203件中 61 - 70件表示
  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た起動加速度

    起動加速度は新幹線としては高い2.6km/h/sである。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た静岡駅

    2005年3月4日に日本車輌製造・日立製作所・川崎重工業により先行試作車(Z0編成)が完成し、JR東海浜松工場にて報道陣に公開された。同月10日未明に公式試運転として浜松駅 - 静岡駅間で初めて本線を走行し、4月4日から走行試験を開始し、7月16日には三島駅 - 浜松駅間での日中走行も実施した。同月24日には初めて東京駅 - 新大阪駅間を走行し、29日には山陽新幹線に乗り入れて博多駅まで走行、そして9月7日には速度向上試験で320km/hを記録した。この先行試作車による2年間の実験走行を経て、量産車(Z1編成以降とN編成)を投入することとなった。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た公衆電話

    鉄道車両では初めて、すべての乗降口と運転室出入口に防犯カメラを設置し、乗務員室のモニター上で監視できるシステムが備えられた。これは乗降口に備え付けられている非常用ドアコックがいたずらで操作され、その安全確認のためしばしば遅延をきたしていることや、電話室や喫煙ルームなど個室部分の増加とともにそれらの空間を悪用される恐れがあるため、防犯カメラによる抑止効果を図るためである。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た熊本総合車両所

    JR九州所属車の編成記号は R で、2010年7月にN700系8000番台の1編成である8両が熊本総合車両基地に搬入され、同年9月から九州新幹線の新規開業区間を中心に試験走行を開始した。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見たダブルスキン構造

    車体は、700系と同じくアルミニウム合金製の中空押出型材によるダブルスキン構造を採用している。700系では、屋根構体、客室部の側構体のみであったが、N700系では使用範囲を広げ、車端部の側構体や妻構体、台車上部の気密床にも使用している。車体断面は700系よりも屋根肩が角張った形となったが、引き続き幕板部分がわずかながらも曲面となっている。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見たかご形三相誘導電動機

    かご形三相誘導電動機を電動車両1両あたり4基搭載する。300km/hを実現するため、連続定格出力は305kWまで増強されたが、電動機のサイズや重量は700系と同等に仕上げている。高さ60cm、長さ69cm、幅71cm、重量396kgである。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た新幹線100系電車

    その後、JR東海とJR西日本は汎用性を重視して両社で共同開発した700系を導入した。同系列は山陽新幹線区間での最高速度は285km/hであったが、最高速度220km/hの0系と230km/hの100系の置き換え用として製造され、東海道・山陽新幹線の高速化に成果を挙げた。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た全般検査

    なお、量産先行試作車であるZ0編成は細かい外観のポイントとして、客用ドア横の号車番号表記と禁煙ピクトグラムが横に並んでいたのに対し、量産車では縦並びとされた(300系は、登場当初は縦並びであった)。そして最初の全般検査を2009年8月に浜松工場から出場した際、車体側面の号車表示や身障者表示などはそれまでより一回り大きいものへ、車体表記やグリーン車のマークは一回り小さいものへと、車体外装のピクトグラム類がZ1編成以降の量産車と揃えられた。しかし、量産車で設置されている喫煙ルームの新設などの改造はされず、喫煙車の禁煙マークも貼られていない。出場試運転後の8月5日には再び浜松工場へ戻っている。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た付随車

    起動加速度は新幹線車両として最高の、通勤形電車並みの2.6km/h/sで、およそ3分で270km/hまで加速する動力性能を持つ。営業運転での最高速度は500系と同じ300km/hとされた。これを達成するために主電動機の出力を向上(275kW〈700系〉→305kW)し、電動車 (M) と付随車 (T)の構成(MT比)も変更(12:4〈700系〉→14:2)した。これにより編成出力は17,080kWとなり、700系と比べて約30%向上した。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線N700系電車

    新幹線N700系電車から見た動力車

    起動加速度は新幹線車両として最高の、通勤形電車並みの2.6km/h/sで、およそ3分で270km/hまで加速する動力性能を持つ。営業運転での最高速度は500系と同じ300km/hとされた。これを達成するために主電動機の出力を向上(275kW〈700系〉→305kW)し、電動車 (M) と付随車 (T)の構成(MT比)も変更(12:4〈700系〉→14:2)した。これにより編成出力は17,080kWとなり、700系と比べて約30%向上した。新幹線N700系電車 フレッシュアイペディアより)

203件中 61 - 70件表示