123件中 41 - 50件表示
  • 第22回参議院議員通常選挙

    第22回参議院議員通常選挙から見た新党日本新党日本

    国会で与党と協力関係にある新党日本、新党大地は比例代表の事前説明会に出席し、立候補の構えをみせていた。しかし、新党日本は代表の田中康夫が「第三極を育成する必要性を痛感した」旨の発言を行い、この選挙までに衆議院において民主党との統一会派を解消し、新たに国民新党と統一会派を組んだ。もっとも、この両者は参議院では民主党と統一会派を組んでいる。新党日本は後に立候補者を擁立しないことを発表した。第22回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 保坂展人

    保坂展人から見た新党日本新党日本

    2011年4月6日、記者会見を開き世田谷区長選挙への立候補を表明。なお区長選への出馬に際し、社民党を離党した。区長選には5人が立候補したが、保坂は社民・国民新・新党日本・生活者ネットの4党による支持に加え、隣接する杉並区の区長田中良らの応援も受け、83,983票を獲得し初当選した。なお、候補者氏名を記入する投票による選挙で保坂が当選するのは、これが初めてである(衆議院議員3期は比例代表で当選)。2014年の2014年東京都知事選挙では、脱原発を公約した細川護熙を評価した(落選)。なお、23特別区の区長は、22人までが当選した舛添要一を支援しており、舛添を支援しなかったのは保坂だけだった。保坂展人 フレッシュアイペディアより)

  • 年越し派遣村

    年越し派遣村から見た新党日本新党日本

    派遣村に手伝いに行った新党日本の田中康夫は、その時の印象から「テントを張っている人々は突如企業からクビを切られたような人では無く、日々飯場のような仕事をしている人であり、「日比谷公園に行けばメシが食えるらしいぞ」と聞きつけてやってきた人が多かった。」「(共に運動をしている)日教組や連合、共産党系の組合などは、いくつもある自分達の組織の施設を開放するなど、やるべきことがあるのではないか」「組合や政党が参加していた事に違和感を覚え、村長の湯浅氏が考えていた事と違う方向へ行ってしまったのではないか」と語った。年越し派遣村 フレッシュアイペディアより)

  • 党員

    党員から見た新党日本新党日本

    中には国会議員、都道府県議会議員、市区町村議会議員、それらの候補者のみによる結党(政党を結成すること)によって幹部政党の性格が強いために、広く一般市民により組織されていない政党も存在する。そうした政党には入党資格を限定している事例がある(改革クラブ_(1998-2002)、無所属の会、保守(新)党、新党日本、新党改革など)。日本国内の政党でも入党資格を日本国民に限定する党とそうでない党がある。党員 フレッシュアイペディアより)

  • 新党改革

    新党改革から見た新党日本新党日本

    郵政民営化をめぐり自民党を離党し新党日本結成に参画した荒井は、党代表である田中康夫の党運営に反発して離党、自民党と統一会派を結成したが与党が参院において少数派であったことから影響力を発揮することができなかった。新党改革 フレッシュアイペディアより)

  • 中野洋昌

    中野洋昌から見た新党日本新党日本

    退官後、2011年に死去した冬柴鐵三の後継者として、2012年の第46回衆議院議員総選挙に兵庫8区から公明党公認で出馬。新党日本代表で前職の田中康夫、民主党前職の室井秀子らを破り初当選した。当時、兵庫県下の小選挙区ならびに公明党公認の当選者としては最年少であった。2014年12月、第47回衆議院議員総選挙に再び兵庫8区から公明党公認で出馬し再選される。2017年10月、第48回衆議院議員総選挙に再び兵庫8区から公明党公認で出馬し3選。中野洋昌 フレッシュアイペディアより)

  • ぬいぐるみ

    ぬいぐるみから見た新党日本新党日本

    有名なぬいぐるみ愛好家としては、SF作家の新井素子、作家で政治家新党日本の代表でもある田中康夫など。ぬいぐるみ フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県第9区

    兵庫県第9区から見た新党日本新党日本

    1996年の第41回衆議院議員総選挙では自民党の原健三郎、新進党の宮本一三(自民党を離党し新生党を経て新進党へ合流)の保守同士の対決を宮本が制した(原は比例復活)。2000年の第42回、2003年の第43回総選挙では、自民党現職宮本に(通産省を退官し原の秘書を経た)保守系無所属新人の西村康稔が挑み、第42回は宮本が制したが、第43回は西村が宮本に比例復活すら許さず、初当選。その後、宮本は2005年の第44回衆議院議員総選挙では新党日本、2009年の第45回衆議院議員総選挙では国民新党から出馬しているが、いずれも西村に敗れ、比例復活もならず落選した。2009年の総選挙では自民党に猛烈な逆風が吹き荒れたが、西村は宮本を6万票超の大差で下し、兵庫県の自民党候補で唯一、小選挙区の議席を死守した。民主党に猛烈な逆風が吹き荒れた2012年の第46回衆議院議員総選挙で民主党は浜本宏を擁立したが西村が圧勝し浜本は比例復活もできず落選した。2014年の第47回衆議院議員総選挙では民主党が候補を擁立せず西村と共産党候補の一騎打ちになり西村が前回と同じく圧勝した。兵庫県第9区 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する個人・その他各種団体の支援活動

    東日本大震災に対する個人・その他各種団体の支援活動から見た新党日本新党日本

    新党日本は、被災地支援のために震災復興支援金を受け付ける口座を開設した。3月20日と21日には、田中康夫代表が国民新党の下地幹郎幹事長らと共に被災した宮城県の仙台市、気仙沼市と福島県の南相馬市を視察した。またその際、下地幹事長らが集めた支援物資と新党日本が東京と兵庫県尼崎市で独自に集めた支援物資を避難所に搬送した。東日本大震災に対する個人・その他各種団体の支援活動 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の消費税議論

    日本の消費税議論から見た新党日本新党日本

    6月30日、政府・与党は「2010年代半ばまでに段階的に消費税率を10%まで引き上げる」ことを決定。国民新党は会議で反対したが打ち切られ、同じく反対した与党会派の新党日本は議事録がとられなかったとしている。また内閣府は同年5月、逆進性対策としての食料品への軽減税率適用は「他の手段による対応に比べ、効果が小さいという見方が一般的」だとして、否定的な見方を示した。日本の消費税議論 フレッシュアイペディアより)

123件中 41 - 50件表示