128件中 11 - 20件表示
  • 除名

    除名から見た新党日本新党日本

    滝実(2005年):郵政民営化法案に反対。新党日本を経てのち、民主党へ移籍。除名 フレッシュアイペディアより)

  • 勝谷誠彦

    勝谷誠彦から見た新党日本新党日本

    新党日本の田中康夫代表を支援している。2006年(平成18年)8月に執行された長野県知事選挙では田中康夫が落選・元衆議院議員で国家公安委員長を歴任した村井仁が当選をした。それに関連して翌日のスッキリでは田中康夫の落選を巡って勝谷が村井に投じた有権者を馬鹿と発言。司会のテリー伊藤とバトルになった。勝谷誠彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小林興起

    小林興起から見た新党日本新党日本

    労働政務次官、財務副大臣、自由民主党国会対策委員会副委員長、新党日本代表代行(初代)、国民新党東京都第10選挙区支部支部長、減税日本代表代行(初代)などを歴任した。小林興起 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た新党日本新党日本

    2000年代(平成12年から?平成21年まで)の時期に結成された新党は以下である。保守党・保守新党・新党・自由と希望・国民新党・新党日本・新党大地(初代新党大地)・共生新党・改革クラブ・幸福実現党・国民運動体 日本の夜明け・みんなの党が結成された。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 新党「日本」

    新党「日本」から見た新党日本新党日本

    新党「日本」 フレッシュアイペディアより)

  • 勝谷誠彦の志ジャーナル

    勝谷誠彦の志ジャーナルから見た新党日本新党日本

    田中康夫(参議院議員で新党日本代表、前長野県知事)をゲストに迎えての公開放送。勝谷誠彦の志ジャーナル フレッシュアイペディアより)

  • SBCニュースウィークリー

    SBCニュースウィークリーから見た新党日本新党日本

    ただその後、FNS系・長野放送が同時間帯に放送していた東海テレビ制作「てれび博物館 それってホント!?」の放送時間が30分繰り下げられた影響で、長年日曜午後に時差放送していた「笑っていいとも!増刊号」の放送時間を、キー局のフジテレビと同時放送する編成に切り替え、また県政では2002年県議会からの不信任に伴う、出直し県知事選で田中が再選された以降、住民票移転問題や新党日本代表就任・選挙応援など、田中が県政と無関係なところでの言動が甚だ目立つようになり、嫌気の挿した県民が増加したことによる田中ブームの終息、また有権者の支持率が下落するのと比例するように同番組の視聴率も低迷。SBCニュースウィークリー フレッシュアイペディアより)

  • 小林憲司

    小林憲司から見た新党日本新党日本

    青山丘 - 第43回総選挙(2003年)に愛知7区より自由民主党公認で出馬するも小林に敗れ、比例区で復活当選。その後、新党日本に参加し副代表に就任、さらに国民新党へ移籍。なお、第34回総選挙(1976年)から第40回総選挙(1993年)の間は民社党公認で出馬(落選を挟んで9回当選)、小選挙区比例代表並立制に変わった第41回総選挙(1996年)では新進党公認で愛知7区から当選し、長年に亘り日本労働組合総連合会が推薦していた。第42回総選挙(2000年)では比例区単独で自由民主党公認より当選。なお、青山が自由民主党へ移籍したため、日本労働組合総連合会は第42回総選挙から第44回総選挙の間は小林を推薦、特に第43回総選挙では推薦候補である小林と、かつて推薦していた青山の一騎打ちとなった。小林憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年千葉県知事選挙

    2009年千葉県知事選挙から見た新党日本新党日本

    この選挙では、候補者5人がいずれも無所属として立候補しており、5人が立候補を届け出た当初は政党色が薄い選挙戦が予想されており、共産党推薦の八田、民主党・社会民主党・国民新党・新党日本が推薦する吉田を除いては、政党が表立った選挙戦は行われなかった。2009年千葉県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 桑原耕司

    桑原耕司から見た新党日本新党日本

    第45回衆議院議員総選挙に新党日本から比例代表東海ブロック1位で立候補し、落選。桑原耕司 フレッシュアイペディアより)

128件中 11 - 20件表示

「新党日本」のニューストピックワード

  • ポーラ美術館コレクション〜モネからピカソ、シャガールへ