前へ 1 次へ
8件中 1 - 8件表示
  • 日清紡ホールディングス

    日清紡ホールディングスから見た新日本無線新日本無線

    事業の祖業は綿紡績であるが、近年は海外からの安価な製品に押され不振であることから、国内トップクラスのシェアを誇るブレーキ事業が収益源となっている。また、事業領域再編を目指し、太陽電池製造設備、燃料電池セパレータ、燃料電池用触媒、電気二重層キャパシタ、機能化学品、プラントファクトリー等、次世代事業の育成も積極的に推進している。M&Aとしては、2004年(平成16年)にアパレルメーカーのCHOYAを皮切りに、2005年(平成17年)は新日本無線をTOBで買収、2010年(平成22年)12月には日本無線を子会社化した。結果、エレクトロニクス事業がテキスタイル事業を抜いて最大事業セグメントとなった。尚、新日本無線の買収の際は村上世彰率いる村上ファンドと競合した。2011年(平成23年)11月、ルクセンブルグの大手ブレーキ摩擦材メーカーのTMD Friction Group S.A.を買収し、世界トップシェアのブレーキ摩擦材メーカーとなった。日清紡ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 村上ファンド

    村上ファンドから見た新日本無線新日本無線

    2005年11月の新日本無線のTOBの際に、直接の買い付け主体となったのは、MACである。村上ファンド フレッシュアイペディアより)

  • パテントプール

    パテントプールから見た新日本無線新日本無線

    無線LAN(IEEE 802.11)に関連する8社が、Via Licensing に運営を委託してパテントプールを作った。8社とは、フランステレコム、富士通、新日本無線、フィリップス、LGエレクトロニクス、NTT、ソニー、ETRI、であるが、あまり大きな勢力とはなっていない。パテントプール フレッシュアイペディアより)

  • 大倉財閥

    大倉財閥から見た新日本無線新日本無線

    新日本無線(現:日清紡グループ)大倉財閥 フレッシュアイペディアより)

  • 日本無線

    日本無線から見た新日本無線新日本無線

    半導体素子 - SAWフィルタ等。なお、オーディオ製品に多用されたオペアンプ4558の互換品「NJM4558D」をはじめとする、"JRC"製と呼ばれる半導体製品は主に新日本無線の製品である。日本無線 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州学術研究都市

    北九州学術研究都市から見た新日本無線新日本無線

    新日本無線 北九州デザインセンター北九州学術研究都市 フレッシュアイペディアより)

  • オペアンプ

    オペアンプから見た新日本無線新日本無線

    ローノイズオペアンプのうち、オーディオ用に広帯域・低歪率を実現した品種。メーカーによってはその中から特に低雑音のものを選別している場合もある。シグネティクスのNE5532、新日本無線のNJM4580が著名。オペアンプ フレッシュアイペディアより)

  • 財閥解体

    財閥解体から見た新日本無線新日本無線

    日本無線株式会社(大倉)→ 長野日本無線や新日本無線等を分離。後に日清紡(根津)の実質傘下に入る。財閥解体 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
8件中 1 - 8件表示