1355件中 11 - 20件表示
  • 台枠

    台枠から見た鉄道車両鉄道車両

    車両の台枠(車両台枠)のうち、自動車の場合は車台あるいはシャーシと呼ぶ。乗用車のような比較的小型の車両は車体全体で強度を支えるモノコックボディを採用することが一般的であり、貨物自動車などの大型車に見られる梁状の車台を持つことは少ない。近年の鉄道車両においても、機関車、貨車といった重い車両は台枠構造を採用するが、客車、電車、気動車は線路の傷みを軽減し、輸送エネルギーを低減するため軽量化が必要であり、箱型車体全体で強度を保つ構造(準張殻構造)が採用される。その場合でも最も重量が加わり、連結器を介して力を伝える必要のある底部には、やはり機械的に堅固な構造を配置することが一般的であり、これらも台枠と呼ばれる。台枠 フレッシュアイペディアより)

  • ランボード

    ランボードから見た鉄道車両鉄道車両

    鉄道車両において点検作業者が蒸気機関車のボイラー脇や電車などの屋根上を歩くために設けられた「歩み板」である。ランボード フレッシュアイペディアより)

  • 削り出し

    削り出しから見た鉄道車両鉄道車両

    こういった流れの中では、工作ビットを交換しながら一連の作業を行う一種のロボットのように高度化された工作機械も開発される一方、より大きな素材から加工物を生産できるものも登場、後述するように立体的な造形物を加工できるようになり、大きなものでは鉄道車両の車体(一部)や大型船舶のスクリューのようなものまで扱える設備も利用されている。削り出し フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道運行計画

    鉄道運行計画から見た鉄道車両鉄道車両

    自動車と異なり、公共交通機関では通常あらかじめ運行計画が定められている。これはバスや航空機、船などでも同様であるが、鉄道では車両の移動が線路で規定される1次元方向に限られる点が異なる。運転士の制御で進路を変更できないため、他の列車との競合を回避して円滑な運行を実現するためにはより綿密な運行計画が必要とされる。鉄道運行計画 フレッシュアイペディアより)

  • 旋回窓

    旋回窓から見た鉄道車両鉄道車両

    旋回窓(せんかいまど)は、船舶や鉄道車両などのフロントウインドシールド(主に操縦席前面窓)の表面に付着した水滴や雪などを振り飛ばし、乗員の視界を確保するための装置。旋回窓 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄DT17形台車

    国鉄DT17形台車から見た鉄道車両鉄道車両

    国鉄DT17形台車(こくてつDT17がただいしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が開発した鉄道車両(電車)用台車の一形式である。国鉄DT17形台車 フレッシュアイペディアより)

  • リターダ

    リターダから見た鉄道車両鉄道車両

    自動車や鉄道車両の補助ブレーキの一種。本稿にて述べる。リターダ フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄DC11形ディーゼル機関車

    国鉄DC11形ディーゼル機関車から見た鉄道車両鉄道車両

    ただしその機関はDC10形のそれと同様、徹底的な分解調査の上で新潟鐵工所や神戸製鋼所などの日本国内の有力内燃機関メーカー各社の技術者に公開され、その後の日本の鉄道車両や船舶用ディーゼル機関の開発に大きな影響を与えた。国鉄DC11形ディーゼル機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ワイパー

    ワイパーから見た鉄道車両鉄道車両

    ワイパー (Wiper) とは、自動車や鉄道車両、船舶や航空機等の乗り物のガラス外側表面に付着した雨滴・雪を払拭することで、視界を確保する装置。液体を吹き付けて砂埃を除去することもできる。ワイパー フレッシュアイペディアより)

  • バックミラー

    バックミラーから見た鉄道車両鉄道車両

    自動車や鉄道車両など以外では、情報漏洩を防ぐためにパソコンや金融機関のATMに装着するものもあり、後方からモニターを覗く存在の確認に用いる。バックミラー フレッシュアイペディアより)

1355件中 11 - 20件表示

「新型車両」のニューストピックワード