123件中 51 - 60件表示
  • 国籍法 (日本)

    国籍法 (日本)から見た新党日本新党日本

    しかし、これには偽装認知が起こる危険性があるとして、自民党の保守派議員や民主党の保守派議員や国民新党、新党日本、川田龍平などの反対派が認知の届出の際にDNA鑑定の義務づけを要求したが、参議院で第一党の民主党はこれを受け入れず、法案には盛り込まれなかった。偽装認知の防止策として、疑義がある場合は、父親と子供が一緒に写った写真の提出を可能な限り求めること、施行状況を半年ごとに国会に報告し、科学的な確認方法の導入を検討することが決まった。この法案は衆議院では第一党である自民党も含め、全会一致で可決し、参議院では国民新党・新党日本の反対があったものの賛成多数で可決され、成立し、2009年(平成21年)1月1日施行された。国籍法 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 新党大地 (2012-)

    新党大地 (2012-)から見た新党日本新党日本

    2011年12月28日に、元民主党の松木謙公・石川知裕、新党大地の浅野貴博の計3名の衆議院議員と、元民主党の横峯良郎、無所属(会派は民主党・新緑風会所属。元新党日本)の平山誠の計2名の参議院議員、合わせて国会議員5名と、新党大地の代表で鈴木宗男事件の実刑判決による服役後、12月6日に仮釈放された鈴木宗男元衆議院議員によって東京都選挙管理委員会に新党「大地・真民主党」の設立を届け出た。新党大地 (2012-) フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県第2区

    奈良県第2区から見た新党日本新党日本

    2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙(郵政解散による選挙)では、郵政造反組であった滝実(新党日本)への刺客として出馬した自民党の高市早苗が当選。滝も比例復活した。なお、この選挙で落選した民主党の中村哲治は2007年の第21回参議院議員通常選挙に民主党から出馬し当選した。奈良県第2区 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県第8区

    兵庫県第8区から見た新党日本新党日本

    のちに民主党は1996年(自民党)、2000年(公明党との選挙協力を拒否し無所属で立候補)共に次点だった室井邦彦を擁立(自由党に移籍後、民由合併で民主党入り)することになったが、選挙区では合わせて4度次点に終わり、議席を獲得できなかった(室井は2005年の落選後、参議院議員へ転出)。2009年の選挙では民主党と選挙協力をした新党日本代表の田中康夫が冬柴を破って当選。2012年の選挙では冬柴(2011年に死去)の後継となった中野が田中から議席を奪い返したため、兵庫2区と同様に比例復活も含めて自民党の議員が1人も選出されていない数少ない選挙区の1つとなっている。兵庫県第8区 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た新党日本新党日本

    衆議院議員(1期、2012年落選)、参議院議員(1期、2009年衆院鞍替による自動失職)、長野県知事(公選第15・16代、2006年落選)、新党日本代表を歴任。父の田中博正(心理学者)が非常勤講師を務めていた関係で松本歯科大学客員教授(入門歯科医学I担当)を務めたことがある。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 糸数慶子

    糸数慶子から見た新党日本新党日本

    2006年11月に、社大党・民主党・日本共産党・社民党・国民新党・新党日本・自由連合の野党勢力の推薦を受け(保守系地域政党のそうぞうは「支持」)、沖縄県知事選挙に立候補。新党大地も推薦・支持は見送ったが、鈴木宗男代表が糸数支援に駆けつけ、国政全野党が共闘した希少な例となった。しかし11月19日に投開票された結果、自民党・公明党が推薦した仲井眞弘多候補に3万7318票差(獲得投票数30万9,985票)で敗れた。糸数慶子 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦大悟

    松浦大悟から見た新党日本新党日本

    その後、民主党は新党日本・国民新党を加えた新たな会派を結成し、社民党も松浦の民主党会派への入会を容認する姿勢に転じたため、松浦は2008年7月、民主党秋田県連(寺田学代表)に民主党入党を打診し、8月11日に県連常任幹事会で松浦の民主党入りが了承され、党本部も9月1日に常任幹事会で松浦の入党を了承した。民主党秋田県連幹事長を経て、2009年12月に県連代表に就任した。松浦大悟 フレッシュアイペディアより)

  • 郵政造反組復党問題

    郵政造反組復党問題から見た新党日本新党日本

    党公認に対立する候補として立候補した自民党候補者は選挙後、離党勧告または除名という厳しい処分が下り、自民党から離れることになった。国民新党や新党日本に参加した造反議員は除名となり、選挙後の首班指名で小泉純一郎に投票した造反衆院議員は離党勧告となった。郵政造反組復党問題 フレッシュアイペディアより)

  • 伊波洋一

    伊波洋一から見た新党日本新党日本

    2010年11月、任期満了に伴う沖縄県知事選挙に、自由民主党沖縄県連や公明党・みんなの党の支持を受ける現職の仲井眞弘多沖縄県知事の再選を阻止するため、県内の革新勢力に推される形で、宜野湾市長を辞職して立候補する。伊波は社会民主党・日本共産党・沖縄社会大衆党・国民新党・新党日本・政党そうぞうの6党の支持に加え、民主党沖縄県連の支援も受けた(党本部は仲井眞、伊波のいずれも推薦・支持せず、自主投票を決定)が、現職の仲井眞に約4万票差で敗北した。伊波洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤博子

    後藤博子から見た新党日本新党日本

    自民党大分県連が次期参院選の候補者を公募で決定する方針を打ち出したことに反発、2006年(平成18年)5月26日に逢沢一郎幹事長代理に対して離党届けを提出。自民党執行部は離党届を受理せず、党紀委員会で決定することにし、6月23日に党紀委員会は離党届を受理した。6月28日、無所属議員として参議院会派「国民新党・新党日本・無所属の会」に入会。7月26日、国民新党に入党し、次期参院選大分県選挙区への出馬を表明した。後藤博子 フレッシュアイペディアより)

123件中 51 - 60件表示