新幹線N700系 ニュース&Wiki etc.

N700系(エヌ700けい)は、東海旅客鉄道(JR東海)、西日本旅客鉄道(JR西日本)および九州旅客鉄道(JR九州)に在籍する新幹線電車である。東海道・山陽新幹線の第五世代、九州新幹線の第二世代の営業用車両にあたる。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「新幹線N700系電車」のつながり調べ

  • 高速化 (鉄道)

    高速化 (鉄道)から見た新幹線N700系電車

    東海道新幹線は曲線が多いため、空気バネ車体傾斜装置を搭載したN700系を導入し、起動加速度も在来線車両である313系と同等の2.6km/h/s が出せるようにしたため、同じ270km/h でも所要時分を東京?新大阪間で5分短縮させることに成功した。また、設備の改良とブレーキ装置の改良等により2015年3月14日以降は285km/h による運転が行われ、さらに全線の所要時分が一部のぞみで3分短縮、ひかりとこだまの早朝と深夜の一部で1?4分の短縮が行われた。(高速化 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 広島空港

    広島空港から見た新幹線N700系電車

    この間に、山陽新幹線ののぞみの増発や500系・700系・N700系が導入され、広島駅 - 東京駅間では航空機と新幹線は時間距離ではほぼ同等となっており、また、2003年10月の品川駅の開業もあって、利用シェアの航空機対新幹線は62%対38%(2002年度)を航空機ピークとして、55%対45%(2005年)、51%対49%(2007年)、と近年急速に新幹線に回帰され、2008年には新幹線が50%シェアにまで回復した。この後、2009年8月29日にエクスプレス予約のEX-ICサービスが山陽新幹線を含む東海道・山陽新幹線全線でサービスが開始されたことなどもあり、新幹線のシェアはさらに拡大し、2016年度には37.3%対62.7%と、新幹線が6割超を占めている。(広島空港 フレッシュアイペディアより)

「新幹線N700系電車」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「新幹線N700系」のニューストピックワード