123件中 71 - 80件表示
  • たちあがれ日本

    たちあがれ日本から見た新党日本新党日本

    しかし、2005年(平成17年)以降において3回の国政選挙で略称「日本」を使用してきた新党日本の田中康夫代表が「混乱を招く」と不快感を表明し、内閣に対して質問主意書を提出した。たちあがれ日本 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国債

    日本国債から見た新党日本新党日本

    自由民主党衆議院議員の山本幸三や民主党衆議院議員の金子洋一などはこの日本国債の日銀による引受を提唱している。新党日本の田中康夫代表も日銀による国債直接引受のメリットを述べている。日本国債 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のダム

    日本のダムから見た新党日本新党日本

    田中康夫 - 前長野県知事。「脱ダム宣言」を発表。現新党日本代表・衆議院議員、前参議院議員。日本のダム フレッシュアイペディアより)

  • 新党大地

    新党大地から見た新党日本新党日本

    2005年(平成17年)9月11日に執行された第44回総選挙では比例北海道ブロックで43万3938票(得票率13.4%)を獲得、比例名簿1位の鈴木宗男代表に議席が配分された。新党大地は選挙の争点となった郵政民営化に反対の姿勢を示しており、かつ同じく郵政民営化に反対していた保守系新党の国民新党・新党日本はいずれも同ブロックに名簿を提出しなかったため、民営化に反対する保守票を一手に引き受ける形となった。新党大地 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の政治

    2009年の政治から見た新党日本新党日本

    8月18日 -民主党の青木愛、みんなの党の浅尾慶一郎、新党日本の田中康夫の参議院議員3名が第45回衆議院議員選挙へ出馬のため、自動失職。2009年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • bice

    biceから見た新党日本新党日本

    新党日本テーマソング(田中康夫代表が声で出演)(2005年)- 作曲・編曲・歌bice フレッシュアイペディアより)

  • 近いうち解散

    近いうち解散から見た新党日本新党日本

    第95代内閣総理大臣の野田は、2012年1月24日招集の第180回国会において「(消費税増税を含めた)『社会保障と税の一体改革』の実現」を内閣の重要政策課題に掲げ、2度の内閣改造(野田第1次改造内閣・野田第2次改造内閣)を断行し6月26日の衆議院本会議で民主・自民・公明の3党の賛成により可決したものの、消費税増税に反対する小沢グループの離反と新党「国民の生活が第一」への分裂を招く事態となっていた。国民の生活が第一は消費税増税に反対する他の野党(日本共産党、社会民主党、みんなの党、新党きづな、新党日本、新党大地・真民主)と共闘し、8月7日に衆議院に内閣不信任決議案を、参議院に首相問責決議案を提出して、徹底抗戦の構えを見せた。近いうち解散 フレッシュアイペディアより)

  • 有田光雄

    有田光雄から見た新党日本新党日本

    後に、息子の芳生が新党日本から国政選挙に立候補するが、光雄は日本共産党員で他党になるため応援していない。有田光雄 フレッシュアイペディアより)

  • 第46回衆議院議員総選挙

    第46回衆議院議員総選挙から見た新党日本新党日本

    また、2012年12月以前にも2005年8月から9月に第44回衆院選を睨んだ新党結党(国民新党、新党日本)、2008年8月から2009年8月に第45回衆院選を睨んだ新党結党(改革クラブ(後の新党改革)、みんなの党)、2010年参院選を睨んだ新党結党(たちあがれ日本(後の太陽の党)、新党改革(旧改革クラブ))が政党要件を満たす新党結党が起こっていた。第46回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 泡沫候補

    泡沫候補から見た新党日本新党日本

    政党要件は、公職選挙法と政治資金規正法で基準が違うため、両者が使い分けられることがある。新党日本は、第46回総選挙の時点で、国会議員1人で前々回(2007年、第21回参院選)のみ全国得票率が2%を超えていたため、公職選挙法上の政党要件は失っていたが、政治資金規正法上の政党要件は維持していた。2012年11月30日に日本記者クラブ主催で行われた党首討論会では、政党要件を満たした政党のみが招かれたが、新党日本の田中康夫代表は、公職選挙法上の政党要件を失ったことを理由に招かれなかった。同様に、新党改革は第47回総選挙の時点で、国会議員1人で前々回(2010年、第22回参院選)のみ全国得票率が2%を超えていたため、公職選挙法上の政党要件は失っていたが、政治資金規正法上の政党要件は維持していた。2014年12月1日に日本記者クラブ主催で行われた党首討論会では、前回の新党日本と同様の理由で、新党改革の荒井広幸代表は招かれなかった。泡沫候補 フレッシュアイペディアより)

123件中 71 - 80件表示