1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示
  • 北近畿豊岡自動車道

    北近畿豊岡自動車道から見た直轄事業直轄事業

    当自動車道の内、遠阪トンネル有料道路を除く区間は、国が建設し、日本道路公団が料金を徴収する有料道路となる見込みであったが、2004年、日本道路公団が事業に参加せず、国土交通省は直轄事業として開通当初から無料開放する事を決めた。小泉内閣により道路関係四公団の民営化が議論され、不採算の高速道路は建設凍結の方針が打ち出されており、日本道路公団が採算性の低い北近畿豊岡自動車道の請負を拒否したため、結果的に無料化されたと見られている。北近畿豊岡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道開発局

    北海道開発局から見た直轄事業直轄事業

    戦後、地方自治法の制定に合わせて北海道開発法(1950年公布)に基づいて創設された北海道開発庁(現:国土交通省北海道局)が総理府の下に設置され、北海道開発局が、当時の運輸省・農林省・建設省の直轄事業の実施機関として1951年に設置された。その後、中央省庁再編(2001年)に伴い、国土交通省の地方支分部局として位置づけられ、あわせて引き続き農林水産省の直轄事業も実施することとなった。北海道開発局 フレッシュアイペディアより)

  • 米子自動車道

    米子自動車道から見た直轄事業直轄事業

    米子IC/JCT-米子北IC間は、国と地方自治体の負担による新たな直轄事業である「新直轄方式」で計画されており、NEXCO西日本は運営に関わらない。同方式により供用されるため同区間は通行料金が無料となる。米子自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 橋下 徹

    橋下徹から見た直轄事業直轄事業

    国の直轄事業の地元負担分請求について「内訳を開示しない、ぼったくりバーみたいな請求書」と批判し、7億円の直轄負担金カットを表明した。この批判をきっかけにメディアが注目し、国の内訳が公開されると出先機関の庁舎建設費、人件費、退職金などまで地方自治体に負担させていたことが各地で次々と顕在化した。このことを受けて、直轄事業地方負担金を2010年度から原則廃止となった。橋下徹 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取自動車道

    鳥取自動車道から見た直轄事業直轄事業

    当初は有料で計画されていたが、2005年、高速道路会社によらない国と地方自治体の負担による新たな直轄事業である新直轄方式へ変更され、全線通行料金が無料となりインターチェンジ入口には鳥取道(無料区間)と書かれている。通行料金を気にすることなく高速道路を自由に乗り降りすることが出来るが、佐用平福ICより南には出口がなくそのまま有料区間(佐用TB)に行き着いてしまうため、佐用方面へ向かう際には佐用平福ICで降りるよう、注意が必要である。鳥取自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 紀勢自動車道

    紀勢自動車道から見た直轄事業直轄事業

    紀伊長島IC以南は、高速道路会社によらない国と地方自治体の負担による新たな直轄事業である新直轄方式で計画されているため、開通すれば通行料金が無料になる。紀勢自動車道 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示

「新幹線建設の負担金」のニューストピックワード