128件中 81 - 90件表示
  • ネット選挙

    ネット選挙から見た新党日本新党日本

    2007年の参議院選挙で東京無所属の神田敏晶は図画を表示せずポッドキャストのファイル名だけを表示し選挙期間内に更新したが、東京都選挙管理委員会は黙認し問題にならなかった。また2007年参議院選挙では一部の政党は選挙期間中も政党の公式ウェブサイトの更新を継続した。参院選候補者の動向は直接記述せず、党首の動向などを中心に更新を行った(新党日本以外の政党は党首が参院選候補者ではなかった)。ネット選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ブーメラン効果

    ブーメラン効果から見た新党日本新党日本

    なお、新党日本の田中康夫代表が記者会見で(仙谷由人官房長官が柳田稔法相に厳重注意したことに関し)「仙谷氏に厳重注意をする人は誰なのかというブーメランにならないことを願っている」と発言するなど、用法の一般的な認知度は上がっていることが窺われる。ブーメラン効果 フレッシュアイペディアより)

  • 鮫島宗明

    鮫島宗明から見た新党日本新党日本

    2005年の第44回衆議院議員総選挙では、小林興起が郵政民営化法案の採決で反対票を投じたため自民党の公認を得られず、新党日本を結党し同党公認で出馬。自民党は比例近畿ブロック選出の小池百合子環境大臣を東京10区で擁立し、小池が当選。鮫島は次点で落選した。鮫島宗明 フレッシュアイペディアより)

  • 山田正彦 (政治家)

    山田正彦 (政治家)から見た新党日本新党日本

    環太平洋戦略的経済連携協定の締結には、慎重な姿勢をとっている。民主党、社会民主党、国民新党、新党日本など超党派の国会議員約180名を集めた議員連盟「TPPを慎重に考える会」を結成し、その会長に就任した。さらに、2011年2月、東京大学名誉教授宇澤弘文を代表世話人に迎えて「TPPを考える国民会議」を発足させ、自身はその世話人に就任した。山田正彦 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 小池百合子

    小池百合子から見た新党日本新党日本

    郵政選挙という追い風と対立候補(小林)の自滅により圧勝。8月21日に小林が田中康夫とともに新党日本を立ち上げた、その瞬間に保守層の支持を獲得できると確信したと述べている。小池百合子 フレッシュアイペディアより)

  • 伊波洋一

    伊波洋一から見た新党日本新党日本

    2010年、任期満了に伴う沖縄県知事選挙に、自由民主党沖縄県連や公明党、みんなの党の支持を受ける現職の仲井眞弘多沖縄県知事の再選を阻止するため、県内の革新勢力に推される形で、宜野湾市長を辞職して立候補する。伊波は社会民主党、日本共産党、沖縄社会大衆党、国民新党、新党日本、政党そうぞうの6党の支持に加え、民主党沖縄県連の支援も受けた(党本部は仲井眞、伊波のいずれも推薦・支持せず、自主投票を決定)が、現職の仲井眞に約4万票差で敗北した。伊波洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県第7区

    愛知県第7区から見た新党日本新党日本

    青山丘は郵政民営化に反対し新党日本に移籍したが、選挙区には出ず、比例単独候補として出馬も落選。第45回も国民新党から比例単独立候補も落選。愛知県第7区 フレッシュアイペディアより)

  • オール与党

    オール与党から見た新党日本新党日本

    新党日本や自由連合など小政党は、地方自治体レベルの選挙では推薦・支持する候補を決定しない場合も多いが、野党候補が立候補していても自公推薦候補を支援することが多い。自由連合は、2006年に?田毅代表が自民入党の上自民の「友好団体」となることを表明し、名実共に与党化した(自由連合は2010年解散)。ただし、新社会党は、地方自治体の選挙では日本共産党が推薦・支持する候補を支援することが多い。オール与党 フレッシュアイペディアより)

  • 小林よしのりの関連人物

    小林よしのりの関連人物から見た新党日本新党日本

    田中康夫 (作家、前長野県知事、新党日本代表) ※小林よしのりの関連人物 フレッシュアイペディアより)

  • 下村博文

    下村博文から見た新党日本新党日本

    2009年の第45回衆議院議員選挙では、新党日本新人の有田芳生に約3500票差の僅差で小選挙区で当選。東京都選出で下村以外に小選挙区当選を果たしたのは石原伸晃、平沢勝栄、井上信治の3人のみ。下村博文 フレッシュアイペディアより)

128件中 81 - 90件表示

「新党日本」のニューストピックワード

  • ポーラ美術館コレクション〜モネからピカソ、シャガールへ