66件中 21 - 30件表示
  • 新星堂

    新星堂から見た神戸市

    閉店した店舗 - 仙台店、郡山店、高崎店、宇都宮店(オリオン通りに存在した。現在営業中のララスクエア宇都宮店はJR宇都宮駅前にあり無関係。)、志木店、大垣店(現存されているアクアウォーク大垣店とは無関係)、神戸店、博多店(博多店は通常店舗に変更)、ルミネ新宿店、西荻窪店新星堂 フレッシュアイペディアより)

  • 新星堂

    新星堂から見た通信販売

    Shinseido Shopping Site - インターネット通信販売サイト。新星堂 フレッシュアイペディアより)

  • 新星堂

    新星堂から見た高円寺

    1949年(昭和24年)7月、東京都杉並区の高円寺(数坪の店舗)で宮崎氏が創業。1964年(昭和39年)に法人化し、株式会社新星堂となる。以来、CD・DVD販売の他、書籍などの販売も展開している。新星堂 フレッシュアイペディアより)

  • 新星堂

    新星堂から見た宇都宮市

    閉店した店舗 - 仙台店、郡山店、高崎店、宇都宮店(オリオン通りに存在した。現在営業中のララスクエア宇都宮店はJR宇都宮駅前にあり無関係。)、志木店、大垣店(現存されているアクアウォーク大垣店とは無関係)、神戸店、博多店(博多店は通常店舗に変更)、ルミネ新宿店、西荻窪店新星堂 フレッシュアイペディアより)

  • 新星堂

    新星堂から見た杉並区

    東京都杉並区が創業の地であり、かつては本社を荻窪駅そばの杉並公会堂隣接地に置いていた。1974年(昭和49年)に完成した本社社屋には、1・2階にレコード・CD・楽器等の販売店舗も併設されていたが、のちに本社機能のみとされた。その後、2013年(平成25年)8月に茨城県つくば市に本社を移転し、2015年現在、杉並区の本社跡地には伊藤忠都市開発によるマンションが建設中。新星堂 フレッシュアイペディアより)

  • 新星堂

    新星堂から見たスマートフォン

    2011年(平成23年)1月27日に、株式会社光通信と資本・業務提携し、同社の子会社であるテレコムサービス株式会社との間でスマートフォン端末を店舗で販売するための合弁会社を設立する合弁契約を締結した。同年2月24日に、光通信が第三者割当増資により4.34%出資し、第4位の株主となった(大和証券SMBCPIは支配株主ではなくなる)。その資金で、同年3月1日に合弁会社・新星堂モバイルプラス株式会社(49%出資)を設立し、2012年(平成24年)2月時点で16店舗を展開したが、販売実績は低迷し同年11月には4店舗に縮小した。同年12月には光通信との資本提携の解消と合弁会社の解散を決定している(2013年11月に新星堂モバイルプラス株式会社の株式を譲渡)。新星堂 フレッシュアイペディアより)

  • 新星堂

    新星堂から見た東京理科大学

    現在は、上記の新星堂カルチェ5柏店のみ存在する(かつては3,4階だったが、現在は3階のみ)。柏店では、周辺に気象大学校・東京理科大学(野田キャンパス)・日本大学(松戸歯学部)などの学術機関が多いことから、理工系など学術専門書の扱いが比較的多いのが特徴であった。2015年に4階は閉鎖され、4階で扱っていた学術書や学習参考書、漫画本のコーナーも3階に集約された。4階の跡地はトレーディングカードゲームの専用バトル会場「バトロコ」となっている。新星堂 フレッシュアイペディアより)

  • 新星堂

    新星堂から見た扇屋 (百貨店)

    柏店(映像・音楽ソフト、書籍(後述)) - かつて扇屋ジャスコが営業していたビルで、かつては全フロアが新星堂の店舗だった。現在は2階の一部で新譜CD、3階の書店(後述)が新星堂の店舗(それ以外はTSUTAYA(地下1階)、サンドラッグ(1階)、サウンドクルー(2階の一部、後述)、バトロコ(4階、後述)となっている)。新星堂 フレッシュアイペディアより)

  • 新星堂

    新星堂から見た伊藤忠都市開発

    東京都杉並区が創業の地であり、かつては本社を荻窪駅そばの杉並公会堂隣接地に置いていた。1974年(昭和49年)に完成した本社社屋には、1・2階にレコード・CD・楽器等の販売店舗も併設されていたが、のちに本社機能のみとされた。その後、2013年(平成25年)8月に茨城県つくば市に本社を移転し、2015年現在、杉並区の本社跡地には伊藤忠都市開発によるマンションが建設中。新星堂 フレッシュアイペディアより)

  • 新星堂

    新星堂から見た大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツ

    2008年(平成20年)2月28日、3期連続の赤字により、事業再生計画を発表した。2008年8月4日に、第三者割当増資により、大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツ株式会社が過半数の株式を保有する筆頭株主となった(事業再生業務の一環での株式保有のため、子会社とは扱わない)。新星堂 フレッシュアイペディアより)

66件中 21 - 30件表示

「新星堂」のニューストピックワード