会という批判があった。長谷川憲正 フレッシュアイペディアより)

  • 第21回参議院議員通常選挙

    第21回参議院議員通常選挙から見た新党日本新党日本

    一方、野党第1党の民主党は追い風を受け60議席を獲得し、参議院で第1党となった。自民・民主の二大政党の争いに埋没した共産・社民両党は苦戦し、議席を減らした。国民新党は現有議席数を維持し、新党日本は1議席を確保した。非改選議席と合計すると137議席となり、野党は参議院における安定多数を確保した。第21回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 小林興起

    小林興起から見た新党日本新党日本

    労働政務次官、財務副大臣、自由民主党国会対策委員会副委員長、新党日本代表代行(初代)、国民新党東京都第10選挙区支部支部長、減税日本代表代行(初代)などを歴任。小林興起 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
123件中 1 - 10件表示