116件中 91 - 100件表示
  • ヒエ

    ヒエから見た新嘗祭新嘗祭

    日本では古くから重要な主食穀物であったため、米、アワと並んで祭事において重要な役割を果たしてきた。宮中の新嘗祭に際しても用いられ、このために宮中に献上するヒエを青森県などで栽培する制度がある。天皇が神に捧げ、自らもこれを食べる穀物にヒエが含まれることは、ヒエが決して単なる米の代用食ではない意義を持っていたことを雄弁に物語る。アイヌにおいては最も神聖な穀物とされた。アイヌ神話には、文化神・オキクルミが自身の脛を断ち割り、その傷の中に天上界のヒエを隠して盗み出し、地上の人間に伝えたとの一節がある。ヒエ フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜市

    岐阜市から見た新嘗祭新嘗祭

    岐阜市中心部にある神社。金大神の鎮座は成務天皇の時代(西暦135年)と伝える。境内には古墳「賀夫良城」があり物部氏である物部臣賀夫良命がこの地に赴任し国府に定め、金大神を崇拝されたと伝えられている。現在、主祭神は、渟熨斗姫命。商売繁盛のご利益があるとして市民から信仰を集めている。近年、神社境内の整備も進み、正月・祭礼日には多くの人が訪れ、11月23日の新嘗祭には「こがねさんの秋まつり」を行い、市民に親しまれている。岐阜市 フレッシュアイペディアより)

  • 勤労感謝の日

    勤労感謝の日から見た新嘗祭新嘗祭

    農業国家である日本は、古くから神々に五穀の収穫を祝う風習があった。また、その年の収穫物は国家としてもそれからの一年を養う大切な蓄えとなることから、収穫物に感謝する大事な行事として飛鳥時代の皇極天皇の時代に始まった新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)の日が第二次世界大戦後のGHQの占領政策によって天皇行事・国事行為から切り離される形で改められたものが「勤労感謝の日」である。勤労感謝の日 フレッシュアイペディアより)

  • 卯

    から見た新嘗祭新嘗祭

    新嘗祭 - グレゴリオ暦採用以前は、旧暦11月の2回目の卯の日に行われていた。 フレッシュアイペディアより)

  • 二十二社

    二十二社から見た新嘗祭新嘗祭

    『日本紀略』 天暦2年(948年)11月22日の条 新嘗祭において諸卿不参。二十二社 フレッシュアイペディアより)

  • ヒカゲノカズラ

    ヒカゲノカズラから見た新嘗祭新嘗祭

    この植物や似たものを祭事に用いる例がある。一説によれば、天岩戸の前でアメノウズメが踊った際に、この植物を素肌にまとったとも云われる。古事記には「日影を襷にかけ」とあり、この日影がヒカゲノカズラであるというのである。万葉集にもヒカゲカズラの名が見える。現在でも京都伏見稲荷大社の大山祭では参拝者にお神酒とヒカゲノカズラが授与される。また、奈良の率川神社ではヒカゲカズラを頭に飾った舞姫が踊る「五節の舞」がある。また、大嘗祭や新嘗祭にもかつてはこれが用いられたと言う。ヒカゲノカズラ フレッシュアイペディアより)

  • 賀茂別雷神社

    賀茂別雷神社から見た新嘗祭新嘗祭

    延暦13年(794年)の平安遷都の後は王城鎮護の神社としてより一層の崇敬を受け、大同2年(807年)には最高位である正一位の神階を受け、賀茂祭は勅祭とされた。『延喜式神名帳』では「山城国愛宕郡 賀茂別雷神社」として名神大社に列し、名神祭・月次祭・相嘗祭・新嘗祭の各祭の幣帛に預ると記載されている。弘仁元年(810年)以降約400年にわたって、伊勢神宮の斎宮にならった斎院が置かれ、皇女が斎王として奉仕した。賀茂別雷神社 フレッシュアイペディアより)

  • 天武天皇

    天武天皇から見た新嘗祭新嘗祭

    天武天皇は民間習俗を積極的にとりこみ、それを国家的祭祀とした。五節の舞がその確実な例であり、新嘗祭を国家的祭祀に高め、特に大嘗祭を設けたのも、天武天皇であろうと言われる。現代の歴史学者の多くが、後述する神道の祭祀も含め、後代に伝統として伝えられた主要な宮廷儀式の多くが、天武天皇によって創始されたか大成されたと推測している。天武天皇 フレッシュアイペディアより)

  • ニュウナイスズメ

    ニュウナイスズメから見た新嘗祭新嘗祭

    新嘗雀(にいなめすずめ)がなまったものであるとする柳田國男の説。ニュウナイスズメ フレッシュアイペディアより)

  • 葛城市

    葛城市から見た新嘗祭新嘗祭

    長尾神社の歳旦祭(1月1日)−午前0時より祭礼、おんだ祭(3月4日)−田植え行事と餅蒔き、夏祭(7月中旬)、宵宮(10月4日)−新生児祈祷、新嘗祭(11月23日)−新米初祈祷葛城市 フレッシュアイペディアより)

116件中 91 - 100件表示

「新嘗祭」のニューストピックワード