130件中 21 - 30件表示
  • 新田恵利

    新田恵利から見た爆笑問題

    岡村隆史のほか、よゐこの濱口優、同じ埼玉県上福岡市出身の爆笑問題の太田光も新田のファンだったと告白したことがある。新田恵利 フレッシュアイペディアより)

  • 新田恵利

    新田恵利から見た小林亜星

    サーカス・ロマンス(1987年6月17日、作詞 秋元康、作曲 小林亜星、編曲 国吉良一)c/w パナマのシャポー新田恵利 フレッシュアイペディアより)

  • 新田恵利

    新田恵利から見たあさりど

    ナインティナインの岡村隆史が新田の熱烈なファンだったことから、『とぶくすり』に「歌のお姉さん」として(事前に岡村に知らせず)出演した。また、後の『めちゃイケ』でセイン・カミュやあさりどなど、かつて新田ファンだったタレントと共に新田の自宅を訪ねる企画が放送され、当時(1999年)の同番組の最高視聴率を樹立した。新田恵利 フレッシュアイペディアより)

  • 新田恵利

    新田恵利から見たナインティナイン

    ナインティナインの岡村隆史が新田の熱烈なファンだったことから、『とぶくすり』に「歌のお姉さん」として(事前に岡村に知らせず)出演した。また、後の『めちゃイケ』でセイン・カミュやあさりどなど、かつて新田ファンだったタレントと共に新田の自宅を訪ねる企画が放送され、当時(1999年)の同番組の最高視聴率を樹立した。新田恵利 フレッシュアイペディアより)

  • 新田恵利

    新田恵利から見た太田光

    岡村隆史のほか、よゐこの濱口優、同じ埼玉県上福岡市出身の爆笑問題の太田光も新田のファンだったと告白したことがある。新田恵利 フレッシュアイペディアより)

  • 新田恵利

    新田恵利から見た高見沢俊彦

    若草の招待状(1987年2月14日、作詞 秋元康、作曲 高見沢俊彦、編曲 佐藤準)※世界名作劇場『愛の若草物語』主題歌c/w 夕陽と風のメロディ新田恵利 フレッシュアイペディアより)

  • 新田恵利

    新田恵利から見た和田アキ子

    初期のおニャン子クラブにおいては国生さゆり、河合その子と共に人気を博した。絶頂期が1986年前半の数ヶ月間で、後にデビューした後輩メンバーの渡辺美奈代・渡辺満里奈・工藤静香などの魅力や活躍に追いやられたと述べている。特に歌唱力不足は否めず、和田アキ子に「ベストテン見てて、新田恵利ちゃん? あたし本当にテレビ壊れたと思ったのよ」と言われたり、アニメ『愛の若草物語』の主題歌『若草の招待状』が早期に差し替えになったこともある。新田恵利 フレッシュアイペディアより)

  • 新田恵利

    新田恵利から見た日本テレビ放送網

    歓迎!ダンジキ御一行様 第4-6話(2001年11月 - 12月、日本テレビ新田恵利 フレッシュアイペディアより)

  • 新田恵利

    新田恵利から見たジャニーズ事務所

    おニャン子クラブにはいくつかの派閥があり、大きくは「新田派・国生派」に分かれていたとされる。これに関して当人たちは長らく肯定も否定もしていなかったが、双方が挙げる仲の良かったメンバーの名前もほとんど重複しておらず、噂に信憑性を与えていた。2000年代に入ってから新田本人の口から「遊び感覚でやっていた私たちと、真剣に芸能界での成功を目指していた(国生)さゆりちゃんたちとは合わなかった」という発言があり、当時に派閥が存在したことを認めている(他に「ジャニーズの話題で騒いでいる人たちとも合わなかった」とも発言している)。おニャン子クラブ解散後もたびたび国生との共演の企画が提案されたが、ずっと拒否し続けていたという。しかし2002年の一時的再結成では主要メンバーとして共演を果たし、ファンを驚かせた。なお、この際に収録されたDVD『未公開映像 ザ・バックステージ』特典映像の対談で、新田と国生が共演しており、初めて公の場で両者の間にあった確執を認めると共に和解を宣言した。新田恵利 フレッシュアイペディアより)

  • 新田恵利

    新田恵利から見た不二家

    おニャン子クラブ入りも、当時時給380円の不二家のアルバイトより出演料5000円に目がくらんだため。さらに番組出演も週3日とスタッフにお願いするなど、まさにアルバイト感覚だったと本人は語る。新田恵利 フレッシュアイペディアより)

130件中 21 - 30件表示

「新田恵利」のニューストピックワード