前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示
  • 福原京

    福原京から見た新嘗祭新嘗祭

    当初平安京と同様の条坊制による都市を建設しようとしたが、和田は平地が少なく手狭だったため、すぐにこの計画は行き詰まってしまった。そこで同じ摂津国の昆陽野(兵庫県伊丹市)、更には播磨国印南野(兵庫県加古川市)に新しい京を造営する話が持ち上がったが、どちらの話も立ち消えとなり、7月には福原をしばらく皇居とし、道路を開通させて親平氏派の一部の人々に限り宅地が与えられることになった。しかし当時幼い安徳天皇に代わり院政を行なっていた高倉上皇は平安京(京都)を放棄せず、福原には離宮を建て、内裏や八省は必要ないとした。これに対して清盛は、内裏は移建せず、11月の新嘗祭までに私的に皇居を造営し、2年後には八省などの役所もつくるという方針で構えた。福原京 フレッシュアイペディアより)

  • 大嘗祭

    大嘗祭から見た新嘗祭新嘗祭

    大嘗祭(おおにえのまつり)は、天皇が即位の礼の後、初めて行う新嘗祭。一代一度限りの大祭であり、実質的に践祚の儀式。践祚大嘗祭ともいい、「おおなめのまつり」「だいじょうさい」「おおむべのまつり」とも呼ぶ。大嘗祭 フレッシュアイペディアより)

  • 宮中祭祀

    宮中祭祀から見た新嘗祭新嘗祭

    江戸時代中・後期には水戸学に基づいた尊王論の高まりがあり、新嘗祭など祭祀の再興が盛んになった。宮中祭祀 フレッシュアイペディアより)

  • 皇居

    皇居から見た新嘗祭新嘗祭

    宮中三殿に付随して新嘗祭の行われる神嘉殿、鎮魂祭が行われる綾綺殿等がある。皇居 フレッシュアイペディアより)

  • 倭姫宮

    倭姫宮から見た新嘗祭新嘗祭

    皇大神宮に準じた祭事が行なわれ、祈年祭、月次祭、神嘗祭、新嘗祭の諸祭には皇室からの幣帛(へいはく)がある。倭姫宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石上神宮

    石上神宮から見た新嘗祭新嘗祭

    神階は850年(嘉祥3年)に正三位、859年(貞観元年)に従一位、868年(貞観9年)に正一位。『延喜式神名帳』には「大和国山辺郡 石上坐布都御魂神社」と記載され、名神大社に列し、月次・相嘗・新嘗の幣帛に預ると記されている。石上神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 後桜町天皇

    後桜町天皇から見た新嘗祭新嘗祭

    即位および大嘗祭は男帝同様に挙行された。女帝の礼服(即位用の正装)と束帯(通常の正装・男帝の黄櫨染に相当)は明正天皇の例に従って白竜文(竜文は無文の綾地綾)を使用した。礼服はほぼ男子の礼服に準じた形式で(纐纈裳が加わる)、束帯は裳唐衣五衣のいわゆる十二単であった。明正天皇の時にはまだ復興していなかった大嘗祭・新嘗祭の装束としては、御斎服・帛御服があるが、前者は男子同様の仕立てで髪型が大垂髪であることだけが異なり、後者は白平絹の裳唐衣五衣である。普段は大腰袴姿であった。後桜町天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 西久保神社

    西久保神社から見た新嘗祭新嘗祭

    日露戦争に乗じて樺太に進駐した日本がダリネエーを占領した翌年の明治39年(1906年)5月3日には、同地に初の移住者が現れた。その後移住者は増え、同年10月には37戸を数えるまでになる。始めこの地は西久保村といい、町村制施行に伴って豊原村に編入され字軍川に改称され部落が拡大すると神社創建の運びとなり、樺太回帰の恩人である西久保豊一郎陸軍歩兵少佐を主祭神とした神社が計画される。明治40年(1907年)7月12日に斎場を設けて祀り、大正4年(1915年)5月15日に神社を起工し、同30日に竣工する。卜によって大正4年7月12日に鎮座祭が行われた。また、同時に西久保少佐の外共に激戦を戦った今村善男少尉以下18名の将兵も合祀された。神社には西久保少佐の兄で当時の北海道庁長官であった西久保弘道によって少佐の軍刀が寄贈され、社殿に安置された。大正11年(1922年)3月11日に公認となった神社は、7月2日を例大祭、4月30日を祈年祭、12月1日を新嘗祭日と定めた。西久保神社 フレッシュアイペディアより)

  • 大甞飴

    大甞飴から見た新嘗祭新嘗祭

    命名由来は、大正天皇即位の礼後に行う新嘗祭「大嘗祭」に因む。大甞飴 フレッシュアイペディアより)

  • 新甞祭

    新甞祭から見た新嘗祭新嘗祭

    新甞祭 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示

「新嘗祭」のニューストピックワード