110件中 31 - 40件表示
  • 新党日本

    新党日本から見た新党大地・真民主

    なお、田中の総選挙出馬で失職したことで参議院で繰り上げ当選した平山誠は、総務省へ提出する承諾書及び宣誓書への署名を拒んでおり、新党日本では所属議員を田中1名として総務省に届け出ている。その後、平山誠は新党大地・真民主の設立に加わり、その後更にみどりの風へ移籍。新党日本 フレッシュアイペディアより)

  • 新党日本

    新党日本から見た東日本大震災

    2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)発生時には統一会派を組む国民新党と共同で「東北地方太平洋沖地震対策本部」を設置して震災対策にあたり。政府に対して災害対策の提言活動を行っている。また物資面の被災地支援も国民新党と協力して行っているほか党独自に募金活動を行った。震災後間もなく行われた第17回統一地方選挙は党の公認候補者を擁立しなかったが、一部候補者の推薦活動を行った。新党日本 フレッシュアイペディアより)

  • 新党日本

    新党日本から見た消費税

    野田佳彦内閣の消費税引き上げ法案への対応をめぐる国民新党の内部対立で、同党代表を解任された亀井静香が2012年4月6日に離党。新党日本は亀井を「日本再興に向けての理念を共有する」として連携していたため、同日をもって国民新党との統一会派を解消した。そのため、正式な野党勢力となった。新党日本 フレッシュアイペディアより)

  • 新党日本

    新党日本から見た東北地方太平洋沖地震

    2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)発生時には統一会派を組む国民新党と共同で「東北地方太平洋沖地震対策本部」を設置して震災対策にあたり。政府に対して災害対策の提言活動を行っている。また物資面の被災地支援も国民新党と協力して行っているほか党独自に募金活動を行った。震災後間もなく行われた第17回統一地方選挙は党の公認候補者を擁立しなかったが、一部候補者の推薦活動を行った。新党日本 フレッシュアイペディアより)

  • 新党日本

    新党日本から見た生駒市

    生駒市長選や福島県知事選などでは自民・公明両党と同一候補を共同推薦しており、全体として他党より自公両党との協調路線が目立つ傾向にあった。しかし、2008年の狛江市長選挙や、2009年の千葉県知事選挙をはじめ、民主党系候補を推薦する機会が増えている。滝・荒井の離党後は田中の個人政党の色彩が強くなっており、地方組織が政党組織としては極めて小さく、地方議員もいないため、地方選挙への対応も党代表の田中がそれぞれ態度を表明する程度に留まり、組織的運動はほとんど行っていない。しかし2010年の沖縄県知事選挙においては民主党が候補擁立も推薦も行わない中、革新系の伊波洋一候補を推薦した(落選)。また、2011年に行われた世田谷区長選挙では、民主党候補とは別の保坂展人を国民新党・社民党とともに推薦した(当選)。新党日本 フレッシュアイペディアより)

  • 新党日本

    新党日本から見た統一地方選挙

    新党日本は2006年8月の長野県知事選挙以外、地方選挙に事実上参加していない。2006年に行われた香川県知事選・福島県知事選・沖縄県知事選では党推薦・支持を出したものの、党としての実質的な活動はなかった。2007年4月の統一地方選挙においては、田中が東京都知事選挙や北海道夕張市長選挙への立候補を示唆していたものの結局見送った。また総務会長・滝実の元秘書である山田昌彦が奈良県議会議員選挙に生駒郡選挙区から無所属で立候補し、滝が個人的に応援を行ったが落選。しかし党としての活動はなく、公認候補の擁立や他党候補及び無所属候補の推薦・支持は行わなかった。新党日本 フレッシュアイペディアより)

  • 新党日本

    新党日本から見た都道府県知事

    郵政三事業民営化関連法案(郵政民営化)に反対した自由民主党所属議員に対し、法案が参議院で否決されると、第2次小泉内閣はこれを理由に衆議院を解散し、反対した衆議院議員は第44回衆議院議員総選挙で党公認しないと発表。対立候補(いわゆる「刺客」)を急ピッチで擁立した。自由民主党の公認を受けられず離党した議員・元議員と長野県知事(当時)・田中康夫により、新党日本が結成された。設立時の国会議員は滝実、青山丘、小林興起、荒井広幸の4人だった。1994年の政党助成法が成立されて政党交付金に関する政党要件が規定されて以降、政党要件を満たす政党としては都道府県知事が党首に就任するのは初めてである。新党日本 フレッシュアイペディアより)

  • 新党日本

    新党日本から見たみどりの風

    なお、田中の総選挙出馬で失職したことで参議院で繰り上げ当選した平山誠は、総務省へ提出する承諾書及び宣誓書への署名を拒んでおり、新党日本では所属議員を田中1名として総務省に届け出ている。その後、平山誠は新党大地・真民主の設立に加わり、その後更にみどりの風へ移籍。新党日本 フレッシュアイペディアより)

  • 新党日本

    新党日本から見た政党交付金

    滝と荒井が離党し、新党日本に現職国会議員がいなくなったことにより政党交付金の受給資格を喪失する逆風の中、政治団体なら参議院比例区に候補者を立てるには選挙区と合わせて計10名以上を擁立しなければならない所を新党日本は2005年総選挙の得票率ベースで政党要件を満たしているため、候補者が10名未満でも比例名簿の提出が可能であった(実際に擁立したのは比例区3名)。開票の結果、国民新党を上回る得票数を得て田中が初当選した。これに伴い、国会議員が1名となり再び政党交付金が受け取れるようになった。また比例区での政治資金規正法上の政党要件である有効投票総数の2%以上を満たす3.01%の得票率を獲得した。新党日本 フレッシュアイペディアより)

  • 新党日本

    新党日本から見た党員

    特定の支持組織や関連団体等はなく、2012年現在は支持層は党代表の田中個人に対する支持者が中心となっている。党員を一般募集してはいないが、党友的立場である「サポーター」及び関連団体「チーム・ニッポン」の会員は募集している。同時期に結党された国民新党とは亀井静香や下地幹郎など田中と親交の深い議員も多く、一時統一会派を組んでいた時期もあった。当時毎週水曜日に開かれていた国民新党議員総会には代表である田中も出席し、総会終了後の記者会見は同党代表の亀井と共同で行っていた。しかし亀井が同党を離党した2012年4月現在は統一会派を解消している。なお党のヘッド オフィスは東京都千代田区平河町に置き、田中代表の選挙区である兵庫県尼崎市には「新党日本 尼崎支部」を置いている。新党日本 フレッシュアイペディアより)

110件中 31 - 40件表示

「新党日本」のニューストピックワード

  • ポーラ美術館コレクション〜モネからピカソ、シャガールへ