新嘗祭 ニュース&Wiki etc.

新嘗祭(にいなめさい、にいなめのまつり、しんじょうさい)は宮中祭祀のひとつ。大祭。また、祝祭日の一つ。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「新嘗祭」のつながり調べ

  • 大祓

    大祓から見た新嘗祭

    大祓(おおはらえ、おおはらい)は、日本の神道儀式の祓の1つ。祓は浄化の儀式として宮中や神社で日常的に行われるが、特に天下万民の罪穢を祓うという意味で大祓という。1年のうち、毎年6月と12月の晦日(新暦では6月30日と12月31日)に行われるものを恒例とするが、天皇即位の最初の新嘗祭である大嘗祭の前後や、未曾有の疫病の流行、斎宮斎院の卜定、災害の襲来などでも臨時に執り行うことがあった。中臣(なかとみ)の祓とも言われる。(大祓 フレッシュアイペディアより)

  • 有鹿神社

    有鹿神社から見た新嘗祭

    明治維新にあたり、神仏分離令が発せられ、有鹿神社は別当寺の総持院と袂を分かつこととなった。明治6年(1873年)有鹿神社は一時、県社に列せられたが、最終的に郷社となる。明治43年(1910年)神饌幣帛料供進社になり、祈年祭・例祭・新嘗祭にあたり、供進吏の参向を受けた。(有鹿神社 フレッシュアイペディアより)

「新嘗祭」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「新嘗祭」のニューストピックワード