前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
214件中 1 - 10件表示
  • 祭祀 (神道)

    祭祀 (神道)から見た新嘗祭新嘗祭

    神道の祭祀(さいし)・お祭りは、伊勢神宮と属する諸々の神社で行われ、天下泰平、五穀豊穣、皇室の安泰、万民の平安が祈られる。年に一度の大祭である例祭、新年元旦の歳旦祭、春の祈年祭、秋には豊穣に感謝する新嘗祭(にいなめさい)、節供(せっく)には七夕、重陽(ちょうよう)のお祭りなど、さらに細かなものを含めれば年間を通して数多く行われている。大きなものを中心に少々解説するが、それは神に対し神饌(みけ、食事)や幣帛(へいはく、布あるいは衣)を供え奉り、そして神人共食が行われる。祭祀 (神道) フレッシュアイペディアより)

  • 二十二社

    二十二社から見た新嘗祭新嘗祭

    同書では、律令体制弛緩の証左として、『本朝文粋』の延喜14年(914年)4月28日上奏の三善清行の意見封事にある、神祇官の幣帛受納に参集した諸社の祝部が、幣帛の絹や神酒、神馬を着服し、一人も幣帛を本社に捧げて祈請する者がいなかったとする記述。『日本紀略』の天暦2年(948年)11月22日の条にある、新嘗祭において諸卿の不参が多く神事が遅滞した記述。さらに、このような神事闕怠に対する禁令がしばしば出されていることなどを挙げている。二十二社 フレッシュアイペディアより)

  • 園韓神社

    園韓神社から見た新嘗祭新嘗祭

    延長5年(927年)成立の『延喜式』神名帳では、「宮内省坐神三座 並名神大 月次新嘗」のうちにそれぞれ「園神社」「韓神社二座」として、名神大社に列するとともに月次祭・新嘗祭では幣帛に預る旨が記されている。宮中で名神大社に列したのはこの2社のみである。また、『延喜式』では園韓神社の維持・管理について、讃岐国の封戸を社料とすること、神殿を守る者として封丁一人を充てることが規定されている。園韓神社 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島神宮

    鹿島神宮から見た新嘗祭新嘗祭

    延長5年(927年)成立の『延喜式』神名帳では常陸国鹿島郡に「鹿島神宮 名神大 月次新嘗」と記載されて式内社(名神大社)に列したほか、月次祭・新嘗祭では幣帛に預かっていた。なお、神名帳で当時「神宮」の称号で記されたのは、大神宮(伊勢神宮)・香取神宮と鹿島神宮の三社のみであった。また、常陸国内では一宮に位置づけられるようになっていった。鹿島神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 後桜町天皇

    後桜町天皇から見た新嘗祭新嘗祭

    即位および大嘗祭は男帝同様に挙行された。女帝の礼服(即位用の正装)と束帯(通常の正装・男帝の黄櫨染に相当)は明正天皇の例に従って白の無地を用いた。(明正天皇の礼服は白生絹であったが、後桜町天皇の礼服は男帝の礼服の生地である龍文(無文の綾地綾)であった)を使用した。礼服はほぼ男子の礼服に準じた形式で(纐纈裳が加わる)、束帯は裳唐衣五衣のいわゆる十二単であった。明正天皇の時にはまだ復興していなかった大嘗祭・新嘗祭の装束としては、御斎服・帛御服があるが、前者は男子同様の仕立てで髪型が大垂髪であることだけが異なり、後者は白平絹の裳唐衣五衣である。普段は大腰袴姿であった。後桜町天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 石上神宮

    石上神宮から見た新嘗祭新嘗祭

    神階は850年(嘉祥3年)に正三位、859年(貞観元年)に従一位、868年(貞観9年)に正一位。『延喜式神名帳』には「大和国山辺郡 石上坐布留御魂神社」と記載され、名神大社に列し、月次・相嘗・新嘗の幣帛に預り、臨時祭も執り行われると記されている。『延喜式』の「臨時祭」の項では殿舎と神門の鑰を宮中で保管し容易には開かないと記されている。石上神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 稲作

    稲作から見た新嘗祭新嘗祭

    大和朝廷は日本を「豊葦原の瑞穂の国(神意によって稲が豊かに実り、栄える国)」と称し、国家運営の基礎に稲作を置いた。朝廷は水田を条里制によって区画化し、国民に一定面積の水田を口分田として割りあて、収穫を納税させる班田収授制を652年に実施した。 以後、租税を米の現物で納める方法は明治時代の地租改正にいたるまで日本の租税の基軸となった。稲作儀礼も朝廷による「新嘗祭」「大嘗祭」などが平安時代には整えられ、民間でも田楽などが行われるようになった。大分県の田染荘は平安時代の水田機構を現在も残す集落である。稲作 フレッシュアイペディアより)

  • 香取神宮

    香取神宮から見た新嘗祭新嘗祭

    延長5年(927年)成立の『延喜式』神名帳には下総国香取郡に「香取神宮 名神大 月次新嘗」と記載されており、式内社(名神大社)に列し、月次祭・新嘗祭では幣帛に預かっていた。なお、同帳で当時「神宮」の称号で記されたのは、伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮の3社のみであった。また下総国では一宮に位置づけられ、下総国内からも崇敬されたという。香取神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 倭姫宮

    倭姫宮から見た新嘗祭新嘗祭

    皇大神宮に準じた祭事が行なわれ、祈年祭、月次祭、神嘗祭、新嘗祭の諸祭には皇室からの幣帛(へいはく)がある。倭姫宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宮中祭祀

    宮中祭祀から見た新嘗祭新嘗祭

    江戸時代中・後期には水戸学に基づいた尊王論の高まりがあり、新嘗祭など祭祀の再興が盛んになった。宮中祭祀 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
214件中 1 - 10件表示

「新嘗祭」のニューストピックワード

  • テレビ朝日開局60周年記念 超豪華!! 最初で最後の大同窓会!8時だJ

  • 8時だJ

  • 超豪華!!最初で最後の大同窓会!8時だJ