128件中 71 - 80件表示
  • 佐藤栄佐久

    佐藤栄佐久から見た新党日本新党日本

    自治体合併(市町村合併、県合併)にはかねてから批判的であり、「地方主権」を掲げる姿勢が強い。また分配主義を標榜しており、思想的には国民新党や新党日本に共通する部分が多い。佐藤栄佐久 フレッシュアイペディアより)

  • 郵政民営化

    郵政民営化から見た新党日本新党日本

    郵政民営化関連法案は、第162回通常国会で一部修正の上、2005年7月5日、衆議院本会議においてわずか5票差でかろうじて可決されたものの、2005年8月8日、参議院本会議においては否決された。衆参どちらの採決においても、自民党執行部の党議拘束にもかかわらず、多数の自民党国会議員が反対に回っていた(造反議員の一覧については郵政国会を参照のこと)。この結果を受けて小泉は民営化の賛否を国民に問うとして、衆議院を解散した(郵政解散)。反対派の一部は自民党を離脱し、新党(国民新党・新党日本)を結成。その一方で離党せず自民党に残った議員は公認を得られず無所属候補として第44回衆議院議員総選挙に出馬することになった。また、郵政民営化に反対した国会議員の選挙区すべてに自民党は対立候補(いわゆる「刺客候補」)を送り込んだ。これら刺客候補を送られ対立した議員の多くは、次期政権の安倍政権によって多くの議員が自民党へ復党している。郵政民営化 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年衆議院解散

    2012年衆議院解散から見た新党日本新党日本

    第95代内閣総理大臣の野田は、2012年1月24日招集の第180通常国会において「(消費税増税を含めた)『社会保障と税の一体改革』の実現」を内閣の重要政策課題に掲げ、2度の内閣改造(第1次野田改造内閣・第2次野田改造内閣)を断行し6月26日の衆議院本会議で民主・自民・公明の3党の賛成により可決したものの、消費税増税に反対する小沢グループの離反と新党「国民の生活が第一」(生活)への分裂を招く事態となっていた。生活は消費税増税に反対する他の野党(日本共産党、社会民主党、みんなの党、新党きづな、新党日本、新党大地・真民主)と共闘し、8月7日に衆議院に内閣不信任決議案を、参議院に内閣問責決議案を提出して、徹底抗戦の構えを見せた。2012年衆議院解散 フレッシュアイペディアより)

  • 新党大地

    新党大地から見た新党日本新党日本

    2005年(平成17年)9月11日に執行された第44回総選挙では比例北海道ブロックで43万3938票(得票率13.4%)を獲得、比例名簿1位の鈴木宗男代表に議席が配分された。新党大地は選挙の争点となった郵政民営化に反対の姿勢を示しており、かつ同じく郵政民営化に反対していた保守系新党の国民新党・新党日本はいずれも同ブロックに名簿を提出しなかったため、民営化に反対する保守票を一手に引き受ける形となった。新党大地 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県第2区

    奈良県第2区から見た新党日本新党日本

    2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙(郵政解散による選挙)では、郵政造反組であった滝実(新党日本)への刺客として出馬した自民党の高市早苗が当選。滝も比例復活している。なお、この選挙で落選した民主党の中村哲治は2007年参議院選挙に民主党から出馬し当選を果たしている。奈良県第2区 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県第9区

    兵庫県第9区から見た新党日本新党日本

    旧兵庫2区時代は原健三郎元衆議院議長をはじめ、自民党の鴻池祥肇や宮本一三、永田亮一、元日本社会党委員長の土井たか子、公明党の冬柴鐵三ら有力候補が乱立し、衆議院議長経験者の原も毎回苦戦を強いられ、最下位での当選も珍しくなかった。小選挙区制導入以降は自民・新進、あるいは自民・保守系無所属のように、保守系候補同士が当選・次点を争う分裂選挙が続いている。1996年の第41回衆議院議員総選挙では自民党の原健三郎、新進党の宮本一三(自民党を離党し新生党を経て新進党へ合流)の保守同士の対決を宮本が制した(原も比例復活)。2000年の第42回、2003年の第43回総選挙では、自民党現職宮本に(通産省退官し原の秘書経た)保守系無所属新人の西村康稔が挑み、42回は宮本が制したが、43回は西村が宮本に比例復活すら許さず、初当選。その後、宮本は2005年の第44回衆議院議員総選挙では新党日本、2009年の第45回衆議院議員総選挙では国民新党から出馬しているが、いずれも西村に敗れ、比例復活もならず落選した。2009年の総選挙では自民党に猛烈な逆風が吹き荒れたが、西村は宮本を6万票超の大差で下し、兵庫県の自民党候補で唯一、小選挙区の議席を死守している。兵庫県第9区 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県第8区

    兵庫県第8区から見た新党日本新党日本

    前身の兵庫2区時代から、公明党は一定の得票率を確保し常に1議席を確保していたが、小選挙区制となってからも1996年は新進党のブームに乗り、2000年、2003年、2005年は選挙協力で自由民主党が候補を擁立しなかったため冬柴が当選し続けた。うち2000年の総選挙では、兵庫県独自の枠組みによる「連合・五党協」の影響から民主党も候補を擁立できなかった。のちに民主党は1996年(自民党)、2000年(公明党との選挙協力を拒否し無所属立候補)共に次点だった室井を擁立(自由党に移籍後、民由合併で民主党入り)することになったが、選挙区では合わせて4度次点に終わり、議席を獲得できなかった(室井は2005年の落選後、参議院議員へ転出)。2009年の選挙では民主党と選挙協力をした新党日本代表の田中康夫が冬柴を破って当選。2012年の選挙では冬柴(2011年に死去)の後継となった中野が田中から議席を奪い返したため、比例復活も含めて自由民主党の候補が1人も選出されていない数少ない選挙区の1つとなっている。兵庫県第8区 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本

    2006年の日本から見た新党日本新党日本

    民主党大会。小沢一郎が正式に党代表に選出され、新執行部は、渡部恒三国対委員長以外は留任。国民新党の綿貫民輔代表、社民党の福島瑞穂代表、新党日本の田中康夫代表も来賓として参加。また、この党大会が終了後、小沢一郎が体調不良で都内の病院に入院、のち10月5日に退院。2006年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 世界基督教統一神霊協会

    世界基督教統一神霊協会から見た新党日本新党日本

    田中康夫 (前長野県知事。現新党日本代表・参議院国会議員。作家):ゲストとして出演したラジオ番組で何度か教団を名指しで批判した。世界基督教統一神霊協会 フレッシュアイペディアより)

  • bice

    biceから見た新党日本新党日本

    新党日本テーマソング(田中康夫代表が声で出演)(2005年)- 作曲・編曲・歌bice フレッシュアイペディアより)

128件中 71 - 80件表示

「新党日本」のニューストピックワード

  • ポーラ美術館コレクション〜モネからピカソ、シャガールへ