128件中 61 - 70件表示
  • 第168回国会

    第168回国会から見た新党日本新党日本

    民主党・新緑風会・日本 - 120第168回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 仲井眞弘多

    仲井眞弘多から見た新党日本新党日本

    2010年11月、自民党沖縄県連からの支援及び推薦と公明党・みんなの党の推薦を受け沖縄県知事選挙に出馬、335,708票(得票率52.0%)を獲得し、共産党・社民党・国民新党・新党日本・沖縄社会大衆党推薦の新人、伊波洋一前宜野湾市長、幸福実現党の新人、金城竜郎を破り再選を果たした。しかし、県外への移設論に傾いた米軍普天間基地移設問題は、選挙戦の最中に朝鮮半島で武力衝突があったこともあり、実現できるかどうか流動的な情勢となっている。仲井眞弘多 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の歴史

    鳩山由紀夫内閣の歴史から見た新党日本新党日本

    鳩山と田中康夫新党日本代表が会談。田中の政策案に対し、鳩山が、「いいアイデアが浮かんだ。サンダーバード隊のようなものを国連演説に入れたい」と回答。鳩山由紀夫内閣の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • TPPを慎重に考える会

    TPPを慎重に考える会から見た新党日本新党日本

    環太平洋戦略的経済連携協定に慎重な姿勢をとる民主党、社会民主党、国民新党、新党日本など超党派の国会議員約180名が集まり、議員連盟として「TPPを慎重に考える会」を結成した。TPPを慎重に考える会の会長には、農林水産大臣などを歴任した衆議院議員の山田正彦が就任した。また、幹事長には、内閣官房副長官などを歴任した衆議院議員の松野頼久が就任した。TPPを慎重に考える会 フレッシュアイペディアより)

  • たちあがれ日本

    たちあがれ日本から見た新党日本新党日本

    しかし、2005年(平成17年)以降において3回の国政選挙で略称「日本」を使用してきた新党日本の田中康夫代表が「混乱を招く」と不快感を表明し、内閣に対して質問主意書を提出した。たちあがれ日本 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都第10区

    東京都第10区から見た新党日本新党日本

    2005年の総選挙では、小池百合子が落下傘候補(選挙当時は「女性刺客」とも呼ばれた)として自民党から立候補し、鮫島と小林(新党日本より立候補)を破り当選を果たした。選挙当時は、「女性刺客第一号」の選挙区として、全国的に注目された。東京都第10区 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男

    鈴木宗男から見た新党日本新党日本

    2011年12月28日に、新党大地の浅野貴博、元民主党の松木謙公と石川知裕の衆議院議員3名と元民主党の横峯良郎、無所属(会派は民主党・新緑風会所属・元新党日本)の平山誠の参議院議員2名。計5名の国会議員とともに新党大地・真民主(当初の党名は「大地・真民主党」)を結党し、党首に就任した。新党大地代表時代は政党交付金廃止を主張していたが、新党大地・真民主メンバーの多数派の意見として新党大地・真民主は政党交付金を受け取ることを発表し、2012年4月に政党交付金を受け取った。収賄罪、政治資金規正法違反、議院証言法違反(偽証罪)で有罪が確定して公民権を有しない者が党首の政党に政党交付金が支給されるのは極めて異例。鈴木宗男 フレッシュアイペディアより)

  • 参議院改革論

    参議院改革論から見た新党日本新党日本

    元長野県知事の田中康夫が代表を務める新党日本は、第45回衆議院議員総選挙のマニフェストで、参議院議員は全国比例区と都道府県知事、政令指定都市市長から選出すると明記した。参議院改革論 フレッシュアイペディアより)

  • 中野洋昌

    中野洋昌から見た新党日本新党日本

    退官後、2011年に死去した冬柴鐵三の後継者として、2012年の第46回衆議院議員総選挙において、公明党公認で兵庫県第8区から出馬。新党日本代表で前職の田中康夫、民主党前職の室井秀子らを破り初当選を果たした。兵庫県下の小選挙区ならびに公明党公認の当選者としては最年少である。中野洋昌 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のダム

    日本のダムから見た新党日本新党日本

    田中康夫 - 前長野県知事。「脱ダム宣言」を発表。現新党日本代表・衆議院議員、前参議院議員。日本のダム フレッシュアイペディアより)

128件中 61 - 70件表示

「新党日本」のニューストピックワード

  • ポーラ美術館コレクション〜モネからピカソ、シャガールへ