123件中 61 - 70件表示
  • 自由連合 (政党)

    自由連合 (政党)から見た新党日本新党日本

    2005年、徳田虎雄は病気のため引退を表明。第44回衆議院議員総選挙では、次男の徳田毅を無所属で擁立した。毅は最大野党・民主党の推薦を受け自民党元職の園田修光を破り当選したが、選挙後自由連合に入党し、虎雄の後継として代表となった。同年の首班指名では自身に投票している。00年衆院選で神奈川4区で自由連合公認で出馬した高野良裕は同選挙で同区から結成間もない(前出の荒井が初代幹事長)新党日本公認で出馬。自由連合 (政党) フレッシュアイペディアより)

  • 小林よしのりの関連人物

    小林よしのりの関連人物から見た新党日本新党日本

    田中康夫 (作家、前長野県知事、新党日本代表) ※小林よしのりの関連人物 フレッシュアイペディアより)

  • 仲井眞弘多

    仲井眞弘多から見た新党日本新党日本

    2010年11月、自民党沖縄県連からの支援及び推薦と公明党・みんなの党の推薦を受け、日米合意の見直しと基地の県外移設を公約として沖縄県知事選挙に出馬、335,708票(得票率52.0%)を獲得し、共産党・社民党・国民新党・新党日本・沖縄社会大衆党推薦の新人で前宜野湾市長の伊波洋一、幸福実現党の新人候補者を破り再選された。しかし、県外への移設論に傾いた米軍普天間基地移設問題は、選挙戦の最中に朝鮮半島で武力衝突があったこともあり、実現できるかどうか流動的な情勢となっている。仲井眞弘多 フレッシュアイペディアより)

  • 福島香織

    福島香織から見た新党日本新党日本

    2008年9月に東京本社へ異動して同年10月に政治部記者として官邸記者クラブで麻生太郎内閣総理大臣を総理番として担当し、2009年9月に野党の新党日本、共産党を担当する。同11月30日に早期退職勧奨に応じて産経新聞から退職する。「退職後、社を誹謗しない」旨の誓約書に署名を求められて提出している。福島香織 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都第10区

    東京都第10区から見た新党日本新党日本

    2005年の第44回衆議院議員総選挙では、小池百合子が落下傘候補(選挙当時は「女性刺客」とも呼ばれた)として自民党から立候補し、鮫島と小林(新党日本より立候補)を破り当選した。選挙当時は、「女性刺客第一号」の選挙区として、全国的に注目された。東京都第10区 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見た新党日本新党日本

    2010年3月21日、全日本プロレスでの試合後に挨拶を行いプロレスを休業することを発表。翌22日、全日本プロレス事務所で会見し、同年夏の参議院議員選挙への出馬を表明した。3月24日には、国民新党公認候補(新党日本推薦)として比例区より出馬することが発表された。同年7月、第22回参議院議員通常選挙で国民新党の比例区から「食の正食化」をスローガンに出馬するも34,561票で落選。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 無所属

    無所属から見た新党日本新党日本

    通常、政党の党籍を持ったまま無所属として立候補しても問題にはされない。2006年の長野県知事選挙では田中康夫候補が新党日本代表(当時国会議員が2人所属する国政政党の党首)であったが、無所属として立候補を届け出たため、無所属候補として報道された。2009年の千葉県知事選挙では、当選した森田健作が自民党員でありながら「完全無所属」と自称したため市民団体に刑事告発されたが、不起訴となっている。無所属 フレッシュアイペディアより)

  • 川口博

    川口博から見た新党日本新党日本

    川口は9月16日に開かれた第172回国会で新党日本の田中康夫、新党大地の鈴木宗男とともに院内会派「民主党・無所属クラブ」に入会している。川口博 フレッシュアイペディアより)

  • 西村康稔

    西村康稔から見た新党日本新党日本

    2000年の第42回衆議院議員総選挙に、引退する原の地盤を引き継ぎ無所属で兵庫9区から出馬したが、自由民主党公認の宮本一三に敗れ、落選した。2003年、第43回衆議院議員総選挙に再び無所属で兵庫9区から出馬し、前回敗れた宮本を下して初当選。無所属の新人議員5人で院内会派「グループ改革」を結成後、自民党に入党し、森派(当時)に入会。2005年の第44回衆議院議員総選挙では、新党日本公認の宮本、民主党公認の畠中光成を破り再選。2006年、自民党内閣部会産業・地域再生小部会長に就任。2008年8月、福田康夫改造内閣で外務大臣政務官に任命され、麻生内閣まで務める。2009年の第45回衆議院議員総選挙では自民党に逆風が吹く中、国民新党公認の宮本を兵庫9区で6万票超で破り、3選。兵庫県の12の小選挙区の当選者のうち、西村が唯一の自民党公認候補であり、総選挙後は自民党兵庫県連会長に就任。同年9月、自由民主党総裁選挙に町村派の一部議員から推される形で出馬(総裁選出馬に際し、町村派を退会した)したが、谷垣禎一に敗れた。西村康稔 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木淳司

    鈴木淳司から見た新党日本新党日本

    2005年の第44回衆議院議員総選挙では愛知7区から自民党公認で出馬し、民主党前職の小林憲司を破り再選した。この直前、郵政民営化に反対し、衆議院本会議における採決で造反した青山は新党日本の結党に参加し、比例東海ブロック単独で出馬したが、落選した(その後、国民新党に入党)。なお選挙後、対抗馬だった小林は覚醒剤所持の疑いで逮捕された。2008年、福田康夫改造内閣で総務大臣政務官に任命され、麻生内閣まで務めた。鈴木淳司 フレッシュアイペディアより)

123件中 61 - 70件表示