1536件中 121 - 130件表示
  • ブルックス・ロコモティブ・ワークス

    ブルックス・ロコモティブ・ワークスから見た鉄道車両鉄道車両

    ブルックス・ロコモティブ・ワークス(Brooks Locomotive Works)は、19世紀のアメリカ合衆国ニューヨーク州ダンカークにあった、鉄道車両製造会社である。アメリカン・ロコモティブ(アルコ)への統合を経て、1869年から1934年までの間に多数の蒸気機関車や貨車を製造した。ブルックス・ロコモティブ・ワークス フレッシュアイペディアより)

  • ロールボック

    ロールボックから見た鉄道車両鉄道車両

    ロールボック()は、鉄道において異なる軌間の路線へ貨車を直通できるように、2軸の台車のような車両に他の貨車を搭載する仕組みである。ドイツ南部ではロールシェメル (Rollschemel) とも呼ばれるが、この言葉はスイスではロールワーゲンを意味する。ロールボック フレッシュアイペディアより)

  • 習熟運転

    習熟運転から見た鉄道車両鉄道車両

    習熟運転(しゅうじゅくうんてん)とは、鉄道の運転士が車両や路線に慣れるために行う運転のことであり、試運転の一種ともされる。訓練運転とも言う。習熟運転 フレッシュアイペディアより)

  • 中国国鉄DJF1型電車

    中国国鉄DJF1型電車から見た鉄道車両鉄道車両

    中国国鉄DJF型電車(中原之星)(ちゅうごくこくてつDJFがたでんしゃ(ちゅうげんのほし))とは中華人民共和国で開発された中華人民共和国鉄道部(中国国鉄)の交流専用の準高速鉄道車両である。株洲電力機車及び四方機車車両で生産された、中国では数少ない動力分散方式の鉄道車両となっている。2001年9月21日に出場し、主制御装置にはIGBTを用いられ、京広線の北京・長沙市間で運用されていた。中国国鉄DJF1型電車 フレッシュアイペディアより)

  • ホイットコム・ロコモティブ・ワークス

    ホイットコム・ロコモティブ・ワークスから見た鉄道車両鉄道車両

    ホイットコム・ロコモティブ・ワークス(Whitcomb Locomotive Works )は、ジョージ・デクスター・ホイットコム(George Dexter Whitcomb 、1834-1914年)によって、1878年にアメリカ合衆国イリノイ州シカゴに設立された鉄道車両製造メーカーである。ホイットコム・ロコモティブ・ワークス フレッシュアイペディアより)

  • 型式学的研究法

    型式学的研究法から見た鉄道車両鉄道車両

    モンテリウスは、産業革命を経て技術革新の著しい19世紀後半のヨーロッパにあっても、上述の諸条件からの制約が確認できるとして、鉄道客車の形態の例をあげている。1825年に開業した、蒸気機関による世界最初の公共鉄道であるストックトン・アンド・ダーリントン鉄道で用いられた客車は、屋根には荷物台が、車両の前後には御者と従者の乗る台があり、中央側面にドアがついて、窓は車体の輪郭とパラレルな曲線をもつなど、鉄道客車に先行する駅馬車のスタイルにきわめてよく似た形態をもっていた(【図B】参照)。蒸気機関車は従来の輸送機関に比較してはるかに高速で大量の移動が可能なため、きわめて早い段階において、1つの台車のうえに複数の個室をのせた客車が登場するが、それでも、その初期においては、客車胴部がふくらむ傾向がみられ、屋根の上に貨物台が残るなど前代の馬車鉄道の諸要素を引きついでいる。つまり、鉄道車両といった近代産業の産物でさえ、意外にも過去の規制が強くはたらいていることが認められるのである(【図A】参照)。モンテリウスは、いわば進化論における生物の痕跡器官に相当するものが、技術史においても確認できるとして、技術が未開発で選択の範囲の少なかった時代にあってはいっそう前代からの影響が強くのこったであろうと考え、年代変化の系統的把握の可能性を唱えたのである。型式学的研究法 フレッシュアイペディアより)

  • 石油製品

    石油製品から見た鉄道車両鉄道車両

    精油所は様々な原料油を混合し、適切な添加剤を混ぜ、短期間貯蔵庫を提供しトラック、艀、生産物船、そしておそらく鉄道車両にばら荷で積載するために製造する。石油製品 フレッシュアイペディアより)

  • サンバイザー

    サンバイザーから見た鉄道車両鉄道車両

    大型バスや鉄道車両では、濃色の透明アクリル板を使う例も多い。なお、トラックやライトバンの廉価グレードでは、助手席サンバイザーを標準装備しないものがある。サンバイザー フレッシュアイペディアより)

  • ドラムスイッチ

    ドラムスイッチから見た鉄道車両鉄道車両

    電車など、鉄道車両の前後進を決定するスイッチに使われているため、鉄道の現場では、前後進切り替えスイッチのことをドラムスイッチと呼ぶことが多い。ドラムスイッチ フレッシュアイペディアより)

  • 箱根登山鉄道ケ100・ケ200形客車

    箱根登山鉄道ケ100・ケ200形客車から見た鉄道車両鉄道車両

    箱根登山鉄道ケ100形・ケ200形客車(はこねとざんてつどうケ100がた・ケ200がたきゃくしゃ)は、箱根登山鉄道が同社鋼索線用に1995年に投入したケーブルカー車両箱根登山鉄道ケ100・ケ200形客車 フレッシュアイペディアより)

1536件中 121 - 130件表示

「新型車両」のニューストピックワード