1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示
  • 道路特定財源制度

    道路特定財源制度から見た直轄事業直轄事業

    暫定税率の廃止による地方自治体の税収減に対しては、地方自治体が支払わされている「国道等の国直轄事業負担金(約6,000億円)」や、道路新規建設補助金自体を廃止することによる「補助金の地方負担(約4,500億円)」の廃止で、ほぼ減収分(約1兆円)の穴埋めができるとしている。国の税収減への対応については、カラオケセットの購入や道路官僚の職場旅行等に代表される無駄な経費や高コスト体質を打破すること等により全体の必要額を抑制した上で、道路の必要性を精査して整備の順序付けをすること等により、大幅に道路建設コストを抑えられるとしている。道路特定財源制度 フレッシュアイペディアより)

  • 高松自動車道

    高松自動車道から見た直轄事業直轄事業

    津田東ICから木田郡三木町・高松市境までの区間は、元々は高速道路(高速自動車国道)ではなく、「国道11号高松東道路」という一般国道のバイパス道路(高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路)として建設された。そのため高松自動車道に編入される前は、高速道路部分との境界には「ここから高速道路」「ここから一般有料道路」の標識が設置されていた。この区間の最高速度は4車線化後も100 km/hにはならず80 km/hに設定される。また、建設費に税金(国2/3、香川県1/3)を充当する国土交通省の直轄事業と、日本道路公団(現西日本高速道路)が負担する有料道路事業が合併施行されているため、前後の高速道路部分とは連続しているにも関わらず(本線中には国道11号の路線番号案内標識や本線料金所なども一切設置されず、キロポストも連続している)開通時から個別採算制が適用されており、高速道路部分と比較して割高な料金体系になっている。高松自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 北近畿豊岡自動車道

    北近畿豊岡自動車道から見た直轄事業直轄事業

    当自動車道の内、遠阪トンネル有料道路を除く区間は、国が建設し、日本道路公団が料金を徴収する有料道路となる見込みであったが、2004年、日本道路公団が事業に参加せず、国土交通省は直轄事業として開通当初から無料開放する事を決めた。小泉内閣により道路関係四公団の民営化が議論され、不採算の高速道路は建設凍結の方針が打ち出されており、日本道路公団が採算性の低い北近畿豊岡自動車道の請負を拒否したため、結果的に無料化されたと見られている。北近畿豊岡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 五條新宮道路

    五條新宮道路から見た直轄事業直轄事業

    宇宮原バイパスと宇井バイパスの間の未整備区間(区間長約2.6km)について、奈良県は平成23年台風第12号の影響による道路崩壊の復旧・復興を、国が直轄事業として実施することを要望していた。2012年1月11日に国土交通省の2012年度新規事業化候補箇所の新規事業採択時評価手続きの対象の一つに挙がったことが公表された。五條新宮道路 フレッシュアイペディアより)

  • 紀勢自動車道

    紀勢自動車道から見た直轄事業直轄事業

    紀伊長島IC以南は、高速道路会社によらない国と地方自治体の負担による新たな直轄事業である新直轄方式で計画されているため、通行料金は無料である。紀勢自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 高速自動車国道

    高速自動車国道から見た直轄事業直轄事業

    なお、新直轄方式の「新」とは従来の直轄事業である高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路(国と県の建設費負担は2対1)に対するものである。高速自動車国道 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示

「新幹線建設の負担金」のニューストピックワード