116件中 41 - 50件表示
  • 長岡天満宮

    長岡天満宮から見た新嘗祭新嘗祭

    11月25日 新嘗祭 - 新穀を供え五穀豊穣を感謝する。長岡天満宮 フレッシュアイペディアより)

  • 斎宮

    斎宮から見た新嘗祭新嘗祭

    三時祭は外宮では各月の15・16日の、内宮は16・17日の両日に行われるが、斎宮はその2日目に参加し、太玉串を宮司から受取り、瑞垣御門の前の西側に立てる。また、2月祈年祭、11月新嘗祭で多気、度会の両神郡内の115座の神々に幣帛を分配する。斎宮 フレッシュアイペディアより)

  • 秋祭り

    秋祭りから見た新嘗祭新嘗祭

    2月の祈年祭を春祭り、11月の新嘗祭を秋祭りとする場合もある。秋祭り フレッシュアイペディアより)

  • 皇帝祭祀

    皇帝祭祀から見た新嘗祭新嘗祭

    皇帝祭祀は漢民族の王朝だけでなく、南北朝時代の北朝や遼、金、元、清などの異民族王朝でも行われており、多少の変容はしつつも皇帝制度とともに継続された。また日本の天皇が執り行う宮中祭祀(新嘗祭など)にも影響を与えた。皇帝祭祀 フレッシュアイペディアより)

  • 近代社格制度

    近代社格制度から見た新嘗祭新嘗祭

    官社とは、祈年祭・新嘗祭に国から奉幣を受ける神社である。官社は官幣社と国幣社に分けられ、それぞれに大・中・小の格がある。官幣社・国幣社をまとめて官国幣社ともいう。近代社格制度 フレッシュアイペディアより)

  • アルファ化米

    アルファ化米から見た新嘗祭新嘗祭

    現存する正税帳には糒の項目が記載されている。更に蝦夷征討に関連して宝亀11年(780年)に坂東諸国と能登・越中・越後の各国に対して糒3万斛の調達を命じている。この他にも延喜式には、新嘗祭の供御料や最勝王経斎会の供養料として大膳職で作られた糯糒・粟糒が支出される規定がある。アルファ化米 フレッシュアイペディアより)

  • てんむす

    てんむすから見た新嘗祭新嘗祭

    毎年8月に開催される、大食い競技の全国大会。聖地とされる以勢神社で行われる。天娘の神事を由来としているため、選手は全て女子学生である。その競技内容は和洋中、丼、麺類などに細分化されている。元は新嘗祭としての役割があるため、五穀の収穫期である秋に開催されていたが、学生の受験勉強の時期を考慮して夏に行われるようになった。てんむす フレッシュアイペディアより)

  • 園韓神社

    園韓神社から見た新嘗祭新嘗祭

    2月の春日祭の後の丑の日と11月の新嘗祭の前の丑の日が当社の例祭日とされ、園韓神祭(そのからかみのまつり)と呼ばれた。園韓神社 フレッシュアイペディアより)

  • 新屋坐天照御魂神社

    新屋坐天照御魂神社から見た新嘗祭新嘗祭

    新屋(坐)天照御魂神(名神大社で月次・新嘗・相嘗祭に預る)新屋坐天照御魂神社 フレッシュアイペディアより)

  • 多坐弥志理都比古神社

    多坐弥志理都比古神社から見た新嘗祭新嘗祭

    『延喜式神名帳』では「大和国十市郡 多坐彌志理都比古神社二座」と記され、名神大社に列し、月次・相嘗・新嘗の幣帛に預ると記されている。永治元年(1141年)の『多神宮注進状草案』では神階正一位となっている。多坐弥志理都比古神社 フレッシュアイペディアより)

116件中 41 - 50件表示

「新嘗祭」のニューストピックワード