214件中 91 - 100件表示
  • 忌火

    忌火から見た新嘗祭新嘗祭

    出雲大社では毎年11月23日の古伝新嘗祭の際、全ての食事が熊野大社から授かった神聖な火で調理される。忌火 フレッシュアイペディアより)

  • 鎮魂

    鎮魂から見た新嘗祭新嘗祭

    鎮魂祭とは、宮中で新嘗祭の前日に天皇の鎮魂を行う儀式である。鎮魂 フレッシュアイペディアより)

  • 鎮魂祭

    鎮魂祭から見た新嘗祭新嘗祭

    鎮魂祭(ちんこんさい、みたましずめのまつり)とは、宮中で新嘗祭の前日に天皇の鎮魂を行う儀式である。宮中三殿に近い綾綺殿にて行われる。一般的ではないものの、宮中と同日に行われている石上神宮や、彌彦神社や物部神社など、各地の神社でも行われる例もある(うち彌彦神社は年二回)。天皇に対して行う場合には「みたましずめ」「みたまふり」と言う。鎮魂祭はかつては旧暦11月の2度目の寅の日に行われていた(太陽暦導入後は11月22日)。この日は太陽の活力が最も弱くなる冬至の時期であり、太陽神アマテラスの子孫であるとされる天皇の魂の活力を高めるために行われた儀式と考えられる。また、新嘗祭(または大嘗祭)という重大な祭事に臨む天皇の霊を強化する祭でもある。第二次世界大戦以後は皇后や皇太子夫妻に対しても行われている。鎮魂祭 フレッシュアイペディアより)

  • 千早

    千早から見た新嘗祭新嘗祭

    後に大嘗祭や新嘗祭において神饌などを供する釆女・女官の衣装となり、更に二幅構成となり、前は胸元で垂らして後側に長く伸ばし、脇を縫わずに前において紐で合わせるようにして着衣する袖のない短服へと変化した。千早 フレッシュアイペディアより)

  • 神宮祭祀令

    神宮祭祀令から見た新嘗祭新嘗祭

    全7箇条からなる。神宮の祭祀を大祭、中祭および小祭に分ける。大祭は祈年祭、神御衣祭、月次祭、神嘗祭、新嘗祭、遷宮祭および臨時奉幣祭、中祭は日別朝夕大御神饌祭、歳旦祭、元始祭、紀元節祭、風日祈祭、天長節祭および明治節祭、小祭はこの他の祭祀である。ほかに祭式、斎戒、遷宮に属する諸祭設定に関する規定がある。神宮祭祀令 フレッシュアイペディアより)

  • 居神神社

    居神神社から見た新嘗祭新嘗祭

    11月23日 新嘗祭(にいなめさい)居神神社 フレッシュアイペディアより)

  • 武水別神社

    武水別神社から見た新嘗祭新嘗祭

    12月10日から14日に行う新嘗祭は、「大頭祭(だいとうさい)」と通称される。祭は5人の頭人(とうにん)を中心に進行し、その三番頭を「大頭」と呼ぶことが祭の名前の由来である。歴代の頭人の氏名を記した「御頭帳」では、最古は文禄元年(1592年)にまで遡っており、400年以上続く祭とされ、国の選択無形民俗文化財に選択されている。武水別神社 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島高等農林学校

    鹿児島高等農林学校から見た新嘗祭新嘗祭

    11月23日 - 開校式と新嘗祭を挙行。鹿児島高等農林学校 フレッシュアイペディアより)

  • 佐那神社

    佐那神社から見た新嘗祭新嘗祭

    祭儀は毎月1日と15日に行われる月次祭のほか、歳旦祭(1月1日)、どんど祭(1月15日)、祈年祭(3月8日)、夏越大祓(6月30日)、例祭(10月8日)、和玉神社慰霊祭(11月8日)、新嘗祭(12月8日)、大祓(12月30日)が行われる。例祭は11月5日だったが、1943年(昭和18年)10月8日に県社へ昇格したことを記念して10月8日に変更された。かつては村の広場にて「天鈿女踊り」(あめのうずめおどり)と呼ばれる手踊りが行われていた。佐那神社 フレッシュアイペディアより)

  • 遠山郷

    遠山郷から見た新嘗祭新嘗祭

    下栗には水田はなく、主な産物は「下栗いも(二度イモ)」と呼ばれる特産のジャガイモと、蕎麦、キビ、アワ、ヒエなどの雑穀類である。集落の歴史は古く、住民の暮らしぶりは質素で、「新嘗祭」のためアワの穂を天皇家に献上する農家もある。遠山郷 フレッシュアイペディアより)

214件中 91 - 100件表示

「新嘗祭」のニューストピックワード