116件中 11 - 20件表示
  • 節会

    節会から見た新嘗祭新嘗祭

    豊明節会(十一月新嘗祭翌日の辰の日)節会 フレッシュアイペディアより)

  • 御食国

    御食国から見た新嘗祭新嘗祭

    『延喜式』によると、宮内省の内膳司(皇室、朝廷の食膳を管理した役所)の条に、「諸国貢進御贄」、「諸国貢進御厨御贄」などの項目がある。この項には各国に割当てられた食材をそれぞれ毎月(旬料)・正月元旦や新嘗祭などの節日(節料)・年(年料)に一度というように内膳司に直接納めることが規定されていた。御食国 フレッシュアイペディアより)

  • 冬祭り

    冬祭りから見た新嘗祭新嘗祭

    冬祭りは秋祭りが持つ収穫祭的要素と春祭りが持つ祈年祭的要素の両方を併せ持っており、その位置づけについては不明な部分も多い。元々旧暦10月は忌月とされたために月が変わって冬に突入した旧暦11月に収穫祭を行ったが、後にその禁忌が失われて収穫直後に秋祭りが成立したとも言われている。折口信夫は秋から翌春にかけてのこの時期を魂振を行って人間を含めた全ての魂が更新されるための時期として捉え、秋祭り・冬祭り・春祭りは元々一続きの祭り(収穫・魂の更新・祈年)であったのが秋祭りと春祭りが分離して残りが冬祭りとなったと説く。また、柳田國男は冬祭りの中心となる旧暦11月が冬至を含む時期であり春に向かう転機であることを指摘し、日本の祭りは本来旧暦11月を重要視したと説く。朝廷の神祇官の四時祭では旧暦11月の相嘗祭・鎮魂祭・新嘗祭が冬祭りとされ、翌月の月次祭・鎮火・道饗も冬特有の祭事ではないものの冬祭りとして挙行されている。冬祭り フレッシュアイペディアより)

  • 官祭

    官祭から見た新嘗祭新嘗祭

    元は神祇官の神名帳に記載され、祈年祭の班幣に預かる資格を有した官社が行う祈年祭のことを指した。また、官社のうち「大社」に分類された神社については、新嘗祭・相嘗祭・名神祭に対しても班幣が捧げられ、それらも官祭と位置づけられていた。班幣を捧げるのは神祇官あるいはその旨を受けた諸国の国司の役目であったが、平安時代中期以後に衰退し、二十二社などの例外を除いては行われなくなった。官祭 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴王

    鶴王から見た新嘗祭新嘗祭

    三回忌となる文和4年(1355年)には、従一位の位階が追贈されている。このときにはじめて諱を「頼子」と命名された。また『諸系図』に収める足利家の系図には、尊氏の娘として「女 霊寿院贈一品大夫人」とあり、天皇の妻として皇后、妃に次ぐ地位を意味する官職である「夫人」をあわせて追贈されたことが推測される。先述の洞院公賢はこのとき前太政大臣であったが、有職故実の大家として公武の尊敬を集めており、11月4日、この案件の担当者に指名された柳原忠光から指導を仰ぐ書状を受け取っている。忠光が気にしていたのは、宣下の式次第のほか「無位の人への贈位に先例があるか」という点と「11月21日の新嘗祭に向けた物忌みの最中に贈位を行ってもかまわないか」という点であった。公賢は、前者については「内親王などのほかには覚えがない」と答え、後者については「外記に命じてよく先例を調査させ、それに沿って決定されるべきではないか」とアドバイスしている。公賢の日記『園太暦』の同日条には「無位から従一位への直叙は人臣では未曾有のことではなかろうか。まして神事の最中の贈位とは納得がいかない」と不満を記している。もっとも、尊氏夫妻のお声掛かりの贈位に誰も反対できるはずもなく、11月9日の鶴王の命日に間に合わせたいという尊氏の意向が尊重され、結局は翌々日の6日には従一位の位記があわただしく作成されて交付されている。ちなみに、忠光と公賢が気にかけていたこの年の新嘗祭は「費用が調達できない」という理由で中止になっている。鶴王 フレッシュアイペディアより)

  • 千早

    千早から見た新嘗祭新嘗祭

    後に大嘗祭や新嘗祭において神饌などを供する釆女・女官の衣装となり、更に二幅構成となり、前は胸元で垂らして後側に長く伸ばし、脇を縫わずに前において紐で合わせるようにして着衣する袖のない短服へと変化した。千早 フレッシュアイペディアより)

  • 神明社 (所沢市中富)

    神明社 (所沢市中富)から見た新嘗祭新嘗祭

    新嘗祭(勤労感謝祭)兼 秋祭 (11月23日)神明社 (所沢市中富) フレッシュアイペディアより)

  • 采女装束

    采女装束から見た新嘗祭新嘗祭

    なお、近代では大嘗祭や新嘗祭などに、配膳などの役を命ぜられた女官が着用している。男子装束の小忌衣(おみごろも)が大嘗祭だけの使用になったのに対し、采女の装束は例年も古式を継承するものが使用されて現在にいたっている。采女装束 フレッシュアイペディアより)

  • 宗像神社 (京都市)

    宗像神社 (京都市)から見た新嘗祭新嘗祭

    宗像神社3座は貞観元年2月30日には従二位勲八等と見え、同日正二位へ昇り、同6年(864年)10月11日に更に1階進んで従一位が授けられ(以上『三代実録』)、建治元年には四度官幣(祈年・月次・新嘗4祭の頒幣)に預かることが定められた(『諸神記』)。宗像神社 (京都市) フレッシュアイペディアより)

  • 小忌衣

    小忌衣から見た新嘗祭新嘗祭

    新嘗祭や豊明節会等の宮廷での諸神事の宮人、大嘗祭の五節舞姫、神楽の舞人、大喪の八瀬童子、神職、巫女等が使用した。小忌衣 フレッシュアイペディアより)

116件中 11 - 20件表示

「新嘗祭」のニューストピックワード