10391件中 21 - 30件表示
  • 新潟郵便局

    新潟郵便局から見た新潟県新潟県

    新潟郵便局(にいがたゆうびんきょく)は、新潟県見附市にある郵便局である。新潟郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸地方

    北陸地方から見た新潟県新潟県

    北陸地方(ほくりくちほう)は、本州中央部に位置する中部地方のうち日本海に面する地域である。新潟県、富山県、石川県、福井県の4県、あるいは富山県、石川県、福井県の3県を指す。区別のため前者を「北陸4県」「新潟県を含む北陸地方」、後者を「北陸3県」などと表現することがある。北陸3県の繋がりについては「北陸3県について」の節を参照。北陸地方 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口安吾

    坂口安吾から見た新潟県新潟県

    坂口 安吾(さかぐち あんご、1906年(明治39年)10月20日 - 1955年(昭和30年)2月17日)は、日本の小説家、評論家、随筆家。本名は坂口 炳五(さかぐち へいご)。昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学を代表する作家の一人である。新潟県新潟市出身。東洋大学印度哲学倫理学科卒業。アテネ・フランセでフランス語習得。純文学のみならず、歴史小説や推理小説も執筆し、文芸や時代風俗から古代歴史まで広範に材を採る随筆など、多彩な活動をした。坂口安吾 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県中越沖地震

    新潟県中越沖地震から見た新潟県新潟県

    新潟県中越沖地震(にいがたけんちゅうえつおきじしん)は、2007年(平成19年)7月16日10時13分23秒(JST)に発生した、新潟県中越地方沖を震源とする地震である。地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.8、最大震度は6強。中越地方では2004年(平成16年)の新潟県中越地震以来のマグニチュード6以上および震度5弱以上を観測した地震となった。新潟県中越沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の市外局番

    日本の市外局番から見た新潟県新潟県

    02 - 南東北(宮城県・山形県・福島県)・北関東(茨城県・栃木県・群馬県、下記04の地域を除く)・信越(新潟県・長野県、下記05の地域を除く)、山梨県の一部地域(北杜市白州町大武川地区)・埼玉県の一部地域(熊谷市妻沼小島地区、加須市北川辺地区・児玉郡神川町神泉地区)、富山県中新川郡立山町黒部ダム日本の市外局番 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のダムの歴史

    日本のダムの歴史から見た新潟県新潟県

    その端緒となったのが栃木県に1912年(大正元年)完成した高さ28.7メートルの黒部ダム(鬼怒川)である。鬼怒川水力電気が首都圏方面への送電を目的に建設したこのダムは日本で5番目に建設された重力式コンクリートダムであるだけでなく、日本初となる発電用コンクリートダムであった。続いて東京電燈は1907年(明治40年)に運転開始した駒橋発電所に続く発電所として下流に八ッ沢発電所を計画、その調整池として上野原を流れる相模川支流の谷田川に大野ダムを建設した。大野ダムは高さ37.3メートルのアースダムであるが、1914年(大正3年)の完成時日本一の高さを有した。北海道では王子製紙が苫小牧工場の電力需要を満たすため、不凍湖であった支笏湖の莫大な水量を利用すべく藤原銀次郎が中心となって支笏湖と流出する河川である千歳川の開発を計画。1904年(明治37年)に千歳第一発電所を建設した。取水堰堤として建設された千歳第一堰堤はコンクリート堰堤としては北海道初であったが、王子製紙は千歳川流域の電力開発をさらに推進。1918年(大正7年)に千歳第三ダムを完成させた。千歳第三ダムは高さ23.6メートルの重力式コンクリートダムで、北海道で初めて建設されたコンクリートダムとなった。北陸地方では新潟電力が新潟県の加治川に当時重力ダムとしては高さ日本一の飯豊川第一ダムを1915年(大正4年)に建設。近畿地方では宇治川電気が淀川本流、通称宇治川に高さ29メートルの大峯ダムを1924年(大正13年)に完成させ、中国地方では山陽中央電気が広島県に帝釈川ダム(帝釈川)を1924年完成させた。帝釈川ダムは名勝・帝釈峡に建設され、中国地方で最初のコンクリートダムとなったが完成時の高さ56.4メートルは、当時日本一の高さであった。日本のダムの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 日本語の方言

    日本語の方言から見た新潟県新潟県

    このほか、いくつかの文法要素や語彙が「東西分布」を示すことが知られている。東西の違いには、文法では打ち消しの「-ない」と「-ん」、結果態の「-てる」と「-とる・ちょる」、形容詞連用形の「白くなる」と「白うなる」など、語彙では「いる」と「おる」、「しょっぱい」と「からい」、「やのあさって」と「しあさって」などがある。これらの境界は、北側では新潟県糸魚川市付近から北アルプスを南下する線に集中している。明治期の国語調査委員会も1908年(明治41年)の報告で、「仮ニ全国ノ言語区域ヲ東西ニ分カタントスル時ハ大略越中飛騨美濃三河ノ東境ニ沿ヒテ其境界線ヲ引キ此線以東ヲ東部方言トシ、以西ヲ西部方言トスルコトヲ得ルガ如シ」と記している。また、愛知県・三重県境付近の揖斐川も、アクセントなどがそっくり変わる大きな方言境界になっている。語彙の例では、「借りる」と「かる」、曾孫を表す「ひこ」と「ひまご」のように中部と近畿の間付近に境界のあるものや、畔を表す「くろ」と「あぜ」、目を表す「まなこ」と「め」のように関東と中部の間付近に境界のあるものもある(語例はいずれも前者が東、後者が西)。ただしこれらの東西分布のなかには、「借りる」や「いる」、後述する関西から東京への伝播のように、完全な東西対立ではなく東(西)のものが西(東)の一部地域に分布するものもある。日本語の方言 フレッシュアイペディアより)

  • 地震の年表 (日本)

    地震の年表 (日本)から見た新潟県新潟県

    10月13日 長野県北部で地震 - Mj 5.9、新潟県上越市と長野県長野市で最大震度 4。死者1人。地震の年表 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 平成23年7月新潟・福島豪雨

    平成23年7月新潟・福島豪雨から見た新潟県新潟県

    平成23年7月新潟・福島豪雨(へいせい23ねん7がつにいがた・ふくしまごうう)は、2011年7月26日から7月30日にかけて、新潟県中越地方、下越地方、福島県会津地方の3地域で発生した集中豪雨である。新潟県では河川の堤防が決壊するなど大きな洪水被害をもたらした。平成23年7月新潟・福島豪雨 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟大学

    新潟大学から見た新潟県新潟県

    五十嵐キャンパス(新潟県新潟市西区五十嵐2の町8050番地)新潟大学 フレッシュアイペディアより)

10391件中 21 - 30件表示

「新潟のできごと」のニューストピックワード