前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1355件中 1 - 10件表示
  • 構体 (鉄道車両)

    構体 (鉄道車両)から見た鉄道車両鉄道車両

    構体(こうたい)とは、鉄道車両の車体において、台枠・骨組・外板などで構成され車体の強度を担う部分である。座席などの室内設備、照明、制御機器などは含まない。構体 (鉄道車両) フレッシュアイペディアより)

  • 川崎重工業

    川崎重工業から見た鉄道車両鉄道車両

    川崎重工業株式会社(かわさきじゅうこうぎょう)は、二輪車・航空機・鉄道車両・船舶等の輸送機器、その他機械装置を製造する日本の企業である。川崎重工業 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ウェスティングハウス

    ジョージ・ウェスティングハウスから見た鉄道車両鉄道車両

    ジョージ・ウェスティングハウス・ジュニア(George Westinghouse, Jr、1846年10月6日 - 1914年3月12日) は、アメリカ合衆国の技術者、実業家。鉄道車両用の空気ブレーキ等を発明。また、それらの発明を産業として発展させた、電気産業の先駆者である。ジョージ・ウェスティングハウス フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄マニ36形客車

    国鉄マニ36形客車から見た鉄道車両鉄道車両

    国鉄マニ36形客車(こくてつマニ36がたきゃくしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の保有した鉄道車両のうち座席車などの改造により1966年より製造した客車の車両群を指す。カナ記号「マニ」は積車重量が42.5 - 47.5tの荷物車であることをあらわし、おもに小荷物の輸送に使用された。国鉄マニ36形客車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス車両

    日本のバス車両から見た鉄道車両鉄道車両

    また、道路上に張られた架線から電気を取り入れ、電気モーターを駆動するトロリーバスは、日本では長大トンネルと急勾配を擁す黒部ダムを除き、経済性の面でディーゼル車に取って代わられたが、世界の都市部では広く普及している。これは外観はバスであるが、日本の法規では無軌条電車という鉄道車両として扱われる。日本のバス車両 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道

    鉄道から見た鉄道車両鉄道車両

    広い意味では、レール、案内軌条などの案内路に誘導されて走行する車両を用いた交通機関を指し、懸垂式・跨座式のモノレール、案内軌条式のAGT(新交通システム)、鋼索鉄道(ケーブルカー)、浮上式鉄道を含む。日本では鉄道事業法の許可、または、軌道法の特許を得て敷設される。トロリーバス(無軌条電車)は、架線が張られたルートを集電装置(トロリー)により集電した電気を動力として走行するバスであるが、鉄道事業法に基づく鉄道、または、軌道法上の「軌道に準ずる」軌道として扱われる。ロープウェイも鉄道事業法、または、軌道法の対象であるが、索道という扱いとなる。鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 住友金属工業

    住友金属工業から見た鉄道車両鉄道車両

    主たる事業は鉄鋼業で、鋼管、薄板、厚板、建材、鉄道車両品、チタン、条鋼などを生産する(粗鋼生産量は年間1000万トン)。この中でも「パイプの住金」と言われるように、シームレスパイプと呼ばれる原油発掘用の鋼管は世界的にも上位の地位を確保している。ただ、シームレスパイプの価格は原油価格とリンクするため、1990年代の原油価格低迷期にはシームレスパイプも赤字部門として住金の経営の足を引っ張っていたが、2000年(平成12年)以降の原油価格の高騰で収益改善している。住友金属工業 フレッシュアイペディアより)

  • 扉

    から見た鉄道車両鉄道車両

    扉(とびら)、ドア(door)とは一般に建物(家屋など)やその内部の部屋、自動車・鉄道車両・航空機などの乗り物の出入口につけられる建具である。戸(と)とも言うが、扉は開き戸、戸は引き戸の事を指す事が多い。 フレッシュアイペディアより)

  • 可変電圧可変周波数制御

    可変電圧可変周波数制御から見た鉄道車両鉄道車両

    日本では、鉄道車両の交流モータ駆動方式として、可変電圧可変周波数を英語に直訳した"Variable Voltage Variable Frequency"の頭文字をとって、VVVF制御(ブイブイブイエフせいぎょ、もしくは、スリーブイエフせいぎょ)と呼ぶが、鉄道分野以外で一般に「電動機の可変速駆動制御」などと呼ばれるものに含まれる。家電分野ではインバータ・エアコンなどに使われる。可変電圧可変周波数制御 フレッシュアイペディアより)

  • Bve trainsim

    Bve trainsimから見た鉄道車両鉄道車両

    mackoyによる同ソフトの公開は2000年2月から始まり、さまざまな試行錯誤を経て現在に至る。画像処理などでは、独自のプログラムを用いた「電車でGO!」などの市販品に劣る部分もあるが、逆に一定の知識があれば一般ユーザーにも理解できるものであるために、ユーザーがプログラムに則った独自の鉄道路線を作ることができる。また、開発者自身もユーザーの路線作成の便宜を図る、さまざまなプログラムを作成した。例として、BVE本体を起動せずに路線のプレビューが見られるプログラムや、車両の性能を操作できるプログラムなどがある。Bve trainsim フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1355件中 1 - 10件表示

「新型車両」のニューストピックワード