86件中 71 - 80件表示
  • 新垣渚

    新垣渚から見た沖縄県立沖縄水産高等学校

    沖縄県立沖縄水産高等学校の主力投手として第70回選抜高等学校野球大会・第80回全国高等学校野球選手権大会出場を果たし、前年明治神宮野球大会決勝で投げ合い敗北した松坂大輔(横浜高等学校)と共に注目を集めた。全国大会史上初の151km/hを記録したが、どちらも初戦敗退。特に夏季大会は大島裕行(埼玉栄高等学校)に逆転本塁打を浴びた。第3回AAAアジア野球選手権大会日本代表にも松坂・大島・吉本亮(九州学院高等学校)・杉内俊哉(鹿児島実業高校)らと共に選出され中村順司監督の期待に応え優勝に貢献。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見たスリークォーター

    長身で投げ下ろすゆったりとしたスリークォーターから投げる平均球速約147km/h、最速156km/h(プロ入り後の最速は155km/h)のストレートとスライダー、フォークを武器とし、通算の奪三振率8.85と奪三振が多い。他にツーシーム・ファストボール、カットボール、カーブも投げ分ける。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見た2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    は先発の軸としてチーム最多の11勝を挙げ、チームのレギュラーシーズン最高勝率に貢献し177奪三振で最多奪三振を獲得し、所属先の指揮官・王貞治監督の推薦で出場したオールスターゲームの長野オリンピックスタジアム第2戦で4番手で登板し2回を無失点2奪三振し2004年のパシフィック・リーグプレーオフ第1戦先発し勝利投手。には10勝で3年連続レギュラーシーズン最高勝率に貢献、には自己最多の13勝を挙げて3年連続の2桁勝利を達成するが、同年9月29日に虫垂炎からの急性腸炎により入院、プレーオフ第2ステージではベンチ入りしたが登板機会はなかった。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見たキャプテン翼

    幼稚園時代はキャプテン翼の影響でサッカーをしていたが、小学2年生から兄の影響で野球を始めた。当初は同世代より一回り長身である体格を見込まれて捕手を任されていたが、相次ぐ脚の怪我により投手へ転向。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見たカーブ (球種)

    長身で投げ下ろすゆったりとしたスリークォーターから投げる平均球速約147km/h、最速156km/h(プロ入り後の最速は155km/h)のストレートとスライダー、フォークを武器とし、通算の奪三振率8.85と奪三振が多い。他にツーシーム・ファストボール、カットボール、カーブも投げ分ける。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見た投手

    新垣 渚(あらかき なぎさ、1980年5月9日 - )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(投手)。「渚」の字は正字体(渚、「日」の右上に点がつく)が正しい。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見た第3回AAAアジア野球選手権大会日本代表

    は沖縄県立沖縄水産高等学校の主力投手として第70回選抜高等学校野球大会・第80回全国高等学校野球選手権大会出場を果たし、前年明治神宮野球大会決勝で投げ合い敗北した松坂大輔(横浜高等学校)と共に注目を集めた。全国大会史上初の151km/hを記録したが、どちらも初戦敗退。特に夏季大会は大島裕行(埼玉栄高等学校)に逆転本塁打を浴びた。第3回AAAアジア野球選手権大会日本代表にも松坂・大島・吉本亮(九州学院高等学校)・杉内俊哉(鹿児島実業高校)らと共に選出され中村順司監督の期待に応え優勝に貢献。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見た北九州市民球場

    7月11日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(北九州市民球場)で、1998年に石井一久が記録したプロ野球記録の20暴投に並ぶ。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見た2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    九州共立大学では1年生の1999年に明治神宮野球大会で優勝するなど、大学球界を代表する右腕として活躍。のドラフト会議において、福岡ダイエーホークスに自由獲得枠で入団した。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見た長野オリンピックスタジアム

    は先発の軸としてチーム最多の11勝を挙げ、チームのレギュラーシーズン最高勝率に貢献し177奪三振で最多奪三振を獲得し、所属先の指揮官・王貞治監督の推薦で出場したオールスターゲームの長野オリンピックスタジアム第2戦で4番手で登板し2回を無失点2奪三振し2004年のパシフィック・リーグプレーオフ第1戦先発し勝利投手。には10勝で3年連続レギュラーシーズン最高勝率に貢献、には自己最多の13勝を挙げて3年連続の2桁勝利を達成するが、同年9月29日に虫垂炎からの急性腸炎により入院、プレーオフ第2ステージではベンチ入りしたが登板機会はなかった。新垣渚 フレッシュアイペディアより)

86件中 71 - 80件表示

「新垣渚」のニューストピックワード

  • 東京運動記者クラブアマチュア野球分科会

  • これからも勝ち続けて、もっともっと女子野球を発展させていきたい

  • フィギュアGPファイナル