214件中 31 - 40件表示
  • ヒカゲノカズラ

    ヒカゲノカズラから見た新嘗祭新嘗祭

    この植物や似たものを祭事に用いる例がある。一説によれば、天岩戸の前でアメノウズメが踊った際に、この植物を素肌にまとったとも云われる。古事記には「日影を襷にかけ」とあり、この日影がヒカゲノカズラであるというのである。万葉集にもヒカゲカズラの名が見える。現在でも京都伏見稲荷大社の大山祭では参拝者にお神酒とヒカゲノカズラが授与される。また、奈良の率川神社ではヒカゲカズラを頭に飾った舞姫が踊る「五節の舞」がある。また、大嘗祭や新嘗祭にもかつてはこれが用いられたと言う。ヒカゲノカズラ フレッシュアイペディアより)

  • 草奈伎神社

    草奈伎神社から見た新嘗祭新嘗祭

    草奈伎神社では歳旦祭(1月)、元始祭(1月)、建国記念祭(2月11日)、祈年祭(2月)、風日祈祭(5月・8月)、月次祭(6月・12月)、神嘗祭(10月)、新嘗祭(11月)、天長祭(12月23日)のすべてが境内にて祭祀を執行しており、外宮の摂社では唯一遥祀によらず祭儀が行われる。同じ宮域にある大間国生神社では歳旦祭、元始祭、建国記念祭、風日祈祭、天長祭を遥祀により、その他の祭典は社殿の前で巡回祭祀により執行する。草奈伎神社 フレッシュアイペディアより)

  • 園相神社

    園相神社から見た新嘗祭新嘗祭

    三節祭(月次祭・神嘗祭)、祈年祭、新嘗祭、臨時奉幣祭の際には神職らが訪れ、社頭で祭祀を執り行う。それ以外の歳旦祭などは内宮の五丈殿で遥祀を行う。園相神社 フレッシュアイペディアより)

  • 鳴神社

    鳴神社から見た新嘗祭新嘗祭

    『延喜式』神名帳では紀伊国名草郡に「鳴神社 名神大 月次相嘗新嘗」として、名神大社に列するとともに月次祭・相嘗祭・新嘗祭で幣帛に預かった旨が記載されている。紀伊国に名神大社は多いが、三祭で奉幣を受けたのは鳴神社と日前神社、国懸神社、伊太祁曽神社の4社のみであった。この4社については『令集解』神祇令でも「日前・国県須・伊太祁曽・鳴神」として、11月上卯の日の相嘗祭に際して奉幣社に列した旨の記載が見える。鳴神社 フレッシュアイペディアより)

  • 坂手国生神社

    坂手国生神社から見た新嘗祭新嘗祭

    三節祭(月次祭・神嘗祭)、祈年祭、新嘗祭、臨時奉幣祭の際には神職らが社頭で祭祀を執り行う。坂手国生神社 フレッシュアイペディアより)

  • 宇波西神社

    宇波西神社から見た新嘗祭新嘗祭

    延喜式神名帳では名神大社に列し、北陸道の352座の神社の中で唯一、月次・新嘗の幣帛に預る神社となっている。宇波西神社 フレッシュアイペディアより)

  • 志等美神社

    志等美神社から見た新嘗祭新嘗祭

    志等美神社では巡回祭祀により祈年祭(2月)、月次祭(6月・12月)、神嘗祭(10月)、新嘗祭(11月)を行い、歳旦祭(1月)、元始祭(1月)、建国記念祭(2月11日)、風日祈祭(5月・8月)、、天長祭(12月23日)は遥祀により執行する。志等美神社 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥海山大物忌神社

    鳥海山大物忌神社から見た新嘗祭新嘗祭

    11月8日  新嘗祭 (吹浦口之宮)鳥海山大物忌神社 フレッシュアイペディアより)

  • 畝火山口神社

    畝火山口神社から見た新嘗祭新嘗祭

    特殊神事として「埴土神事」がある。大阪の住吉大社で祈年祭(2月)と新嘗祭(11月)に用いる土器を作るための土を畝傍山頂で取る神事である。畝火山口神社 フレッシュアイペディアより)

  • てんむす

    てんむすから見た新嘗祭新嘗祭

    毎年8月に開催される、大食い競技の全国大会。聖地とされる以勢神社で行われる。天娘の神事を由来としているため、選手は全て女子学生である。その競技内容は和洋中、丼、麺類などに細分化されている。元は新嘗祭としての役割があるため、五穀の収穫期である秋に開催されていたが、学生の受験勉強の時期を考慮して夏に行われるようになった。てんむす フレッシュアイペディアより)

214件中 31 - 40件表示

「新嘗祭」のニューストピックワード