116件中 51 - 60件表示
  • 宗像神社 (桜井市)

    宗像神社 (桜井市)から見た新嘗祭新嘗祭

    その後、高市皇子の後裔である高階氏が氏の神として崇め、元慶4年に官社に列し(『日本三代実録』)、翌5年に本社である筑前宗像神社に准じて神主職を置き、高階氏をこれに補任するよう定められ(同年10月16日の「太政官符」(『類聚三代格』所収))、寛平5年には修理料として近在の傜丁8人を充てる旨の「太政官符」が下された(上述寛平5年「太政官符」)。延喜の制で3座ともに名神大社に列し、月次・新嘗の両祭にも預かっていた。宗像神社 (桜井市) フレッシュアイペディアより)

  • 鳥海山大物忌神社

    鳥海山大物忌神社から見た新嘗祭新嘗祭

    11月8日  新嘗祭 (吹浦口之宮)鳥海山大物忌神社 フレッシュアイペディアより)

  • 安仁神社

    安仁神社から見た新嘗祭新嘗祭

    1871年(明治4年)に国幣中社に列せられ、祭典への勅使参向、1926年(大正15年)には皇太子裕仁親王の行啓を仰ぎ、祈年祭・新嘗祭・例大祭には併せて幣帛供進使の参向があった。第二次大戦後は神社本庁所管の神社として別表神社となった。安仁神社 フレッシュアイペディアより)

  • 武水別神社

    武水別神社から見た新嘗祭新嘗祭

    12月の新嘗祭は通称「大頭祭」(だいとうさい)と呼ばれ、記録に残っているだけで400年以上続く神事(歴代の頭人の氏名を記した「御頭帳」の最古は、1592年)で、国の選択無形民俗文化財に選択されている。武水別神社 フレッシュアイペディアより)

  • 伊太祁曽神社

    伊太祁曽神社から見た新嘗祭新嘗祭

    国幣中社伊太祁曾神社は大屋毘古命を祀る命は妹大屋津姫命抓津姫命とともに木種を紀伊国に分布し給ひ、実に本国経営の祖神にましませり。初め此の三神は一所に奉祀せられしが、大宝二年三所に分遷せられ、大屋毘古命今日の社地に鎮りぬ。是れ即ち本社の起源なり。本社の由緒を案するに大同元年の牒五十四煙の神封に加へて十二戸を充てられ、嘉祥三年従五位下に叙し、紀貞守を使として之を奉告せしめられ、貞観元年従四位下に、元慶七年従四位上に進み、延喜の制名神大社に列して、祈年月次相嘗新嘗の官幣に預れり。上述の事歴を通考するに、本社は官幣中社に列せらるるを至当なりと認む。仍て官幣中社に列格被為仰出度、右謹て奏す。伊太祁曽神社 フレッシュアイペディアより)

  • 瀧原宮

    瀧原宮から見た新嘗祭新嘗祭

    新嘗祭(にいなめさい)(11月26日) 天皇がその年に収穫された穀物を神に供えるとともに自らも食べて収穫を感謝する祭り。瀧原宮 フレッシュアイペディアより)

  • 月讀宮

    月讀宮から見た新嘗祭新嘗祭

    新嘗祭(にいなめさい)(11月24日) 天皇がその年に収穫された穀物を神に供えるとともに自らも食し、収穫を感謝する祭り。月讀宮 フレッシュアイペディアより)

  • 多賀宮

    多賀宮から見た新嘗祭新嘗祭

    外宮正宮に準じた祭事が行なわれ、祈年祭、月次祭、神嘗祭、新嘗祭の諸祭には皇室からの幣帛(へいはく)がある。皇室の勅使は正宮に続き、外宮の別宮のうち多賀宮のみに参行する。多賀宮 フレッシュアイペディアより)

  • 荒祭宮

    荒祭宮から見た新嘗祭新嘗祭

    皇大神宮に準じた祭事が行なわれ、神饌の種類や数量は正宮とほぼ同等である。祈年祭、月次祭、神嘗祭、新嘗祭の諸祭には皇室からの幣帛(へいはく)があり、皇室の勅使は正宮に続き、内宮別宮のうち荒祭宮のみに参行する。荒祭宮 フレッシュアイペディアより)

  • 畝火山口神社

    畝火山口神社から見た新嘗祭新嘗祭

    特殊神事として「埴土神事」がある。大阪の住吉大社で祈年祭(2月)と新嘗祭(11月)に用いる土器を作るための土を畝傍山頂で取る神事である。畝火山口神社 フレッシュアイペディアより)

116件中 51 - 60件表示

「新嘗祭」のニューストピックワード