前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示
  • 災害復旧

    災害復旧から見た直轄事業直轄事業

    災害復旧(さいがいふっきゅう)とは、災害復興に関する事業のうち、特にインフラストラクチャー等の復旧事業を指す。狭義には地方公共団体(都道府県・市町村)が公共土木施設災害復旧事業費国庫負担法(負担法)に基づいて施行するもの、あるいは国が直轄事業として施行するものを指すが、広義には農地や農業用施設(水路、ため池、農道など)に対する復旧事業を含めたり、負担法の対象とならない学校・病院など公共性の高い建築物、ならびに鉄道・ガス・上水道など民間企業の所管するライフラインの復旧事業を含むことがある。災害復旧 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田川サイフォン

    吉田川サイフォンから見た直轄事業直轄事業

    そこで1925年(大正14年)から1940年(昭和15年)にかけ、吉田川に堤防を築いて品井沼と分離する改修工事が国の直轄事業として実施された。これに伴い、1932年(昭和7年)から1934年(昭和9年)にかけ、北部から流れる鶴田川をサイフォンで吉田川の下に潜らせ、潜穴への流路である高城川に繋ぐ工事が実施された。吉田川サイフォン フレッシュアイペディアより)

  • 補助事業

    補助事業から見た直轄事業直轄事業

    補助事業(ほじょじぎょう)とは、公共事業にて、一般には国が行う直轄事業に対し地方自治体が行う事業に、国が費用の一部を負担する国庫補助事業をいうが、用法としては地方公共団体・財団・特殊法人などが補助金や事業助成金を行う行為に際しても同様の用語を使用している。補助事業 フレッシュアイペディアより)

  • 八ッ場ダム

    八ッ場ダムから見た直轄事業直轄事業

    2010年12月2日、12月上旬にダム建設事業の資金が枯渇するとこととなり、直轄事業負担金の支払いを保留していた東京都、埼玉県、千葉県、群馬県、茨城県、栃木県の6知事は馬淵澄夫国土交通大臣と会談を持ち、保留を解き支払う意向を示した。ただし、支払いはダム本体の建設が前提であり、万が一、建設されない場合は訴訟を含めて国の責任を追及するとの条件が付けられた。八ッ場ダム フレッシュアイペディアより)

  • 仁坂吉伸

    仁坂吉伸から見た直轄事業直轄事業

    橋下徹大阪府知事(当時)が「ぼったくりバーのようだ」として、国が行う直轄事業に対して都道府県から負担金をとることを批判して廃止を訴えた際に、一方で県事業に対して市町村から負担金をとることは矛盾するとして、2010年度から市町村負担金を原則的に廃止した。仁坂吉伸 フレッシュアイペディアより)

  • 五條新宮道路

    五條新宮道路から見た直轄事業直轄事業

    宇宮原バイパスと宇井バイパスの間の未整備区間(区間長約2.6km)について、奈良県は平成23年台風第12号の影響による道路崩壊の復旧・復興を、国が直轄事業として実施することを要望していた。2012年1月11日に国土交通省の平成24年度新規事業化候補箇所の新規事業採択時評価手続きの対象の一つに挙がったことが公表された。五條新宮道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本海東北自動車道

    日本海東北自動車道から見た直轄事業直轄事業

    荒川胎内IC - 朝日まほろばIC間、あつみ温泉IC - 鶴岡JCT間、本荘IC - 岩城ICは、高速道路会社によらない国と地方自治体の負担による新たな直轄事業である新直轄方式によって建設事業が進められたため、前述区間のうち鶴岡西IC - 鶴岡JCTを除く区間は通行料金が発生せず、無料である。日本海東北自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高速自動車国道

    高速自動車国道から見た直轄事業直轄事業

    なお、新直轄方式の「新」とは従来の直轄事業である高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路(国と県の建設費負担は2対1)に対するものである。高速自動車国道 フレッシュアイペディアより)

  • 新直轄方式

    新直轄方式から見た直轄事業直轄事業

    新直轄方式(しんちょっかつほうしき)は、高速自動車国道の建設において、高速道路会社によらない国と地方自治体の負担による新たな直轄事業のこと。新直轄方式 フレッシュアイペディアより)

  • 地域主権戦略会議

    地域主権戦略会議から見た直轄事業直轄事業

    直轄事業負担金制度の廃止地域主権戦略会議 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示

「新幹線建設の負担金」のニューストピックワード