214件中 11 - 20件表示
  • 福原京

    福原京から見た新嘗祭新嘗祭

    当初平安京と同様の条坊制による都市を建設しようとしたが、和田は平地が少なく手狭だったため、すぐにこの計画は行き詰まってしまった。そこで同じ摂津国の昆陽野(兵庫県伊丹市)、更には播磨国印南野(兵庫県加古川市)に新しい京を造営する話が持ち上がったが、どちらの話も立ち消えとなり、7月には福原をしばらく皇居とし、道路を開通させて親平氏派の一部の人々に限り宅地が与えられることになった。しかし当時幼い安徳天皇に代わり院政を行なっていた高倉上皇は平安京(京都)を放棄せず、福原には離宮を建て、内裏や八省は必要ないとした。これに対して清盛は、内裏は移建せず、11月の新嘗祭までに私的に皇居を造営し、2年後には八省などの役所もつくるという方針で構えた。福原京 フレッシュアイペディアより)

  • 大嘗祭

    大嘗祭から見た新嘗祭新嘗祭

    大嘗祭(だいじょうさい)は、天皇が即位の礼の後、初めて行う新嘗祭。大嘗祭は古くは「おほにへまつり」、「おほなめまつり」とも訓じたが、現在は「だいじょうさい」と音読みすることが多い。新嘗祭(にいなめさい)は毎年11月に、天皇が行う収穫祭で、その年の新穀を天皇が神に捧げ、天皇自らも食す祭儀であるが当初は「大嘗祭」とはこの新嘗祭の別名であった。後に、即位後初めての新嘗祭を一世一度行われる祭として、大規模に執り行うこととなり、律令ではこれを「践祚大嘗祭」とよび、通常の大嘗祭(=新嘗祭)と区別したものである。大嘗祭 フレッシュアイペディアより)

  • 八神殿

    八神殿から見た新嘗祭新嘗祭

    8神に関する最も重要な祭祀は、新嘗祭前日に行われた鎮魂祭である。鎮魂祭は天皇の霊魂の活力を高めるための祭りで、八神殿の8神に大直日神を加えた9神により、浮遊する霊魂を身体の内に止めて心身の統一が企図された。八神殿 フレッシュアイペディアより)

  • 皇居

    皇居から見た新嘗祭新嘗祭

    宮中三殿に付随して新嘗祭の行われる神嘉殿、鎮魂祭が行われる綾綺殿等がある。皇居 フレッシュアイペディアより)

  • 新甞祭

    新甞祭から見た新嘗祭新嘗祭

    新甞祭 フレッシュアイペディアより)

  • 節会

    節会から見た新嘗祭新嘗祭

    豊明節会(十一月新嘗祭翌日の辰の日)節会 フレッシュアイペディアより)

  • 官祭

    官祭から見た新嘗祭新嘗祭

    元は神祇官の神名帳に記載され、祈年祭の班幣に預かる資格を有した官社が行う祈年祭のことを指した。また、官社のうち「大社」に分類された神社については、新嘗祭・相嘗祭・名神祭に対しても班幣が捧げられ、それらも官祭と位置づけられていた。班幣を捧げるのは神祇官あるいはその旨を受けた諸国の国司の役目であったが、平安時代中期以後に衰退し、二十二社などの例外を除いては行われなくなった。官祭 フレッシュアイペディアより)

  • 小忌衣

    小忌衣から見た新嘗祭新嘗祭

    新嘗祭や豊明節会等の宮廷での諸神事の宮人、大嘗祭の五節舞姫、神楽の舞人、大喪の八瀬童子、神職、巫女等が使用した。小忌衣 フレッシュアイペディアより)

  • 豊明節会

    豊明節会から見た新嘗祭新嘗祭

    豊明節会(とよあかりのせちえ)とは大嘗祭(卯・辰・巳・午の日の4日間:但し、辰の日に悠紀(ゆき)の節会、巳の日に主基(すき)の節会が行われた。)、新嘗祭(卯・辰の日の2日間)の最終日に行われた宮中儀式。天皇臨席の、いわば宴席で、白酒(しろき)・黒酒(くろき)が振る舞われた。直会(なおらい)的要素が強い。平安時代では主に豊楽院、後に紫宸殿にて行われた。豊明節会 フレッシュアイペディアより)

  • 博多おくんち

    博多おくんちから見た新嘗祭新嘗祭

    櫛田神社で毎年11月23日に行われていた新嘗祭を、日程と名称を変更して昭和28年(1953年)より新たに始めた祭礼である。同年10月10日に発会した「博多おくんち振興会」によって挙行。新嘗祭よりも日程を1カ月繰り上げて行われることとなった。博多おくんち フレッシュアイペディアより)

214件中 11 - 20件表示

「新嘗祭」のニューストピックワード

  • テレビ朝日開局60周年記念 超豪華!! 最初で最後の大同窓会!8時だJ

  • 8時だJ

  • 超豪華!!最初で最後の大同窓会!8時だJ