214件中 81 - 90件表示
  • 津布良神社

    津布良神社から見た新嘗祭新嘗祭

    内宮に合わせて、2月に祈年祭、6月と12月に月次祭、10月に神嘗祭、11月に新嘗祭が行われる。津布良神社 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良波良神社

    奈良波良神社から見た新嘗祭新嘗祭

    祈年祭(2月19日)・月次祭(6月19日と12月19日)・神嘗祭(10月19日)・新嘗祭(11月25日)には権禰宜、宮掌、出仕らが社前にて祭祀を行い、歳旦祭(1月1日)・元始祭(1月3日)・建国記念祭(2月11日)・風日祈祭(5月14日と8月4日)・天長祭(天皇誕生日)は内宮の五丈殿で遥祀を行う。奈良波良神社 フレッシュアイペディアより)

  • 野間大坊

    野間大坊から見た新嘗祭新嘗祭

    悠紀殿 - 昭和天皇即位後、初めて行われた新嘗祭のために京都御所内に建てられたもの。昭和4年に移築。本尊は源頼朝ゆかりの大日如来。野間大坊 フレッシュアイペディアより)

  • 皇帝祭祀

    皇帝祭祀から見た新嘗祭新嘗祭

    皇帝祭祀は漢民族の王朝だけでなく、南北朝時代の北朝や遼、金、元、清などの異民族王朝でも行われており、多少の変容はしつつも皇帝制度とともに継続された。また日本の天皇が執り行う宮中祭祀(新嘗祭など)にも影響を与えた。皇帝祭祀 フレッシュアイペディアより)

  • 少女 (源氏物語)

    少女 (源氏物語)から見た新嘗祭新嘗祭

    月日は流れ、秋が深まり宮中では新嘗祭を迎えていた。傷心の夕霧は御所へ行き、豊明節会を見物する事に。夕霧は、五節の舞姫(藤原惟光の娘。後の藤典侍。)を垣間見た。その美しさに惹かれて文を送った。が、彼女は宮仕えする事が決まっており、夕霧は落胆。少女 (源氏物語) フレッシュアイペディアより)

  • 和志取神社 (岡崎市)

    和志取神社 (岡崎市)から見た新嘗祭新嘗祭

    毎年、祈年祭、春季祭、例祭、新嘗祭と4回大祭が行われている。特に秋の新嘗祭では、豊年を祝う甘酒祭が1915年(大正4年)から今日まで続けられている。また、矢作西小学校の児童が浦安の舞を受け継いでいる。和志取神社 (岡崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 多井畑厄除八幡宮

    多井畑厄除八幡宮から見た新嘗祭新嘗祭

    2月17日 祈年祭。五穀豊穣を祈る神道の祭。収穫を感謝する11月の新嘗祭と対になる祭。多井畑厄除八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 五節舞

    五節舞から見た新嘗祭新嘗祭

    五節舞、五節の舞(ごせちのまい)とは、大嘗祭や新嘗祭に行われる豊明節会で、大歌所の別当の指示のもと、大歌所の人が歌う大歌に合わせて舞われる、4?5人の舞姫によって舞われる舞。大嘗祭では5人。五節舞 フレッシュアイペディアより)

  • 祈年祭

    祈年祭から見た新嘗祭新嘗祭

    祈年祭(きねんさい、としごいのまつり)は、毎年2月に行われ、一年の五穀豊穣などを祈る神道の祭祀である。11月の新嘗祭と対になるとされるが、皇室祭祀令では祈年祭は小祭、新嘗祭は大祭とされていた。祈年祭 フレッシュアイペディアより)

  • 天つ罪・国つ罪

    天つ罪・国つ罪から見た新嘗祭新嘗祭

    糞戸(くそへ) - 『古事記』『日本書紀』にはスサノオ命が高天原において天照大神が大嘗祭(または新嘗祭)を斎行する神殿に脱糞したのが起源であると記していることから、これも神事に際して祭場を糞などの汚物で汚すこととされるが、また「くそと」と読み、「と」は祝詞(のりと)の「と」と同じく呪的行為を指すとして、本来は肥料としての糞尿に呪いをかけて作物に害を与える行為であるとの説もある天つ罪・国つ罪 フレッシュアイペディアより)

214件中 81 - 90件表示

「新嘗祭」のニューストピックワード

  • テレビ朝日開局60周年記念 超豪華!! 最初で最後の大同窓会!8時だJ

  • 8時だJ

  • 超豪華!!最初で最後の大同窓会!8時だJ