前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
8325件中 1 - 10件表示
  • 広域関東圏

    広域関東圏から見た新潟県新潟県

    一般的には、関東1都6県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都(1943年6月30日までは東京府、1943年7月1日都制施行により東京市廃止)、神奈川県)と甲信越3県(山梨県、長野県、新潟県)及び静岡県の1都10県を指し、静岡県を除いた地域は特に関東甲信越とも呼ばれる。また、広域関東圏は福島県を含めた1都11県とする場合もある。広域関東圏 フレッシュアイペディアより)

  • 市町村合併 (2000年代後半)

    市町村合併 (2000年代後半)から見た新潟県新潟県

    新潟県上越市+東頸城郡安塚町+浦川原村+大島村+牧村+中頸城郡柿崎町+大潟町+頸城村+吉川町+中郷村+板倉町+清里村+三和村+西頸城郡名立町=上越市(編入)市町村合併 (2000年代後半) フレッシュアイペディアより)

  • 1960年-1989年の市町村合併

    1960年-1989年の市町村合併から見た新潟県新潟県

    新潟県新潟市+西蒲原郡内野町=新潟市(編入)1960年-1989年の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 単独市制

    単独市制から見た新潟県新潟県

    新潟県長岡市(旧古志郡長岡町) - 1906年4月1日施行。単独市制 フレッシュアイペディアより)

  • 1954年上半期の市町村合併

    1954年上半期の市町村合併から見た新潟県新潟県

    新潟県長岡市+古志郡上川西村=長岡市(編入)1954年上半期の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校野球選手権信越大会

    全国高等学校野球選手権信越大会から見た新潟県新潟県

    北陸大会に第2回大会から参加。初めて代表を送り込むほど早くから中等学校野球が盛んであった長野県は1918年の第4回から早くも独立して山梨県と共に甲信大会を編成。さらに1923年の第9回大会から新潟県を加え甲信越大会を編成して代表を送り出していた(※ 甲信越大会時代は新潟県の中等学校にさらわれる年度もあった。)が1930年の第16回大会をもって山梨県が神奈川県・静岡県で編成される神静大会にまわり離脱したため(1931年の第17回大会から甲神静大会となる。)1931年の第17回大会から新潟県との編成による信越大会として再出発した。全国高等学校野球選手権信越大会 フレッシュアイペディアより)

  • 1954年下半期の市町村合併

    1954年下半期の市町村合併から見た新潟県新潟県

    新潟県柏崎市+刈羽郡荒浜村=柏崎市(編入)1954年下半期の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 阿賀野川

    阿賀野川から見た新潟県新潟県

    阿賀野川(あがのがわ)は福島県・群馬県に源流を持ち、新潟県を流れ日本海に注ぐ日本有数の川である。また国が指定した一級水系阿賀野川水系の本流であり一級河川でもある。阿賀野川水系としての本流指定部分は一級河川阿賀野川と一級河川阿賀川(あががわ)であり、その全長は 210 km で日本第10位、流域面積 7,710 km² では日本第8位。また、下流部の河川水流量は日本最大級の一級水系である。阿賀野川 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県

    長野県から見た新潟県新潟県

    本州の中部に位置し、周囲8県に隣接する東西約128km、南北約220km、面積13,562.23km²、東西に短く南北に長い地形である。面積は、北海道を除く46都府県のうち、岩手県、福島県に次ぐ面積を持つ。これは南関東1都3県の面積の合計に近い。長野県は群馬県・埼玉県・山梨県・静岡県・愛知県・岐阜県・富山県・新潟県と接し、日本で最も多くの都道府県と隣接する県でもある。ただし、埼玉県とは中津川林道(埼玉県側は未舗装、また冬季や夜間は閉鎖されている。)のみでしか直接的な行き来ができない。長野県 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た新潟県新潟県

    日本の東海上で急速に発達した低気圧の影響で全国的に強風、日本海側を中心に大雪。この影響で、船舶2隻が座礁、中部国際空港などで多数の航空便が欠航するなど交通機関が混乱。新潟県湯沢町のガーラ湯沢スキー場で、強風のためゴンドラが6時間にわたり運行中止、約2700名が下山できなくなったほか、長野県の山中で9名が遭難、翌日救助。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
8325件中 1 - 10件表示

「新潟のできごと」のニューストピックワード