82件中 41 - 50件表示
  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た新垣渚新垣渚

    投手:00吉川輝昭、14馬原孝浩、17大場翔太、18新垣渚、19森福允彦、21和田毅、25ブライアン・ファルケンボーグ、28大隣憲司、34山田大樹、40藤岡好明、41岩嵜翔、47杉内俊哉、50攝津正、51金澤健人、54D.J.ホールトン、63藤田宗一、91陽耀勲、93ヤンシー・ブラゾバン2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 吉本亮 (内野手)

    吉本亮 (内野手)から見た新垣渚新垣渚

    1998年のドラフト会議において福岡ダイエーホークス(当時)に1位指名され入団(第3回AAAアジア野球選手権大会日本代表新垣渚の外れ1位)。吉本亮 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 早川大輔

    早川大輔から見た新垣渚新垣渚

    5月5日のオリックス戦、6回表ノーアウト一塁、カウント1ストライク0ボールの場面で、一塁ランナー西岡剛が盗塁した際に捕手日高剛へ向けてバットを投げる。試合は一時中断したが球審柿木園悟の判定はファウルチップで試合再開、西岡の盗塁も認められた。スローで見ても捕球後のタイミングでバットを投げている行為である。7月3日の楽天戦の9回の打席で、ヒットエンドランの際に投球はピッチドアウトで大きく外れていたにも関わらず、嶋基宏捕手が二塁へ送球するタイミングでバットを放り投げた(捕手がうまくかわし、二塁へ送球したため結果は盗塁死となった)。8月14日のソフトバンク戦(千葉マリンスタジアム)では、新垣渚からプロ入り初の満塁本塁打を放った。9月10日のオリックス戦(京セラドーム大阪)でも、本柳和也から満塁本塁打を放っている。同年は前年に比べて打率を落とし、規定打席にはあと一歩及ばなかったが、133試合に出場し前年を上回る18盗塁をマークした。早川大輔 フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・ナニータ

    リカルド・ナニータから見た新垣渚新垣渚

    初打点:2015年4月9日、対東京ヤクルトスワローズ3回戦(明治神宮野球場)、5回表に新垣渚から右前適時打リカルド・ナニータ フレッシュアイペディアより)

  • 夢空間スポーツ

    夢空間スポーツから見た新垣渚新垣渚

    毅と渚の一週間(和田毅と新垣渚の近況を伝えるコーナー)……2003年のみ夢空間スポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た新垣渚新垣渚

    1000三振:2006年8月1日、対福岡ソフトバンクホークス11回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、3回表に新垣渚から ※史上39人目山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山中浩史

    山中浩史から見た新垣渚新垣渚

    2014年7月20日に、川島慶三・日高亮との交換トレードで、新垣渚と共にヤクルトへ移籍した。背番号は68で、移籍発表の5日後(7月25日)には、対横浜DeNAベイスターズ戦(明治神宮野球場)8回表無死から、4番手投手として移籍後初めての一軍公式戦登板を果たした。その後も7試合に登板したが、勝敗とも付かず、通算投球回数10回2/3で4本塁打を浴びた。山中浩史 フレッシュアイペディアより)

  • 武田翔太

    武田翔太から見た新垣渚新垣渚

    ''、ウエスタン・リーグで6月10日からの先発登板3試合15イニングで自責3、防御率1.80と好投し、一軍では5勝の新垣渚が7月1日に抹消される台所事情により、7月7日に一軍へ昇格。同日札幌ドームで行われた対北海道日本ハムファイターズ戦でプロ初登板初先発を果たし、初回に柳田悠岐のレフト前タイムリーヒットで先制点を貰うと6回を投げ1安打1四球1死球4奪三振と好投しプロ初勝利を挙げた。球団の高卒新人の初登板初勝利は、井上祐二以来31年ぶりの快挙、高卒ルーキーの初登板初勝利は2年ぶり17人目となる。続く7月14日の対千葉ロッテマリーンズ戦でも先発、5回に本多雄一の走者一掃先制三塁打で3点の援護を貰うと6回を投げ4安打2四球8奪三振無失点と好投し2連勝、本拠地福岡Yahoo!JAPANドームでの初白星を手にした。なお高卒初登板からの2連勝は球団史上初の記録である。7月19日のフレッシュオールスターゲームにも6回2点リードから5番手として登板し、6者連続の凡退に抑えて、同試合の優秀選手賞を受賞した。8月4日の対埼玉西武ライオンズ戦では初の二桁三振(10奪三振)を記録して3勝目となった。8月19日の対オリックス・バファローズ戦で5回2失点の好投で4勝目を挙げた。高卒ルーキーのデビューから先発で無傷の4連勝はの堀内恒夫以来46年ぶりの快挙となった。8月20日に疲労回復のため出場選手登録を抹消。9月2日に一軍へ戻ると、同日の対日本ハム戦に先発し、4回に中田翔にプロ初被本塁打となるツーランホームランを打たれるなど6回を投げ5安打2四球8奪三振2失点でプロ初黒星、本拠地初黒星となった。9月25日には対オリックス戦にて111球、4安打1四球とプロ初完封、完投勝利で7勝目を飾った。10月3日の対日本ハム戦では4試合連続勝利を記録した。最終的に、同年は8勝1敗、防御率1.07の成績を残した。新人王は得票数2位で受賞できなかったが、優秀新人賞として特別表彰された。クライマックスシリーズファーストステージは10月14日第2戦で吉川光夫以来5年ぶり6人目となる高卒新人によるポストシーズン先発を果たしたが、3回に捕まり2点ビハインド一死満塁で降板、2回1/3を投げ5失点(自責4)でポストシーズン初黒星となった。。オフの12月3日に初の契約更改交渉に臨み1,200万円増の年俸2.000万円(金額は推定)で契約した。2002年の寺原隼人の2倍を上回る高卒新人最高となる150%のアップ率だった。武田翔太 フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た新垣渚新垣渚

    ダイエーへの譲渡(福岡移転)以降では景浦とAK砲と呼ばれた秋山幸二(後に監督)、のちには巨人の投手として日本シリーズで対戦することにもなる工藤公康、石毛宏典ら西武からの移籍組(秋山、工藤と石毛は西武時代にも、工藤はダイエーからの移籍後も、石毛はオリックス監督就任後もよく登場)やオールスターで息子の景虎とバッテリーを組んだこともある城島健司、三冠王をとることになる松中信彦、俊足巧打の外野手・柴原洋、大型内野手・川崎宗則や井口資仁ら野手陣や、新垣渚(景浦の娘・夏子に好意を持つ描写もあった)、和田毅(代走に出たこともある)、馬原孝浩ら投手陣の活躍が目立った。小久保裕紀は景浦と本塁打王を争うことのできた希有なバッターの一人である。また、下柳剛の登場も多く、登場人物の恋の相手としてフィーチャーされるなどの扱いも受けた。下柳は他球団への移籍後もよく登場しており、特に阪神時代は景虎のチームメイトにもなっている。この下柳のほか、吉田豊彦も景浦父子双方のチームメイトだった(父とは南海・ダイエーで、子とは近鉄で)ことがある。あぶさん フレッシュアイペディアより)

  • 大島裕行

    大島裕行から見た新垣渚新垣渚

    埼玉栄高校時代から注目を集めていた長打力が持ち味。1998年第80回全国高等学校野球選手権大会に出場、1回戦沖縄水産高戦で新垣渚投手から逆転本塁打を放つ(2回戦敗退)。彼は2年生だったがこの活躍で一躍注目される存在となる。直後の第3回AAAアジア野球選手権大会日本代表にも選出された。3年時は鳥谷敬のいる聖望学園に敗れて甲子園出場はならなかった。大島裕行 フレッシュアイペディアより)

82件中 41 - 50件表示

「新垣渚」のニューストピックワード