27件中 11 - 20件表示
  • じゅうはちキン!-自由ではちゃめちゃRockin' Radio-

    じゅうはちキン!-自由ではちゃめちゃRockin' Radio-から見た豚インフルエンザ豚インフルエンザ

    この番組は低予算なため、リスナーのアイデアをもとに番組オリジナルノベルティグッズを開発していく。タイトルは「報酬倍増計画」の略。以前のタイトルは「資本主義の豚・養豚場(仮)」(ある事による風評被害を避けるため、番組スタッフの判断で第7回放送分より現在のコーナータイトルへ改題)。じゅうはちキン!-自由ではちゃめちゃRockin' Radio- フレッシュアイペディアより)

  • キャスリーン・セベリウス

    キャスリーン・セベリウスから見た豚インフルエンザ豚インフルエンザ

    このような諸問題があったものの、セベリウスの指名は4月28日に開かれた上院本会議で賛成65票・反対31票という大差で承認された。これを受けてセベリウスは、同日付けで長官に就任した。ちなみにこの承認・就任の時期は、ちょうどメキシコにおいて豚インフルエンザが発生し、世界各地に拡大するという危機的状況が発生した時期と重なっており、今後の対応が注目されることとなる。キャスリーン・セベリウス フレッシュアイペディアより)

  • 医原病

    医原病から見たブタインフルエンザ豚インフルエンザ

    1976年にブタインフルエンザが大流行した時に行われた予防接種について、政府とマスコミが徹底的に追跡調査してみたところ、ワクチンが原因でギラン・バレー症候群(両足の麻痺や、知覚異常、呼吸困難などを引き起こす急性多発性神経炎)が565件も発生し、予防接種を受けてから数時間以内に30人の高齢者が"説明不可能な死"を遂げていたことが判明した。医原病 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見た豚インフルエンザ豚インフルエンザ

    21世紀にはいり、2009年には新型インフルエンザの世界的流行があった。当初はメキシコおよびアメリカ合衆国での局地的流行であったが、2009年春頃から2010年3月にかけ、A型、H1N1亜型のインフルエンザウイルスによる豚インフルエンザとして世界的に流行した。WHOは2009年4月27日にフェーズ4を、2日後の4月29日にはフェーズ5を、6月11日にはフェーズ6を宣言した。これは、21世紀に入って人類が経験するインフルエンザ・パンデミックの最初の事例となった。日本では感染症予防法第6条第7項第1号において「新たに人から人に伝染する能力を有することとなったウイルスを病原体とするインフルエンザ」と規定され「新型インフルエンザ」と命名されている。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 5月9日

    5月9日から見た豚インフルエンザ豚インフルエンザ

    2009年 - 2009年新型インフルエンザの世界的流行: カナダから帰国した大阪府の高校生2人と教諭1人が国内初の新型インフルエンザに感染していた事が明らかになる。5月9日 フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ゴンサレス

    ジョニー・ゴンサレスから見た豚インフルエンザ豚インフルエンザ

    2011年4月8日に行われた長谷川穂積との試合の1か月前に東北地方太平洋沖地震が起こったが、3月23日には「スポーツ報知」が、「長谷川と戦って日本の人達を元気づけたい。いつものように試合を行えば『日本は大丈夫』という正しいメッセージが世界に伝わるだろう」というゴンサレスの言葉を伝えていた。この発言は試合をプロモートした本田明彦(帝拳プロモーション)によって公表されたものだが、同じエピソードはESPN.comでも紹介されており、そちらには、「私は豚インフルエンザがメキシコを完全に荒廃させていた時、西岡利晃が防衛戦のためにメキシコを訪れ、私と戦ったことを決して忘れないだろう。私も同じようにモチベーションと誇りをもって戦う」といった言葉も掲載されている。ジョニー・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • 抗原不連続変異

    抗原不連続変異から見た豚インフルエンザ豚インフルエンザ

    インフルエンザウイルスの株は表面抗原であるヘマグルチニンとノイラミニダーゼ(:en:neuraminidase)(ウイルス・ノイラミニダーゼ)の型により呼称を与えられる。例えば、3型のヘマグルチニンと2型のノイラミニダーゼではH3N2と呼ばれる。2つの異なる株のインフルエンザウイルスが同時に同じ細胞に感染した時、カプシドとエンベロープは取り除かれてRNAが露出し、mRNAへと転写される。宿主の細胞では抗原の混合により新たなウイルスが形成される。例えば、H3N2とH5N1ではH5N2が形成されることがある。ヒトの免疫系ではこの新たなウイルスを認識することは困難であるため、新しいインフルエンザウイルス株は非常に危険なウイルスとなり得る。1957年のアジアかぜ(:en:Asian Flu)、1968年の香港かぜ(:en:Hong Kong Flu)、1976年の豚インフルエンザ(:en:Swine Flu)の流行は抗原不連続変異が原因となり発生した。最近まで1918年に発生し、4千万-1億人に死者を出したスペインかぜは抗原不連続変異を原因とする株によるものと信じられていたが、最近の研究ではトリのインフルエンザウイルス株の抗原連続変異によりヒトに対して効果的に感染できるようになったために発生したものであることが示唆されている 。トリのインフルエンザウイルスとヒトのインフルエンザウイルスとの抗原不連続変異がますます危惧されている。この抗原不連続変異は高病原性のウイルスを形成する可能性がある。抗原不連続変異 フレッシュアイペディアより)

  • CONCACAF U-17選手権

    CONCACAF U-17選手権から見た豚インフルエンザ豚インフルエンザ

    1983年に第1回大会が開催され、当時は16歳以下の大会であった。第2回大会から17歳以下の大会になった。1999年の大会から優勝国を決めずFIFA U-17ワールドカップの出場国を決める大会となったが、2009年の大会から再び優勝国を決めることとなった。ただし、2009年大会は開催国メキシコで発生した豚インフルエンザの影響で、グループリーグ終了後にCONCACAFは中止を発表した。CONCACAF U-17選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 西岡利晃

    西岡利晃から見た豚インフルエンザ豚インフルエンザ

    2009年5月23日、敵地に渡っての2度目の防衛戦。メキシコ・モンテレイのモンテレーアリーナで、同級2位で元WBO世界バンタム級王者でもあるジョニー・ゴンサレス(メキシコ)との指名試合で対戦。ゴンサレスはアメリカでもビッグマッチを戦うなど、世界的な知名度と人気は西岡を遥かに上回るスター選手。この試合はゴンサレスの母国開催ということもあって、メキシコ国内ではゴンサレスが勝つことは前提で、この日の前座で復帰戦を戦うラファエル・マルケスとの同国人スター対決を期待する声が大きく挙がっていた。また、当時のメキシコでは豚インフルエンザが大流行して多数の死者が出ている状況であり、試合の実現も危惧されたが、西岡はメキシコで戦う決断をした。西岡利晃 フレッシュアイペディアより)

  • H5N1亜型

    H5N1亜型から見たブタインフルエンザ豚インフルエンザ

    H3N2(ブタインフルエンザ)はベトナムのブタから発見され、中国のブタの間で感染流行を起こしている。この亜型は新たな変異種が発生する恐れがある。2006年2月に流行したH3N2はアマンタジンとリマンタジンに対して耐性を示した。H5N1とH3N2が、遺伝子の再集合によって遺伝子交換を行うことが懸念されている。H5N1の中で遺伝子再集合が起こった場合はH5N1亜型のままであるか、亜型がシフト(抗原シフト)することも考えられる。H3N2はH2N2から抗原シフトによって進化した。H5N1亜型 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「新型インフルエンザ」のニューストピックワード