174件中 21 - 30件表示
  • つばめ (JR九州)

    つばめ (JR九州)から見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    車両は800系、およびN700系(8両編成)が使用されている。つばめ (JR九州) フレッシュアイペディアより)

  • 日本車輌製造

    日本車輌製造から見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    鉄道車両部門でも原材料の高騰の影響を受け、JR東海・JR西日本の「N700系特需」などにより受注残は過去最高となっているものの採算は低下しており、2008年3月の通期決算でも54億7300万円の当期純損失を計上する結果になった。日本車輌製造 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車から見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    先頭車屋上には、今や新幹線のトレードマークともなった、架線に電気が流れているかどうかを検知する逆L字型で薄い板状の「静電アンテナ」が装備されている。新幹線開業前の試作車1000形のものとは大きく異なっている。設置位置の変化はあるものの、この0系で採用された静電アンテナの形状は、N700系に至るまでほとんど変わっていない。新幹線0系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 車体傾斜式車両

    車体傾斜式車両から見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    台車左右の枕ばねに用いられる空気ばねの伸縮差に依存することと、車体傾斜の回転中心が枕ばねと同じ高さであり車体傾斜時に車両限界を支障しやすいため、日本での営業車両による最大傾斜角は2度程度に抑えられており、試験車両では、在来線で傾斜角5.5度(1970年の小田急のフィードバック制御の試験車両)、新幹線では3度 (300X) を実現している。傾斜角は他の方式に比べると小さい。しかし特別な車体傾斜機構を必要とせず、既存の空気ばね台車を若干設計変更してフィードバック制御またはフィードフォワード制御による制御装置を追加するだけで済むため、低コストである上に傾斜角度2度の場合でも基本速度+25 km/h程度(261系気動車、R600 m以上)で曲線通過速度向上が実現できる。日本での営業車両としては、コストパフォーマンスを重視する私鉄や各JR旅客会社の在来線用新型特急車両などに採用されているほか、新幹線のN700系とE5系、E6系にも採用されている。床面の左右(枕木)方向の移動はなく、垂直方向に発生する荷重変化も少ないため、乗り心地に違和感が無い。車体傾斜式車両 フレッシュアイペディアより)

  • 廃車 (鉄道)

    廃車 (鉄道)から見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    700系などとの車内設備の違い・運用上の制約などの使いにくさの問題で「のぞみ」の運用はN700系に順次置き換えられ、山陽新幹線内の「こだま」用に16両編成から8両編成への編成短縮改造が施工された。その際、編成から外れた中間車は廃車となった。また、唯一16両編成で残されたW1編成は、運用から外れた後、2012年1月31日に中間車6両が廃車され、残りの10両も2014年3月28日に廃車となった。廃車 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 九州旅客鉄道

    九州旅客鉄道から見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    なお、九州新幹線に関しては、部分開業した2004年に運行を開始した「つばめ」に充当された800系に関しては、当初から全面禁煙であった。全線開業に伴い運行を開始したN700系では客室内は全室禁煙で、3・7号車に喫煙ルームが設置され、JR九州管内を運行する列車では2年ぶりに喫煙可能の列車が登場した。九州旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線100系電車

    新幹線100系電車から見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    お召し列車としては1986年(昭和61年)5月以降は100系が使われた。0系と違い、100系に特別な装飾が一切なされないのは運行責任者のJRおよび警備側が無線連絡をとることで通常の列車とお召し列車の区別がつくようになったためである。新型車両として300系や500系、700系が主流となってもすぐには切り替えず、しばらくの間は100系が使われていた。これは、100系にある個室や2階建てグリーン車の方が警備上都合が良い(1階に警備員を配置できるので同じ車両で警備することができる)ためである。100系のグリーン車がすべて消滅し、一時期は700系グリーン車が一般編成に混ざって使用されていた。2010年(平成22年)6月12日からは、N700系のグリーン車が使用され始めた。新幹線100系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道に関する事件

    日本の鉄道に関する事件から見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    午前5時40分頃、東海道新幹線新横浜駅構内で発車準備中の新横浜発広島行ひかり493号(16両編成)の最後尾を登る男性の姿を、同列車の車掌が見かけ非常停止ボタンを押したが、間もなく閃光と衝撃音が聞こえ、発生元に駆け付けたところ、3.8m下の線路に転落した男性を発見し、消火器を用いて消火した。車両上には黒く燃えた跡が残っていた。その後救急車により病院に搬送されたが11月24日に死亡した。この事故により品川駅から小田原駅間で停電が発生し、始発から東海道新幹線上下線の運転を午前7時ごろまで見合わせ、上下線153本に最大86分の遅れが生じ、16万程度に影響が発生した。詳細な事情聴取は行えなかったが、搬送前に当該男性が自殺目的で新幹線の高圧電流架線に触れたことを述べていた。神奈川県警察の捜査の結果、東京都あきる野市在住の25歳男性が午前5時半に改札が開くと同時に入場券で入場し、N700系最後尾車両の運転席のボンネットより車両の屋根に登り、架線に接触したことが判明した。当該男性は、被疑者死亡のまま新幹線特例法違反容疑で書類送検された。日本の鉄道に関する事件 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年代のJRダイヤ改正

    2010年代のJRダイヤ改正から見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    東海道・山陽新幹線では、東海道・山陽間直通の定期「のぞみ」が全列車N700系に統一され、従来の700系は東海道区間の「ひかり」・「こだま」に転用された。「のぞみ」運用から500系が2月28日で運用を離脱し、編成両数が短縮された山陽区間の「こだま」に転用された。これにより、東海道区間の使用車種を300系・700系・N700系に統一された。博多駅発着の「のぞみ」が3本で運転される時間帯を拡大したほか、西明石発の一番列車が朝8時台に東京駅へ到着するように時刻の見直しを行った。山陽区間では「ひかりレールスター」の一部列車を臨時列車に格下げしたほか、「こだま」の削減を行った。2010年代のJRダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • さくら (新幹線)

    さくら (新幹線)から見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    九州新幹線が全線開業することを機に、2008年10月1日から11月30日までJR九州とJR西日本は九州新幹線と山陽新幹線を直通運転する列車名の公募を行った(窓口はJR九州。愛称を採用された人うちひとりに20万円を贈呈)。その結果、新たな列車名は「さくら」とすることが2009年2月26日に発表された。「さくら」の名称は応募総数168,951通のうち最多となる7,927通を獲得し、直通運転用に開発された新車両N700系7000・8000番台のコンセプトである「日本の美しさ」に合致することからも選ばれた。さくら (新幹線) フレッシュアイペディアより)

174件中 21 - 30件表示

「新幹線N700系」のニューストピックワード