111件中 61 - 70件表示
  • 新垣渚

    新垣渚から見た1998年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    同年のドラフト会議ではオリックス・ブルーウェーブと福岡ダイエーホークスが1位指名で競合。抽選の結果オリックスが交渉権を獲得したが、新垣は「ホークス以外なら進学」と決めており、新垣の実家を訪れたオリックス編成部長(スカウト)の三輪田勝利を門前払いするなど頑なに入団拒否の姿勢を見せ、交渉は難航した。その後、三輪田が自殺したことなどから大騒動となったが、新垣は入団拒否の姿勢を貫いて九州共立大学へ進学した。ダイエーは外れ1位で前出の日本代表でもチームメイトの吉本亮(九州学院高校)を獲得した。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見た中継ぎ

    ''は新人ながら先発ローテーションに定着し、4試合連続で2桁奪三振を記録するなど7月末までに8勝を挙げるが、8月にくるぶしを痛めて離脱。最終的に18試合で8勝7敗・防御率3.34の成績を残したが規定投球回には到達しなかった。離脱している間にチームは3年ぶりのリーグ優勝を決め阪神タイガースとの日本シリーズでは中継ぎとして復帰。第2戦は13点リードの9回に登板し無失点に抑え勝利に貢献。第4戦の登板では8回から登板し、延長10回も継投したが金本知憲にサヨナラ本塁打を打たれ敗戦投手となった。結局日本シリーズはこの2試合の登板で終わったがチームは4年ぶりの日本一に輝いた。同年オフの契約更改では新人ながら掲示金額を保留したことで話題となった。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見た2006年のパシフィック・リーグプレーオフ

    ''の4月にも月間MVPを受賞し、年を跨いでの2カ月連続受賞を果たした。シーズン通算では自己最多の13勝を挙げて3年連続の2桁勝利を達成するが、同年9月29日に虫垂炎からの急性腸炎により入院、プレーオフ第2ステージではベンチ入りしたが登板機会はなかった。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見たサッカー

    幼稚園時代は『キャプテン翼』の影響でサッカーをしていたが、小学2年生から兄の影響で野球を始めた。当初は同世代より一回り長身である体格を見込まれて捕手を任されていたが、相次ぐ脚の怪我により投手へ転向。小学校時代の交通事故で右足に人工骨を埋める手術を受けて以降、右脚を3回、左脚を1回骨折した。特に那覇市立真和志中学校時代はほぼ3年間金属製のプレートを外せず、まともに走れなかった。そのため中学3年で野球生活を終え兄も在籍した興南高校に進学し、兄が主力選手だった同ボクシング部へ入部する段取りを進めていたが、自身の学年から金城真吉監督率いる同ボクシング部は沖縄尚学高校に移管したためにボクサー転向を断念、沖縄水産高校へ進学して野球を続けた。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見た速球

    長身で投げ下ろすゆったりとしたスリークォーターから投げる平均球速約147km/h、最速156km/h(プロ入り後の最速は155km/h)のストレートとスライダー、フォークを武器とし、通算の奪三振率8.85と奪三振が多い。他にツーシーム・ファストボール、カットボール、カーブも投げ分ける。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見た大阪ドーム

    初登板・初先発登板:2003年3月31日、対大阪近鉄バファローズ1回戦(大阪ドーム)、5回2/3を5失点で敗戦投手新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見た独立リーグ

    ''5月10日の広島東洋カープ戦で通算1000奪三振、同月17日の同カード(マツダ)4回裏1死3塁でNPB史上3人目の通算100暴投を記録。最終成績は6試合の登板で1勝2敗・防御率6.67とまたしても不本意な成績で終わった。10月1日に球団から戦力外通告を受けたが、NPB他球団での現役続行を希望していたため、11月12日には12球団合同トライアウト(甲子園)に参加。シートバッティング形式で対戦した打者3人を、すべて凡退させた。トライアウト後には複数の独立リーグ球団から入団を打診されたが、本来の希望であるNPB他球団から獲得のオファーを受けるまでには至らず、同月末に現役からの引退を決断した。12月2日付で、NPBから自由契約選手として公示。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見たMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島

    ''5月10日の広島東洋カープ戦で通算1000奪三振、同月17日の同カード(マツダ)4回裏1死3塁でNPB史上3人目の通算100暴投を記録。最終成績は6試合の登板で1勝2敗・防御率6.67とまたしても不本意な成績で終わった。10月1日に球団から戦力外通告を受けたが、NPB他球団での現役続行を希望していたため、11月12日には12球団合同トライアウト(甲子園)に参加。シートバッティング形式で対戦した打者3人を、すべて凡退させた。トライアウト後には複数の独立リーグ球団から入団を打診されたが、本来の希望であるNPB他球団から獲得のオファーを受けるまでには至らず、同月末に現役からの引退を決断した。12月2日付で、NPBから自由契約選手として公示。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見たカーブ (球種)

    長身で投げ下ろすゆったりとしたスリークォーターから投げる平均球速約147km/h、最速156km/h(プロ入り後の最速は155km/h)のストレートとスライダー、フォークを武器とし、通算の奪三振率8.85と奪三振が多い。他にツーシーム・ファストボール、カットボール、カーブも投げ分ける。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見た投手

    新垣 渚(あらかき なぎさ、1980年5月9日 - )は、沖縄県那覇市出身の元プロ野球選手(投手)。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

111件中 61 - 70件表示

「新垣渚」のニューストピックワード