812件中 11 - 20件表示
  • チベット自治区

    チベット自治区から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    自治区は北西部で新疆ウイグル自治区、北東部で青海省、東は四川省、東南部で雲南省と接し、南はミャンマー、インドアッサム州、ブータン、ネパール、カシミール地区と国境を接する。チベット自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 中国本土

    中国本土から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    歴史的に中国の内地・本土とは見なされない「外中国」地域には、新疆(東トルキスタン)、チベット、満洲(中国東北部)、内モンゴルが含まれる。中国本土の面積は、およそ390万km2とされている 。中国本土は、北方の外中国の広大な領域とは、おおむね万里の長城によって区画されている。中国本土では「省」が各地に設置され中央の直轄支配下にあったが、外中国では主に、中国皇帝に臣属する各民族の諸侯らの自治に任せる方法が取られていた。中国本土 フレッシュアイペディアより)

  • 地震の年表

    地震の年表から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    1812年3月8日 新疆ウイグル自治区、伊寧地震 - M 8?、死者多数。地震の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 日本山岳会

    日本山岳会から見た新疆ウイグル新疆ウイグル自治区

    1982年(昭和57年)8月 新疆ウイグル/ボゴダ(ボグド・オーラ)第2高峰(5,362m)《初登頂》 日本山岳会学生部(隊長磯野剛太)日本山岳会 フレッシュアイペディアより)

  • 中国正教会

    中国正教会から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    1949年までに、中国正教会は106の教会を数えるまでになった。これらの教会の教区民は、概してロシア人亡命者であったが、漢族信徒はというと、およそ1万人がいたのである。新疆ウイグル自治区伊寧市では北京から派遣された司祭が火災による不審死を遂げた後、モスクワ総主教庁から派遣されたムロジャノフスキー司祭が教会を守っていた。中国正教会 フレッシュアイペディアより)

  • 中央アジア

    中央アジアから見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    東トルキスタンは中華民国に併合されて以降、新疆省と成り、中華人民共和国に併合されて以降は新疆ウイグル自治区と成った。中国領トルキスタン、ウイグルスタンともいう。中央アジア フレッシュアイペディアより)

  • オイラト語

    オイラト語から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    オイラト語()は、オイラト系諸部族によって話される言語であり、アルタイ諸語モンゴル諸語に分類される。話者はロシア連邦カルムイク共和国、モンゴル国西部、中国新疆ウイグル自治区、青海省、甘粛省に分布しており、書き言葉としてはカルムイク共和国で用いられるカルムイク語(ru、zh、en)、中国新疆ウイグル自治区で用いられるオイラト文語が存在する。Redbookに載る危機言語。オイラト語 フレッシュアイペディアより)

  • 海防・塞防論争

    海防・塞防論争から見た新疆新疆ウイグル自治区

    日本による台湾出兵(1874年)ののち、清朝政府では日本に海軍力の優位を許したため外交で劣勢を強いられた事を反省し、沿海部に艦隊を新設する案が提起され、これにくみする李鴻章は海軍建設の費用を捻出するためロシアとの国境地帯である新疆を放棄する大胆な提案をおこなった。海防・塞防論争 フレッシュアイペディアより)

  • 新疆体育中心

    新疆体育中心から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    新疆体育中心(しんきょうたいいくちゅうしん、、)は、中華人民共和国の新疆ウイグル自治区ウルムチ市にある多目的スタジアムである。新疆体育中心 フレッシュアイペディアより)

  • トゥバ語

    トゥバ語から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    トゥバ語 (, ) は、ハカス語、アルタイ語、 ショル語とともに北東語群(シベリア・テュルク語群)に分類されるテュルク諸語に属する言語。ISO 639による略語はtyv、SILによる略語はTUNで表される。ロシア連邦トゥバ共和国を中心にブリヤート共和国、モンゴル国西部、中華人民共和国・新疆ウイグル自治区などに住むトゥバ人の間で、約30万人によって話されている。トゥバ語 フレッシュアイペディアより)

812件中 11 - 20件表示

「新疆ウイグル自治区」のニューストピックワード