1355件中 131 - 140件表示
  • 鉄道趣味顕賞

    鉄道趣味顕賞から見た鉄道車両鉄道車両

    鉄道趣味顕賞は鉄道趣味に対して功績を残した鉄道車両や団体、人物に対して授与することを目的とし、1984年9月22日に制定された。鉄道趣味顕賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第19回ブルーリボン賞 (鉄道)

    第19回ブルーリボン賞 (鉄道)から見た鉄道車両鉄道車両

    日本国内で使用する鉄道・軌道車両のうち、1975年1月1日から12月31日までの間に日本国内で営業運転に就いた新形式車両またはそれとみなせる車両で、候補車両決定の時点で現に営業をしていることを概ねの要件とする選定候補車両23車種のなかから、ブルーリボン賞1形式、ローレル賞3形式が選定された。第19回ブルーリボン賞 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 第36回ブルーリボン賞 (鉄道)

    第36回ブルーリボン賞 (鉄道)から見た鉄道車両鉄道車両

    日本国内で使用する鉄道・軌道車両のうち、1992年1月1日から12月31日に日本国内で営業運転に就いた新形式車両またはそれとみなせる車両で、候補車両決定の時点で現に営業をしていることを概ねの要件とする選定候補車両32車種のなかから、ブルーリボン賞1形式、ローレル賞2形式が選定された。第36回ブルーリボン賞 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 深川造船所

    深川造船所から見た鉄道車両鉄道車両

    深川造船所(ふかがわぞうせんじょ)はかつて福岡県に工場を所有していた船舶・鉄道車両・機械メーカー。明治時代に勃興し、大正時代に佐賀県において全盛期を迎えた地方財閥の一つである深川家によって創設され、同家の没落と共にその役割を終えた。深川造船所 フレッシュアイペディアより)

  • 検重車

    検重車から見た鉄道車両鉄道車両

    検重車(けんじゅうしゃ)は、鉄道車両の一種で、検重線に設置されている鉄道車両の重量を測定するための「はかり」を較正するための車両である。検重車 フレッシュアイペディアより)

  • ソコル (列車)

    ソコル (列車)から見た鉄道車両鉄道車両

    ソコル(ロシア語:'''ソーカル)は、ロシア鉄道の高速列車である。列車名の「ソコル」はロシア語で「鷹」のこと。ロシア連邦製の高速鉄道車両「ソコル」型電車(エリェクトラポーイェスト・ヴェーエースエーム250ソーカル;ラテン文字転写の例:')を使用する。以下、車両名については便宜的にラテン文字表記のVSM250型を用いる。ソコル (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 車両洗浄装置 (鉄道)

    車両洗浄装置 (鉄道)から見た鉄道車両鉄道車両

    鉄道における車両洗浄装置(しゃりょうせんじょうそうち)は、鉄道の車両基地に存在し、鉄道車両を洗浄する装置(洗車装置)である。車両洗浄装置 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 電空協調制御

    電空協調制御から見た鉄道車両鉄道車両

    電空協調制御(でんくうきょうちょうせいぎょ)は、電空協和制御(でんくうきょうわせいぎょ)や電空ブレンディングブレーキ制御とも言い、鉄道車両において電気ブレーキと空気ブレーキを同時または切り替えてバランスよく使用し双方の短所を補うブレーキ制御方式である。電空協調制御 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道公園

    鉄道公園から見た鉄道車両鉄道車両

    鉄道事業者が整備している鉄道公園は上記と性格が異なり、過去において使われた歴史的価値のある鉄道車両・鉄道施設などを保存・展示公開し、公園としての形態をなす形で整備している施設のことである。代表的な施設としては青梅鉄道公園や秩父鉄道車両公園などがある。鉄道公園 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史 (昭和後半)

    日本の鉄道史 (昭和後半)から見た無煙化鉄道車両

    そこで国鉄では、1975年までに蒸気機関車を廃止して他の動力に切り替える方針(動力近代化計画)を立て、これを「無煙化」と呼んだ。当時主要幹線は順次電化される予定であったが、亜幹線以下の路線の電化はコスト的に見合わないことから、無煙化の手段としてディーゼルカーとディーゼル機関車の導入が検討された。ローカル線用の気動車は戦前に少数の単機運転用ガソリンカーが製造されたが、戦争中の石油事情の悪化により使われなくなっていた。戦後再度使われ始めたが、減速機は歯車を運転士が手動で切り替える方式であった。この方式は2両以上を連結して運転する場合、各車に運転士を配置し汽笛等で合図しながら歯車を切り替える必要があり不便であった。複数の動力車をひとりの運転士で運転できる(総括制御)方式として、ディーゼルエンジンで発電機を回してモーター動力によって走行する電気式と、トルクコンバーター(液体変速機)で減速する液体式が比較検討され、コストや整備性の面で優れた液体式ディーゼルカーを採用することになった。実用化の第1号は1953年から製造されたローカル線用のキハ45000型(後のキハ17形)で、引き続き1956年に日光線の準急用としてキハ55系が作られた。液体式はその後日本のディーゼルカーの駆動方式として定着した。日本の鉄道史 (昭和後半) フレッシュアイペディアより)

1355件中 131 - 140件表示

「新型車両」のニューストピックワード