214件中 21 - 30件表示
  • 年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム

    年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ムから見た新嘗祭新嘗祭

    当初は、元始祭(1月3日) 、新年宴会(1月5日)、孝明天皇祭(先帝祭。1月30日)、紀元節(2月11日)、神武天皇祭(4月3日)、神嘗祭(9月17日)、天長節(11月3日)、新嘗祭(11月23日)の8日だったが、1878年(明治11年)6月5日の改正により、春季皇霊祭(春分日)と秋季皇霊祭(秋分日)が追加されて10日となった。年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム フレッシュアイペディアより)

  • 小坪漁港

    小坪漁港から見た新嘗祭新嘗祭

    小坪湾から沖に広がる遠浅の磯根が主な漁場で、曳網(引き網)によるシラス漁、刺し網漁、覗突(みづき)漁と呼ばれる採貝などを主な漁とする。覗突漁は船端から身を乗り出し、口にくわえた眼鏡を通して水中を覗きながら、モリでサザエやアワビ等を採り、その間、足で船を操るという伝統漁法である。また、毎年11月に宮中で行われる新嘗祭には、必ず小坪の海松(ミル)が献上されることになっている。小坪漁港 フレッシュアイペディアより)

  • 神明社 (所沢市中富)

    神明社 (所沢市中富)から見た新嘗祭新嘗祭

    新嘗祭(勤労感謝祭)兼 秋祭 (11月23日)神明社 (所沢市中富) フレッシュアイペディアより)

  • 大屋都姫神社

    大屋都姫神社から見た新嘗祭新嘗祭

    延長5年(927年)成立の『延喜式』神名帳では紀伊国名草郡に「大屋都比売神社 名神大 月次新嘗」として、名神大社に列するとともに月次祭・新嘗祭で幣帛に預かった旨が記載されている。『紀伊国神名帳』では天神として「従四位上 大屋大神」と記載されるが、正一位に昇った伊太祁曽大神とは神階が開いた。大屋都姫神社 フレッシュアイペディアより)

  • アエノコト

    アエノコトから見た新嘗祭新嘗祭

    アエノコトは、石川県奥能登地方の珠洲市、輪島市、鳳珠郡能登町、同郡穴水町で古くから行われている新嘗の祭礼。「アエノコト」とは「アエ=饗」の「コト=祭り」を意味する。「奥能登のあえのこと」という名称で、1977年(昭和52年)重要無形民俗文化財に指定され、2009年(平成21年)には、ユネスコの世界無形遺産に登録された。アエノコト フレッシュアイペディアより)

  • 源益

    源益から見た新嘗祭新嘗祭

    元慶7年(883年)11月10日に殿上で天皇に近侍していたところ、突然何者かに殴殺された。内裏での事件であったことから秘密にされ、部外者に詳細は伏せられた。なお、内裏で死人が出たことにより、同月13日に予定されていた大原野祭を始めとして、同16日の新嘗祭、同17日の節会など、1ヶ月ほどの間各種の祭祀がことごとく中止となった。源益 フレッシュアイペディアより)

  • 時服

    時服から見た新嘗祭新嘗祭

    また、『延喜式』には諸王年12以上に時服(料)を賜うこととし、2世王は絹6匹、糸12絇、調布18端、鍬30口とし、4世王以上は令のごとしとされ、秋、冬のときは綿を糸のかわりに、鉄2挺を鍬5口にかえることとし、諸王で出家した者は時服(料)を給するのを停止することにさだめられ、諸司の給与人員と布帛の数量などが規定された。のちにこのことはすたれ、わずかに白馬節会(陰暦正月7日に左右馬寮から白馬を紫宸殿の庭に引き出し、天覧する会)の翌日正月8日、新嘗祭の翌日11月中巳日に女王禄(3文字をオウロクと読むのが慣習)という式がおこなわれるにすぎなくなった。これは紫宸殿中庭で、禄は人別に絹2疋、綿6屯であった。天皇が出御し、皇后をはじめ女御尚侍以下これに列し、女王は世をもって次とし、長幼にはよらず、幄座につく。官人が名簿を執って名を喚び、女王は称唯(イショウとよむのが慣習)して進み禄を受けて退出した。節会がおこなわれないときは女王禄も中止した。女王は後宮の宮人以外の官に就くことができず、延暦12年(793年)以降は非皇親との婚姻が許された女王の身分の形骸化が進行したため、女王の皇親としての身分と天皇との関係を再確認する意味で、儀式を伴う女王禄の支給が維持されたと考えられている。『延喜式』の段階では定員は262人とされているが、長保3年(1001年)段階においても200人が女王禄を支給されていたことが知られており、その存在が確認できる。だが、親王宣下が受けられない皇親の臣籍降下や出家が一般的になると、2世以下の女王が非常に稀な存在となり、平安時代末期には実態は花山源氏であった白川伯王家以外の女王(=女王禄の支給対象者)が存在しないという事例も発生した。時服 フレッシュアイペディアより)

  • 宮中三殿

    宮中三殿から見た新嘗祭新嘗祭

    宮中三殿の構内には、附属するいくつかの建造物が配置されている。四方拝、新嘗祭が行われる神嘉殿(しんかでん)、鎮魂祭や天皇皇后の装束への着替えが行われる綾綺殿(りょうきでん)、神楽が行われる神楽舎(かぐらしゃ)、楽師が雅楽を演奏する奏楽舎(そうがくしゃ)、列席者が待機する左幄舎(ひだりあくしゃ)と右幄舎(みぎあくしゃ)、賢所に正対する賢所正門、新嘉殿に正対する新嘉門などである。宮中三殿 フレッシュアイペディアより)

  • 相嘗祭

    相嘗祭から見た新嘗祭新嘗祭

    相嘗祭(あいなめのまつり、あいんべのまつり、あいにえのまつり)は、新嘗祭に先立つ11月の初めての卯の日に行われる神道祭祀である。相嘗祭 フレッシュアイペディアより)

  • 土宮

    土宮から見た新嘗祭新嘗祭

    皇大神宮に準じた祭事が行なわれ、祈年祭、月次祭、神嘗祭、新嘗祭の諸祭には皇室からの幣帛(へいはく)がある。幣帛を受けるようになったのは、別宮昇格以降と考えられる。皇室の勅使は正宮と多賀宮のみに参行し、土宮には参行しない。土宮 フレッシュアイペディアより)

214件中 21 - 30件表示

「新嘗祭」のニューストピックワード

  • テレビ朝日開局60周年記念 超豪華!! 最初で最後の大同窓会!8時だJ

  • 8時だJ

  • 超豪華!!最初で最後の大同窓会!8時だJ