116件中 81 - 90件表示
  • 河内神社 (広島市)

    河内神社 (広島市)から見た新嘗祭新嘗祭

    新嘗祭(大祭) - 12月第2日曜日河内神社 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 黄櫨染御袍

    黄櫨染御袍から見た新嘗祭新嘗祭

    元来は即位と朝賀以外の重要な儀式に使用していたが、明治天皇即位のときに袞衣が廃止されて以降は即位にも使用されることになった。宮中三殿で行われる恒例の皇室祭祀のほとんどに使用し(神嘉殿でおこなう新嘗祭のみは、天皇は御斎服を使用)、「即位礼紫宸殿の儀」にも使用した。現代においてもこの規定が引き継がれ、即位の礼の中での最重要の儀式「即位礼正殿の儀」や立太子礼、宮中祭祀の四方拝その他で着用されている。黄櫨染御袍 フレッシュアイペディアより)

  • 神宮式年遷宮

    神宮式年遷宮から見た新嘗祭新嘗祭

    大嘗祭、新嘗祭、神嘗祭など、祭祀の意義が再構築されたため。毎年行われる天皇祭祀である新嘗祭に対して、天武天皇の時代に初めて行われた大嘗祭は、即位後初めて行われる新嘗祭であり、一世一度の行事として特別視された。これに対応して、毎年行われる神嘗祭に対して、20年に一度行われる大神嘗祭として、式年遷宮が行われるようになったのではないか。神宮式年遷宮 フレッシュアイペディアより)

  • 休日ニ関スル件

    休日ニ関スル件から見た新嘗祭新嘗祭

    年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ムから元始祭(1月3日) 、新年宴会(1月5日)、紀元節(2月11日)、神武天皇祭(4月3日)、神嘗祭(10月17日)、新嘗祭(11月23日)、春季皇霊祭(春分日)、秋季皇霊祭(秋分日)を継承。明治天皇崩御ならびに大正天皇践祚に伴い、先帝祭は孝明天皇祭(1月30日)から明治天皇祭(7月30日)に移動、天長節は8月31日に移動となった。休日ニ関スル件 フレッシュアイペディアより)

  • 時服

    時服から見た新嘗祭新嘗祭

    また、『延喜式』には諸王年12以上に時服(料)を賜うこととし、2世王は絹6匹、糸12絇、調布18端、鍬30口とし、4世王以上は令のごとしとされ、秋、冬のときは綿を糸のかわりに、鉄2挺を鍬5口にかえることとし、諸王で出家した者は時服(料)を給するのを停止することにさだめられ、諸司の給与人員と布帛の数量などが規定された。のちにこのことはすたれ、わずかに白馬の節会の翌日正月8日、新嘗祭の翌日11月中巳日に女王禄(3文字をオウロクと読むのが慣習)という式がおこなわれるにすぎなくなった。これは紫宸殿中庭で、禄は人別に絹2疋、綿6屯であった。天皇が出御し、皇后をはじめ女御尚侍以下これに列し、女王は世をもって次とし、長幼にはよらず、幄座につく。官人が名簿を執って名を喚び、女王は称唯(イショウとよむのが慣習)して進み禄を受けて退出した。節会がおこなわれないときは女王禄も中止した。女王は後宮の宮人以外の官に就くことができず、延暦12年(793年)以降は非皇親との婚姻が許された女王の身分の形骸化が進行したため、女王の皇親としての身分と天皇との関係を再確認する意味で、儀式を伴う女王禄の支給が維持されたと考えられている。『延喜式』の段階では定員は262人とされているが、長保3年(1001年)段階においても200人が女王禄を支給されていたことが知られており、その存在が確認できる。だが、親王宣下が受けられない皇親の臣籍降下や出家が一般的になると、2世以下の女王が非常に稀な存在となり、平安時代末期には実態は花山源氏であった白川伯王家以外の女王(=女王禄の支給対象者)が存在しないという事例も発生した。時服 フレッシュアイペディアより)

  • 10月

    10月から見た新嘗祭新嘗祭

    神嘗月(かんなめづき): 新嘗(にいなめ)の準備をする月10月 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇

    天皇から見た新嘗祭新嘗祭

    戦後はGHQにより国家神道は解体され、昭和天皇による人間宣言がなされたが、現在においても古代からの伝統としての神道は残っており、天皇を始めとした皇室内で新嘗祭や宮中祭祀である国の安泰を祈願する四方拝や祈りなどが執り行われている。天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 供物

    供物から見た新嘗祭新嘗祭

    とりわけ稲作中心の農耕文化であったため、気象条件により年によっては凶作となった。そこで、新米など新しい五穀を供えてその年の収穫に感謝し、豊作を祈願する稲作儀礼がさかんに行なわれ、その一端として天皇家で行なわれる新嘗祭や大嘗祭にもその儀礼が伝わっている。供物 フレッシュアイペディアより)

  • 日本料理

    日本料理から見た新嘗祭新嘗祭

    古来より米価が物価の基準として用いられ、米本位制社会とも呼ばれたように、日本では主食・通貨として米が重視され、「瑞穂国」が日本の美称としても使われてきた。稲荷神社が日本各地に存在し、秋の収穫祭の中心は米であり、天皇家においても新嘗祭は重要な行事である。多くの料理が米(および日本酒)に対する副食としてデザインされており、炊飯米と合わせて食べたときにちょうど良くなるように塩味が調整される傾向にある。日本料理 フレッシュアイペディアより)

  • 稲作

    稲作から見た新嘗祭新嘗祭

    宮中祭祀においても天皇が皇居の御田で収穫された稲穂を天照大神(アマテラスオオミカミ)に捧げ、その年の収穫に感謝する新嘗祭がおこなわれている。稲作 フレッシュアイペディアより)

116件中 81 - 90件表示

「新嘗祭」のニューストピックワード