78件中 51 - 60件表示
  • 黄金世代

    黄金世代から見た新垣渚新垣渚

    松坂世代 - 松坂大輔、和田毅、藤川球児、杉内俊哉、村田修一、新垣渚、森本稀哲ら1980年4月2日から1981年4月1日までに生まれた選手黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た新垣渚新垣渚

    全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た新垣渚新垣渚

    ソフトバンク・新垣渚投手が西武ドームで行われた対西武第18回戦に先発したが、4回裏にプロ野球タイ記録となる1イニング3暴投を記録するなど、計5暴投を記録しプロ野球ワースト記録を更新。またチームとしても1試合5暴投はプロ野球タイ記録。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た新垣渚新垣渚

    ダイエーへの譲渡(福岡移転)以降では景浦とAK砲と呼ばれた秋山幸二(後に監督)、のちには巨人の投手として日本シリーズで対戦することにもなる工藤公康、石毛宏典ら西武からの移籍組(秋山、工藤と石毛は西武時代にも、工藤はダイエーからの移籍後も、石毛はオリックス監督就任後もよく登場)やオールスターで息子の景虎とバッテリーを組んだこともある城島健司、三冠王をとることになる松中信彦、俊足巧打の外野手・柴原洋、大型内野手・川崎宗則や井口資仁ら野手陣や、新垣渚(景浦の娘・夏子に好意を持つ描写もあった)、和田毅(代走に出たこともある)、馬原孝浩ら投手陣の活躍が目立った。小久保裕紀は景浦と本塁打王を争うことのできた希有なバッターの一人である。また、下柳剛の登場も多く、登場人物の恋の相手としてフィーチャーされるなどの扱いも受けた。下柳は他球団への移籍後もよく登場しており、特に阪神時代は景虎のチームメイトにもなっている。この下柳のほか、吉田豊彦も景浦父子双方のチームメイトだった(父とは南海・ダイエーで、子とは大阪近鉄で)ことがある。あぶさん フレッシュアイペディアより)

  • 関口宏の東京フレンドパークII

    関口宏の東京フレンドパークIIから見た新垣渚新垣渚

    2003年12月29日 - 福岡ダイエーホークス(井口、岡本、柴原、斉藤和、和田、川?、新垣、田口・9枚)関口宏の東京フレンドパークII フレッシュアイペディアより)

  • 翁長吾央

    翁長吾央から見た新垣渚新垣渚

    高校入学と同時にボクシング開始、(新垣渚も進学希望していた興南高校で長年指導している)金城真吉監督の英才教育で、1998年インターハイフライ級優勝(決勝の相手は矢代義光)。かながわ・ゆめ国体少年フライ級、選抜も制し高校3冠を達成した。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスでの世界ユース選手権ではベスト8(プエルトリコライトウェルター級代表ミゲール・コットとエールを交換した)。翁長吾央 フレッシュアイペディアより)

  • 小山良男

    小山良男から見た新垣渚新垣渚

    平間中学校では中本牧リトルシニアに所属(後に中日に入団する小池正晃も所属していた)し、1995年全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップで優勝。シニア日本代表に選抜される。横浜高校では上地雄輔に代わり正捕手となり、3年時は渡辺元智監督に任命された主将として松坂大輔とバッテリーを組み、の明治神宮野球大会やの甲子園春夏連覇及びかながわ・ゆめ国体優勝を果たした。横浜高校の同級生には他に小池や後藤武敏がいる。中村順司前PL監督が指揮を執る第3回AAAアジア選手権大会日本代表では寺本四郎・杉内俊哉・久保康友・上重聡・新垣渚ら松坂以外の投手からも全幅の信頼を置かれ優勝に貢献。小山良男 フレッシュアイペディアより)

  • 吉本亮 (内野手)

    吉本亮 (内野手)から見た新垣渚新垣渚

    1998年のドラフト会議において福岡ダイエーホークス(当時)に1位指名され入団(中村順司監督率いる第3回AAAアジア野球選手権大会日本代表として共に戦った新垣渚の外れ1位)。吉本亮 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 松坂世代

    松坂世代から見た新垣渚新垣渚

    この言葉で一括りにされることについて当事者となる各選手の受け止め方はまちまちである。拒否した例で有名なものとして、読売ジャイアンツは「我がチームの松坂世代該当選手は80's(エイティーズ)と呼んでください」と発表した。阪神タイガースの久保田智之は「松坂だけでなりたっているみたいじゃないですか。同い年ってだけで繋がりはないし」と、露骨に不快感を示している。福岡ソフトバンクホークスの新垣渚は「いつか新垣世代と言わせてみせる」と発言しており、「松坂世代」とひとくくりにされることを嫌う選手も多数いる。横浜ベイスターズでは、高校時代のチームメイトであった小池正晃の名を冠して「小池世代」と呼ばれることもあった。松坂世代 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一久

    石井一久から見た新垣渚新垣渚

    、4月3日の対読売ジャイアンツ戦(明治神宮野球場)で初の開幕投手を務めるも敗戦投手となる(相手先発は桑田真澄)。しかし、この年は最多奪三振を獲得したほか、シーズン三振奪取率11.047の日本新記録を達成する。一方でシーズン最多暴投の日本記録(当時・現在記録保持者は新垣渚・左投手では現在も記録保持者)を達成してしまう。翌年には初めてオールスターゲームの一員に選ばれ、第3戦に登板して勝利投手になった。石井一久 フレッシュアイペディアより)

78件中 51 - 60件表示

「新垣渚」のニューストピックワード