1536件中 91 - 100件表示
  • 鉄道ファン

    鉄道ファンから見た鉄道車両鉄道車両

    車両研究(〔車両鉄〕) - 最もコアなファン層を形成しており、鉄道趣味誌にもこの層をターゲットにした記事が多い。鉄道ファン フレッシュアイペディアより)

  • 動力車

    動力車から見た鉄道車両鉄道車両

    日本における鉄道車両の「動力車」とは、「動力車操縦者運転免許に関する省令」の第2条で、動力車 フレッシュアイペディアより)

  • 編成 (鉄道)

    編成 (鉄道)から見た鉄道車両鉄道車両

    鉄道における「編成」(へんせい)とは、列車を運転するために車両を組成したものであり、これを列車編成とも呼ぶ。また、列車を運転するために、あらかじめ一定の車両を組成して管理しておくこともあり、これも編成と呼ぶ。後者は単独で列車編成となることもあり、また複数ではじめて列車編成となることもある。編成 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • TOMIX

    TOMIXから見た鉄道車両鉄道車両

    1959年(昭和34年)、プラスチック汽車レールセット(プラレールの元祖)以来、鉄道玩具プラレールやスーパーレールを販売していたトミーは、1974年(昭和49年)、アメリカのバックマン社のNゲージ鉄道模型製品を輸入し、トミーナインスケールブランドで発売した。単品販売のほか、模型運転に必要な線路と車両、制御機器をまとめた「基本セット」を発売し、Nゲージの普及を試みた。TOMIX フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀線

    横須賀線から見た鉄道車両鉄道車両

    国鉄時代末期に投入された東海道線の211系電車では、基本編成10両(1 - 10号車)+ 付属編成5両(11 - 15号車)という構成になり、付属編成が基本編成の北方に連結されるという形態になっている。この形態はJR発足後に製造されたE231系電車にも踏襲され、また湘南新宿ライン・宇都宮線・高崎線・常磐線でもグリーン車の導入以降、東海道線と同様の車両構成となった。ところが横須賀線・総武快速線では、JR化後に製造されたE217系電車でも、113系電車と同様に付属編成4両(増1 - 増4号車)+ 基本編成11両(1 - 11号車)の構成となり、付属編成は基本編成の南方(久里浜寄り)に連結される。このため横須賀線の線路上を走る湘南新宿ラインの列車と横須賀線電車とではグリーン車の位置が異なるという現象が起きている。これは以下の理由によるものである。横須賀線 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟トランシス

    新潟トランシスから見た鉄道車両鉄道車両

    新潟トランシス株式会社(にいがたトランシス、Niigata Transys Co., Ltd.)は、鉄道車両・産業用車両・除雪機械などの製造・販売、案内軌条式鉄道システムの設計・製作および建設を行うIHIグループの企業。機器の製造は新潟県北蒲原郡聖籠町東港五丁目の新潟事業所で行われている。新潟トランシス フレッシュアイペディアより)

  • きかんしゃトーマス・汽車のえほんの登場キャラクター

    きかんしゃトーマス・汽車のえほんの登場キャラクターから見た合造車鉄道車両

    ゴードンやヘンリー、ジェームス、エドワード、コナー、ケイトリンなど、テンダー機関車が主に牽引する大型の鋼製ボギー客車。模型時代はサイド・コリダー・コンパートメント客車(小さい窓と開き戸が並ぶほうがコンパートメント側、大きい窓と開き戸が並ぶほうがコリダー側)だったが、CG版以降はノン・コリダー・コンパートメント客車(左右とも大きい窓)になり、車体の幅が狭くなった。コンパートメントのみの客車とコンパートメントと荷物室を持つ合造車、手ブレーキ室を備えている緩急車の車体バリエーションがある。車体色は上半クリーム色で下半は緑・赤・青の3種類で、第4シーズンから間に黄色のラインが入った。緑が急行用のように見受けられる。第12シーズン以降、赤の急行客車は一時的に姿を消していたが、長編第12作・第20シーズンから復活している。ハット卿の鉄道では、合造車・客車・緩急車の3両編成での運用が多いが、時々2両、4両編成の運用がある。CGになってからは4?6両編成の運用が多くなった。きかんしゃトーマス・汽車のえほんの登場キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • 超特急ヒカリアン

    超特急ヒカリアンから見た鉄道車両鉄道車両

    宇宙の彼方にあるブラッチャール星から暗黒エネルギーで構成されるブラッチャール星人であるブラックエクスプレス・ドジラス・ウッカリーが地球に降り立ち、まずは日本中を“真っ黒け”にする「ブラブラ大作戦」(OVAでは地球征服を目標に悪戯)を企む。実行に移そうとすると、ヒカリアン星から正義の光エネルギーで構成されるヒカリアン星人が追って来て、それぞれエネルギー源である電力が容易に採れる新幹線を基とする鉄道車両などの乗物と融合する。自動車・機関車など、エンジンや蒸気機関で電力を発電するキャラクターもいる。超特急ヒカリアン フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た鉄道車両鉄道車両

    日本の大手総合電機メーカーとしては、売上高において日立製作所、パナソニック、東芝に次ぐ業界4位で、家電から重電、人工衛星まであらゆる製品を販売している。FA機器、昇降機(エレベーターなど)、タービン発電機、鉄道車両用電機品、パワー半導体、人工衛星など多くの産業用電気機器で日本国内トップシェアである。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 新日鐵住金

    新日鐵住金から見た鉄道車両鉄道車両

    新日鐵住金は新日本製鐵と住友金属工業の合併によって発足した。新日本製鐵(新日鐵)は、日本製鐵株式會社(日鐵)を前身に持つ鉄鋼メーカーであった。日鐵は1934年に官営八幡製鐵所を中心として複数の製鉄業者が合同して発足し、「日本製鐵株式會社法」で経営が規定される高い公共性を持つ半官半民の国策会社であった。後に日鐵は太平洋戦争後の過度経済力集中排除法により4社に分割される(財閥解体)が、このうち八幡製鐵株式會社と富士製鐵株式會社という鉄鋼メーカー2社が1970年に合併することにより、新日鐵は発足した。発足時は日立製作所を抜いて売上日本最大のメーカーであり、1980年代にトヨタ自動車に抜かれるまで、長年その位置を占め続けた。また、2010年の粗鋼生産量において日本国内では首位、世界では第5位の規模を持っていた。一方の住友金属工業(住金)は、1935年に住友伸銅鋼管と住友製鋼所(旧・住友鋳鋼場)が合併して発足した鉄鋼メーカーであった。住金は関西経済界の重鎮(関西財界御三家)であり、住友グループの要として三井住友銀行、住友化学と共に「住友グループ御三家」と称された。主たる事業は鉄鋼業であり、鋼管、薄板、厚板、建材、鉄道車両品、チタン、条鋼などを生産していた。事業の中でも「パイプの住金」と言われるように、継目無鋼管と呼ばれる原油発掘用の鋼管は世界的にトップシェアを誇っていた。また、2010年の粗鋼生産量において日本国内では第3位、世界では第19位の規模を持つ。新日鐵住金 フレッシュアイペディアより)

1536件中 91 - 100件表示

「新型車両」のニューストピックワード