116件中 61 - 70件表示
  • 須佐神社 (有田市)

    須佐神社 (有田市)から見た新嘗祭新嘗祭

    貞観元年には従五位上が授けられ(『日本三代実録』)、延喜の制で名神大社に列すとともに月次・新嘗の3祭にも案上の官幣に預かるなど朝廷から重きをおかれ、社伝によれば当神社の属す保田庄内の2町(7,200坪、およそ2ha)や日高郡富安庄内の30余町(108,000坪、およそ36ha)を伊太祁曽神社と共有していたといい、中世からはこれに武家の信仰が加わる。須佐神社 (有田市) フレッシュアイペディアより)

  • 香良洲神社

    香良洲神社から見た新嘗祭新嘗祭

    例祭は、7月15日の夜がらす祭、8月15日から8月16日の宮踊りの2つが大きく、4月21日に遷座記念祭兼春祭(祈年祭)、11月25日に秋祭(新嘗祭)も行われる。6月30日には茅の輪くぐりがある。そのほか毎月1日と15日の月次祭、祝日の祭礼がある。香良洲神社 フレッシュアイペディアより)

  • 月夜見宮

    月夜見宮から見た新嘗祭新嘗祭

    新嘗祭(にいなめさい)(11月24日) 天皇がその年に収穫された穀物を神に供えるとともに自らも食し、収穫を感謝する祭り。月夜見宮 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐神社

    土佐神社から見た新嘗祭新嘗祭

    8月25日の例祭。「志奈禰」の語は、新嘗祭の「にいなめ」の転じたものという説、新稲(しいね)の転じたものという説、風の神「志那都比古神」に関するという説など諸説ある。土佐神社 フレッシュアイペディアより)

  • 忌部神社 (吉野川市)

    忌部神社 (吉野川市)から見た新嘗祭新嘗祭

    嘉祥2年(849年)に従五位下が授けられ(『続日本後紀』)、貞観元年(859年)に大麻比古神とともに従五位上に昇り、元慶2年(878年)には正五位下に、同7年には従四位下に累進し(以上『日本三代実録』)、延喜の制で官幣大社に列して月次・新嘗の両祭に預かるとともに、名神大社にも列している。忌部神社 (吉野川市) フレッシュアイペディアより)

  • 祈年祭

    祈年祭から見た新嘗祭新嘗祭

    祈年祭(きねんさい、としごいのまつり)は、毎年2月に行われ、一年の五穀豊穣などを祈る神道の祭祀である。11月の新嘗祭と対になるとされるが、皇室祭祀令では祈年祭は小祭、新嘗祭は大祭とされていた。祈年祭 フレッシュアイペディアより)

  • 例祭

    例祭から見た新嘗祭新嘗祭

    明治の神社制度においては、例祭は祈年祭・新嘗祭などとともに「大祭(たいさい)」に定められ、官国幣社・府県社・郷社および一部の村社(神饌幣帛料供進指定神社)には勅使あるいは幣帛供進使が参向して国・皇室から神饌幣帛料が供進された。例祭 フレッシュアイペディアより)

  • 豊明節会

    豊明節会から見た新嘗祭新嘗祭

    豊明節会(とよあかりのせちえ)とは大嘗祭(卯・辰・巳・午の日の4日間:但し、辰の日に悠紀(ゆき)の節会、巳の日に主基(すき)の節会が行われた。)、新嘗祭(卯・辰の日の2日間)の最終日に行われた宮中儀式。天皇臨席の、いわば宴席で、白酒(しろき)・黒酒(くろき)が振る舞われた。直会(なおらい)的要素が強い。平安時代では主に豊楽院、後に紫宸殿にて行われた。豊明節会 フレッシュアイペディアより)

  • 五節舞

    五節舞から見た新嘗祭新嘗祭

    五節舞、五節の舞(ごせちのまい)とは、大嘗祭や新嘗祭に行われる豊明節会で、大歌所の別当の指示のもと、大歌所の人が歌う大歌に合わせて舞われる、4?5人の舞姫によって舞われる舞。大嘗祭では5人。五節舞 フレッシュアイペディアより)

  • 相嘗祭

    相嘗祭から見た新嘗祭新嘗祭

    相嘗祭(あいなめのまつり、あいんべのまつり、あいにえのまつり)は、新嘗祭に先立つ11月の初めての卯の日に行われる神道祭祀である。相嘗祭 フレッシュアイペディアより)

116件中 61 - 70件表示

「新嘗祭」のニューストピックワード