203件中 21 - 30件表示
  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た新幹線E6系電車

    後に登場した新幹線E5系電車・新幹線E6系電車でも全周幌が採用されている。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た無線LAN

    2009年春のダイヤ改正から無線LANによるインターネット接続サービスが利用できるようになった。ただし当面は東京 - 新大阪間での利用となる。また、このサービスは有料で、プロバイダ(無線LAN運営業者)と契約をしなければならない。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た新幹線E5系電車

    後に登場した新幹線E5系電車・新幹線E6系電車でも全周幌が採用されている。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た照明

    車内照明には松下電工(現在のパナソニック株式会社 エコソリューションズ社)製や東芝ライテック製のLED照明器具も採用された。このLED照明器具は白熱灯に比べ消費電力が少なく振動に強い。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た鉄道友の会

    デザインはTDO(トランスポーテーションデザイン機構)の福田哲夫によるもので、0・3000番台は2007年10月1日に財団法人日本産業デザイン振興会の2007年度グッドデザイン賞金賞(商品デザイン部門)、2008年に鉄道友の会のブルーリボン賞を受賞した。7000番台・8000番台は2011年8月にブルネル賞(車両部門)を受賞し、2011年10月3日にグッドデザイン賞(運輸・産業・土木建築関連車両・船舶、関連機器)を受賞した。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た発光ダイオード

    前照灯や尾灯は300系以前と同様、遠方では同じ場所の電球のように見えても、前照灯と尾灯は分離されている構造である。前照灯は東海道・山陽新幹線系統の車輌としては初めての採用となるHID灯を採用しており、これにより700系より標識灯の開口部が縮小されたものの、充分な光度を得る事を実現している。従来の車両では前照灯と尾灯が横並びになればそのほとんどは内側が前照灯、外側が尾灯で、縦並びになれば500系を除いて上側が前照灯、下側が尾灯という配置が一般的だった。本系列では前照灯は左右それぞれ2基が横並びになり、丸い前照灯の周りを覆い尽くす格好で発光ダイオードの尾灯が配置される過去に前例のない構造となった。Z0編成の走行試験時に、前頭部の連結器カバーの下部に補助前照灯(HID灯)を試験的に装備し、しばらくの間試験走行に供された事があるが、後に撤去され原型に復元されている。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た小田急ロマンスカー

    過去、日本国内の例では、小田急ロマンスカー・151系電車・80系気動車などで「外幌」が試されているが、当時の在来線特急「こだま」の最高運転速度であった110km/h程度では効果は小さく、むしろメンテナンス難などのデメリットのほうが上回ると判断され、ロマンスカーを除き本格的採用には至っていない。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た騒音

    先頭部は700系のエアロストリーム型を遺伝的アルゴリズムにより改良した「エアロ・ダブルウィング」という形状で、長さ10.7m(500系は15m、700系は9.2m)である。先頭形状の長さを抑えつつ、微気圧波形状のピークを分けることで最大値を抑え、騒音の抑制と先頭車の定員確保に一役買っている。先頭車の定員を300系、700系と一致させるため、両先頭車両の乗務員扉と運転席よりの客用扉が車体の絞り込み部分と干渉している。また、騒音対策と製作・保守費用低減を両立するため、扉は両先頭車の運転室側にある乗務員用と客用のみプラグドア、その他はすべて通常の引き戸が採用されている。またその引き戸の開口部も、従来の0系から700系、800系(500系は全車プラグドアのため例外)では車体に別製作の枠をビス止めする構造だったが、本系列では平滑化のため構体が継ぎ目なく開口部を形成している。なお、ドア回り戸袋側に見られるビスはドア用ゴムパッキンを着脱するためのものであり、構体とは無関係である。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た回生ブレーキ

    ブレーキはMT比の見直しにより、300系や700系で使用されていたT車の渦電流ブレーキが廃止され、常用ブレーキでは14両のM車の回生ブレーキで制動力を得るようにした。自動列車制御装置 (ATC) の老朽置き換えに伴い設置されたデジタルATC (ATC-NS) 車上装置が搭載され、制動距離と閉塞間隔の最適化が行われる。先行試作車(Z0編成)では、落成前の計画では700系に引き続いて渦電流ブレーキが採用される予定だったが、ブレーキ負担率の改善と重量増を避ける意味合いもあり、取りやめになった。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た新幹線800系電車

    また試作車両(Z0編成)には800系U001編成と同様にカメラ・センサ・投光器で構成される架線の検測装置が設置され、車体傾斜時の架線との接触状況などの確認が行われていた。全般検査を行った際、一時的に取り外されたが、量産車が登場した現在でも設置されている。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

203件中 21 - 30件表示