82件中 21 - 30件表示
  • 田上秀則

    田上秀則から見た新垣渚新垣渚

    敷津浦小学校時代に野球を始め、住之江中学校進学後は黒田一博が監督を務めていたボーイズリーグ・オール住之江に入団。大阪産業大学附属高校を経て入学した九州共立大学では、山村路直・新垣渚ら大学球界を代表する投手の球を受けてきた。大学2年時には明治神宮野球大会で優勝。打者としても大学最後のシーズンでリーグ新となる9本塁打を記録した。福岡六大学リーグ通算77試合出場、270打数97安打、打率.359、11本塁打、69打点。最優秀選手1回、ベストナイン3回受賞した。その年のドラフト会議にて中日ドラゴンズから3巡目指名を受けて入団。背番号9を与えられ、大型捕手と期待された。田上秀則 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た新垣渚新垣渚

    7月17日 - ソフトバンクの新垣渚が対日本ハム戦(札幌ドーム)で4回2死ニ、三塁で小谷野栄一を三振としたものの、ワンバウンドして振り逃げ暴投となり、NPB新記録のシーズン21暴投。なお7回にも小谷野の打席でこの日2個目の暴投で22暴投とした2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • HAWKS55年会

    HAWKS55年会から見た新垣渚新垣渚

    新垣渚(1980年5月9日生まれ、元東京ヤクルトスワローズ)HAWKS55年会 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た新垣渚新垣渚

    11月20日14時より新高輪プリンスホテルで行われ、78選手の交渉権が確定した。いわゆる「松坂世代」の大学生が卒業する年度ということもあって有力選手が多く、投手は和田毅、新垣渚、木佐貫洋、永川勝浩など、野手は後藤武敏、村田修一などが上位指名を受けた。2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 小田智之

    小田智之から見た新垣渚新垣渚

    初盗塁:2004年4月25日、対福岡ダイエーホークス6回戦(札幌ドーム)、7回裏に二盗(投手:新垣渚、捕手:城島健司)小田智之 フレッシュアイペディアより)

  • 田之上慶三郎

    田之上慶三郎から見た新垣渚新垣渚

    しかし翌年以降は斉藤和巳、杉内俊哉、和田毅、新垣渚の台頭により登板機会が減り低迷した。は故障のため一軍登板ゼロに終わった。チーム名が「福岡ソフトバンクホークス」に変更されたの交流戦中に一軍に復帰、6月5日の巨人戦に先発し好投、実に991日ぶりの先発勝利を挙げた。その後も谷間の先発として9試合に登板し、3勝3敗の成績を残した。も開幕は二軍で迎えたが、6月4日の阪神タイガース戦で初登板。326日ぶりの先発勝利を挙げた。田之上慶三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 西山道隆

    西山道隆から見た新垣渚新垣渚

    5月23日、西山と同じ育成ドラフトで1位指名されソフトバンクに入団した小斉祐輔と共に支配下選手契約を交わし、12球団の育成選手の中では第1号の支配下選手となる。そのわずか3日後の5月26日に育成選手出身者としては初の一軍出場選手登録をされ、2日後の5月28日の対中日戦で1軍初登板を果たす。1イニングに3失点(自責点1)という内容だった。5月30日の横浜戦では、1死一・三塁から3ゴロ適時野選で出塁した新垣渚が右太ももを痛めたため急遽代走で出場。投手が代走出場するのは2003年の真田裕貴以来のことであった。その後柴原洋の適時打で生還し、プロ初得点を挙げた。6月1日の対横浜戦にプロ初先発をしたが、3回途中3失点で降板。このシーズンはその後1軍登板の機会はなかった。西山道隆 フレッシュアイペディアより)

  • 小川一夫

    小川一夫から見た新垣渚新垣渚

    引退後は二軍コーチ、スカウトを歴任。近年ではホークスのスカウト部長として杉内俊哉、和田毅、新垣渚、馬原孝浩といった2000年代ホークス投手陣の中心となった選手を獲得している。小川一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 塀内久雄

    塀内久雄から見た新垣渚新垣渚

    初盗塁:2006年8月29日、対福岡ソフトバンクホークス17回戦(千葉マリンスタジアム)、9回裏に二盗(投手:新垣渚、捕手:山崎勝己)塀内久雄 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見た新垣渚新垣渚

    第1ステージ第3戦から中2日おいて迎えた。ダイエー・新垣渚、西武・石井貴の先発で始まったが序盤からダイエー打線が石井に襲い掛かり、1回裏に2点を先制、3回裏に城島健司のソロ本塁打で1点を追加、5回にも2点を追加し石井をKOした。ダイエーはその後も井口資仁、松中信彦、ズレータの本塁打などで4点を追加した。西武も9回にカブレラの二点本塁打で反撃したが結局9-3でダイエーが初戦をものにした。2004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

82件中 21 - 30件表示

「新垣渚」のニューストピックワード