1536件中 41 - 50件表示
  • 日産ディーゼル・P系エンジン

    日産ディーゼル・P系エンジンから見た鉄道車両鉄道車両

    日産ディーゼル・P系エンジン(にっさんディーゼル・ピーけいエンジン)とは、日産ディーゼル工業(現・UDトラックス)が1960年代後半 - 2005年にかけて生産していたディーゼルエンジンである。大型トラック・バス、鉄道車両に搭載され、またコジェネレーションなど産業用エンジンとしても幅広く採用されていた。日産ディーゼル・P系エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄キハ44500形気動車

    国鉄キハ44500形気動車から見た鉄道車両鉄道車両

    流体クラッチは鉄道車両にも使用可能な技術であり、1920年代以降にドイツで研究が始められた。流体クラッチ単体の場合、そのまま変速機の代用とするには出力損失が大きく、かなりの部分がフルードの熱に変換されて損失となる。このため、入力した駆動力全てを出力として取り出せず、トータルの伝達効率は80%台に過ぎない。国鉄キハ44500形気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道の最高速度

    鉄道の最高速度から見た鉄道車両鉄道車両

    ここでは日本の鉄道において、監督省庁の認可および設備・車両設計上の環境の下で、鉄道車両などが出すことのできる最高の速度について説明する。鉄道の最高速度 フレッシュアイペディアより)

  • 幌

    から見た鉄道車両鉄道車両

    幌(ほろ)は、風雨や砂ぼこりなどを防ぐために車両などに取り付ける覆い。トラック、オープンカー、鉄道車両、乳母車、馬車などに用いられ、これを取り付けた馬車は幌馬車と呼ばれる。 フレッシュアイペディアより)

  • 集電装置

    集電装置から見た鉄道車両鉄道車両

    集電装置(しゅうでんそうち)とは、鉄道車両やトロリーバスが電気を得るための装置をいう。集電器(しゅうでんき)とも呼ばれ、代表例としてパンタグラフが挙げられる。集電装置 フレッシュアイペディアより)

  • 梯子

    梯子から見た鉄道車両鉄道車両

    梯子(はしご、ていし)とは、昇降のための道具。はしごに「梯」や「階子」の字をあてることもある。壁の表面などに立てかけて使う固い材質(木・竹・金属など)でできたものと、頂上から吊るして使う縄などでできたものがある。固い材質の梯子は移動して用いられることが多いが、建物の壁に永久的に固定されているものもある。鉄道車両においては緊急時に車両から脱出する場合に使用する。梯子 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見た鉄道車両鉄道車両

    扇風機は家屋や店、鉄道車両内などで広く利用され、夏の風物詩のひとつともなった。詩歌で「扇風機」は夏を示す季語である。夏目漱石の日記でも「扇風機が頭の上で鳴る」などと書かれている。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • 空気ブレーキ

    空気ブレーキから見た鉄道車両鉄道車両

    油圧を用いたブレーキに比べ大きな制動力が期待できるため、鉄道車両や中型・大型のトラックやバスのブレーキに使用される。ブレーキを解除すると溜まっていたエアーが抜けるのでプシュッというエアー音がする。トラックやバスなどから発せられるプシュッという音はこのためである。空気ブレーキ フレッシュアイペディアより)

  • 郵便車

    郵便車から見た鉄道車両鉄道車両

    郵便車(ゆうびんしゃ)とは、郵便物を運送するために郵便事業者や輸送受託者が保有し使用する車両。鉄道車両としての郵便車と、自動車としての郵便車がある。郵便車 フレッシュアイペディアより)

  • マスター・コントローラー

    マスター・コントローラーから見た鉄道車両鉄道車両

    マスター・コントローラー(Master controller,「マスコン」と略される)は、鉄道車両の出力・速度を遠隔制御するスイッチ装置であり、一般に鉄道車両の運転台に設置される。日本語では「主幹制御器」と翻訳される。マスター・コントローラー フレッシュアイペディアより)

1536件中 41 - 50件表示

「新型車両」のニューストピックワード