174件中 61 - 70件表示
  • 大阪仕業検査車両所

    大阪仕業検査車両所から見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    N700系 - 東京交番検査車両所(Z編成)・大阪交番検査車両所(Z編成)・博多総合車両所(N・S編成)・熊本総合車両所(R編成)大阪仕業検査車両所 フレッシュアイペディアより)

  • 東芝ライテック

    東芝ライテックから見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    LED照明(小田急4000形電車や京急新1000形電車などの主照明・新幹線N700系電車の読書灯に採用など)東芝ライテック フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線E5系・H5系電車

    新幹線E5系・H5系電車から見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    先頭車の先頭形状は、E954形8号車の「アローライン」を基にした「ダブルカスプ」形とし、トンネル微気圧波の低減を図っている。また、ノーズの長さをE954形の16mから、約15mに短縮しており、先端部分には、連結器を収納した開閉式の連結器カバーと下部にスノープラウが装備されているが、新函館北斗方の先頭車である10号車は、他形式と併結運転を行うため、電気連結器付き密着連結器と自動開閉カバーが装備されている。キャノピー状となった運転台には、上部に前照灯(4連)と尾灯を備えており、前面にワイパーが2本装備されているが、その内の1本は非常用であり通常は使用されない。運転台後部から乗務員扉の間には、機器室を設置したため、その間は長い通路となっている。量産先行車であるU1編成ではN700系と同じように、両先頭車(1号車と10号車)の運転台側の乗務員扉が内開きのプラグドア、客用扉が内プラグドアとなっており、他の車両は客用扉は通常の引き戸となっていたが、量産車であるU2編成以降では客用扉の内プラグドアは廃止され、通常引き戸となっている。新幹線E5系・H5系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 主変換装置

    主変換装置から見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    新幹線向けでは、1990年に登場した300系以降で搭載されている。床下機器スペースの都合などから小型化の要求が強く、N700系では、冷却用送風機を廃止して走行風で冷却するブロアレスタイプが実用化されている。高速試験車両として落成したE954系では、環境負荷低減や省エネ化の観点から水冷式が採用された主変換装置 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線鉄道開業50周年記念貨幣

    新幹線鉄道開業50周年記念貨幣から見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    百円クラッド貨幣は、異なる種類の金属板をサンドイッチ状に重ね合わせる「クラッド」技術が用いられており、百円硬貨においてこのクラッド技術が用いられるのはこの新幹線鉄道開業50周年記念百円貨幣が初めてである。額面は百円、材質は白銅及び銅で、銅87.5%、ニッケル12.5%、重さは4.8グラム、直径は22.6ミリメートル。微細線集合、斜めギザ等の特殊加工が施されている。千円貨幣とは異なりカラーではない。東海道新幹線、山陽新幹線、東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線の5路線及び、山形新幹線、秋田新幹線、九州新幹線、北海道新幹線の4路線の計9種類のデザインが存在し、表面には各新幹線路線の代表的な車両がデザインされ、裏面はすべての路線の硬貨共通で0系新幹線が用いられている。表面に用いられている新幹線車両はそれぞれ、東海道新幹線N700A、山陽新幹線500系、東北新幹線E5系、上越新幹線E4系、北陸新幹線E7系・W7系、山形新幹線E3系、秋田新幹線E6系、九州新幹線新800系、北海道新幹線H5系。新幹線鉄道開業50周年記念貨幣 フレッシュアイペディアより)

  • MT比

    MT比から見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    しかし、1990年代後半からのさらなる高速化により、新幹線のMT比は再び高くなる傾向にある。新幹線で最初に最高速度300km/hでの営業運転を実施した500系(1997年)では全電動車、700系(1997年)では16両編成で3:1と向上しており、最新のN700系(2005年)についても300km/h運転や加速性能向上を目的とし16両編成で7:1と高い設定がなされている。ふたたびMT比を向上した背景として、付随車に設置していた渦電流ブレーキの重量が重く電動台車から制動力を補てんした方が軽量化が図れる上に、省エネ効果の高い回生ブレーキの高性能化によりMT比向上のデメリットが少なくなったことが挙げられる。また、急勾配が続く九州新幹線用の800系および山陽・九州直通用のN700系7000番台・8000番台には全車電動車方式が採用されている。MT比 フレッシュアイペディアより)

  • ソフトバンクWi-Fiスポット

    ソフトバンクWi-Fiスポットから見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    東海道新幹線N700系車内、常磐線ひたち号・ときわ号E657系車内(勝田駅以北はエリア外)ソフトバンクWi-Fiスポット フレッシュアイペディアより)

  • 台湾鉄路管理局TEMU2000型電車

    台湾鉄路管理局TEMU2000型電車から見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    この車両は、設計最高速度は150km/h、営業最高速度は140km/hとなっている。新幹線N700系電車などで採用されている台車の空気バネを利用する車体傾斜システム(傾斜角1-2度)を搭載する。TEMU1000型電車と同じくアルミニウム合金製の構体ではあるが、塗色が赤系統になり、乗務員用扉の追加、中華西洋折衷の大型のTRAロゴなどの差異がみられる。台湾鉄路管理局TEMU2000型電車 フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝的アルゴリズム

    遺伝的アルゴリズムから見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車(フロントノーズの設計に遺伝的アルゴリズムが使用されている)遺伝的アルゴリズム フレッシュアイペディアより)

  • ダブルスキン構造

    ダブルスキン構造から見た新幹線N700系電車新幹線N700系電車

    欠点としては、2重構造のため重量的には若干重めで軽量化に対しては若干不利(たとえば構体本体の重量(1両あたり平均)はダブルスキン構造の新幹線700系電車の7トンに対してよりシングルスキンの新幹線300系電車の方が6.2トンと軽い。)であることであるが、トータルバランスではシングルスキン構造より本構造の方が圧倒的に優れているため近年開発された新幹線N700系電車などの多くの鉄道車両の構体構造として採用されている。日立製作所のA-trainシステムおよび川崎重工業のefACEシステムでも採用されている。ダブルスキン構造 フレッシュアイペディアより)

174件中 61 - 70件表示

「新幹線N700系」のニューストピックワード