123件中 81 - 90件表示
  • 西松建設事件

    西松建設事件から見た新党日本新党日本

    民主党の機関誌「プレス民主」09年4月17日号で、ジャーナリスト高野孟と田中康夫新党日本代表がこの捜査や小沢一郎代表交代論を批判した。西松建設事件 フレッシュアイペディアより)

  • 山田正彦 (政治家)

    山田正彦 (政治家)から見た新党日本新党日本

    環太平洋戦略的経済連携協定の締結には、慎重な姿勢をとっている。民主党、社会民主党、国民新党、新党日本など超党派の国会議員約180名を集めた議員連盟「TPPを慎重に考える会」を結成し、その会長に就任した。さらに、2011年2月、東京大学名誉教授宇澤弘文を代表世話人に迎えて「TPPを考える国民会議」を発足させ、自身はその世話人に就任した。山田正彦 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 冬柴鐵三

    冬柴鐵三から見た新党日本新党日本

    8月30日 - 第45回衆議院議員総選挙兵庫8区から立候補したが、新党日本の代表田中康夫に敗れ、落選。冬柴鐵三 フレッシュアイペディアより)

  • 山下真

    山下真から見た新党日本新党日本

    2005年、奈良県生駒市で市民団体「さわやか生駒」の設立に携わり、代表世話人に就任する。2006年1月22日、生駒市長選挙に政党の推薦や支持を受けず、自身が設立に携わったさわやか生駒の支援を受けて無所属で立候補。対立候補は自由民主党・公明党・社会民主党・新党日本4党が推薦する、4選を目指す現職の中本幸一で、奈良2区選出の自民党の高市早苗衆議院議員や、奈良2区で高市に敗れ比例復活した新党日本の滝実衆議院議員らが支援した他、奈良県知事の柿本善也も応援に駆けつけた。民主党は多選禁止の原則や、当時の民主党代表、小沢一郎が打ち出した相乗り禁止の方針に基づき自主投票を決定していたが、奈良県が地盤の前田武志参議院議員は中本を支援(一方で生駒市出身で前衆議院議員の中村哲治は、公の支援を見送った)。日本共産党は前回の選挙では独自候補を擁立したが、今回は候補の擁立を見送った。一方の山下陣営は圧倒的に不利な状況であり、圧倒的な支援を受けた中本に対して山下のボランティアは20数名だけであったが、中本の約1万4000票に対して山下は約2万8000票の大差をつけ、初当選した。投票率は45.64%。山下真 フレッシュアイペディアより)

  • 政権交代

    政権交代から見た新党日本新党日本

    2009年(平成21年) - 麻生内閣(自由民主党・公明党連立)⇒鳩山由紀夫内閣(民主党・社会民主党・国民新党連立、新党日本・新党大地は閣外協力)政権交代 フレッシュアイペディアより)

  • 第168回国会

    第168回国会から見た新党日本新党日本

    民主党・新緑風会・日本 - 120第168回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺浩一郎

    渡辺浩一郎から見た新党日本新党日本

    2009年8月、新党日本との選挙協力に伴い第45回衆議院議員総選挙では比例東京ブロック単独候補として出馬し、13年ぶりに国政復帰を果たした。渡辺浩一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 平山誠

    平山誠から見た新党日本新党日本

    2005年、長野県知事・田中康夫を中心メンバーとする政策集団チーム・ニッポンの設立に際して編集長に就任。その後、郵政民営化に反対して自民党を離党した造反組のうち滝実・荒井広幸らが田中を党首に担ぎ、新党日本を結党。田中が新党日本代表となったことに伴い、平山は総務局長に就任。第44回衆議院議員総選挙に比例北関東ブロックから新党日本の公認候補として立候補するが落選。2006年1月、新党日本が設立した政策立案団体「チーム・ニッポン」(特定非営利活動法人「ニッポンネットワーク」)の「編集長」(代表)となる。平山誠 フレッシュアイペディアより)

  • 高市早苗

    高市早苗から見た新党日本新党日本

    2009年の第45回衆議院議員総選挙では、新党日本を離党し衆議院解散後に民主党に入党していた滝実に奈良2区で敗れるが、比例近畿ブロックで復活して、5選。高市早苗 フレッシュアイペディアより)

  • 除名

    除名から見た新党日本新党日本

    有田芳生(1990年):除籍措置。その後新党日本を経て現在は民主党所属除名 フレッシュアイペディアより)

123件中 81 - 90件表示