812件中 31 - 40件表示
  • 天山山脈

    天山山脈から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    南はパミール高原に繋がる。最高峰はポベーダ山(7,439 m)で、中国とキルギスの国境にあり、キルギスの最高峰でもある。2番目に高いのはハン・テングリ(7,010 m)でカザフスタンとキルギスの国境にある。トルガルト峠(3,752 m)がキルギスと新疆ウイグル自治区の境界に位置している。天山山脈を源流とする主な河川はシルダリヤ川とタリム川。天山山脈 フレッシュアイペディアより)

  • 王楽泉

    王楽泉から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    王楽泉(おう らくせん)は、中華人民共和国の政治家。新疆ウイグル自治区中国共産党委員会書記(1995年 - 2010年 )、中国共産党中央政治局委員(2002年 - )、中央政法委員会副書記(2010年 - 2013年)、中国法学会会長(2013年 - )王楽泉 フレッシュアイペディアより)

  • コトカケヤナギ

    コトカケヤナギから見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    中国語名称は「胡楊」で、隣国・中国新疆ウイグル自治区のタリム川に沿って多く生育しているので、そこへの旅行者も含めて日本でも胡楊と呼ぶ人が多い。コトカケヤナギ フレッシュアイペディアより)

  • 中国のキリスト教

    中国のキリスト教から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    現代の中国のキリスト教徒は、ブリタニカ国際年鑑の最新データによると中国の人口の7-7.5%で9100-9750万人程度と記録されている。しかし、在米の中国人人権活動家や在日本の中国人ジャーナリストなどの知識人が把握している直近の状況では当局の監督下にある国家公認教会と非公認教会の合計が人口の10%を超える段階に達しており1億3000万人を超えているという情報が有力である。現在、中国ではカトリック系統のキリスト教を「天主教」、プロテスタント系統のキリスト教を「基督教」または「耶蘇教」と呼んで区別している。ロシアなどから正教会も伝わり、これは東正教と呼ばれている。香港ではニキタス府主教のもとで正教会の活動が活発である。中国正教会は黒竜江省ハルビン市、新疆ウイグル自治区ウルムチ市および同自治区の伊寧市には参列することのできる教会を有し、近年は内蒙古自治区アルグン市、新疆ウイグル自治区チョチェク市での教会再建も進んでいる。正教会の聖職者の活動は公認されていないが、中国人正教徒でロシアにおいて按手され聖職者になった者、あるいは中国国外から到来した正教の聖職者が洗礼等の機密を行う事例が相次いでいる。北京市朝陽区にも一定数の正教徒がいる。エベンキ族およびダフール族の一部も正教の布教を受け、その儀礼を保っている。また、北京のロシア大使館内にも正教会が建設されている。中国のキリスト教 フレッシュアイペディアより)

  • チベット問題

    チベット問題から見た新疆新疆ウイグル自治区

    1951年、東トルキスタン(新疆)、青海、チャムドの3方面から人民解放軍をラサに進め、その武力を背景にダライ・ラマ政権に十七か条協定を強引に認めさせた。中国共産党政府は、チベット政府代表としてアボ・アワン・ジグメらに「人民解放軍のチャムドからの撤退を交渉する権限」を与えて北京に派遣させた。中国政府はこの使節団にチベット政府との接触を禁じたまま、1951年5月23日、ガンデンポタンを「西蔵地方政府」と規定し、チベットを「中華人民共和国祖国大家庭」に「復帰させる」こと等を定めた十七か条協定を締結した。この協定の第四条では「西蔵の現行の政治制度には、中央は変更を加えない」と定められていたが、中国政府のいう「西蔵」にはアムドやカムの東部は含まれていなかった。また、このチベット側の代表とされたアボは、チベットの国家元首であるダライ・ラマ14世から協定締結の権限を与えられておらず、署名に必要な印璽も持参していなかった。中華人民共和国側は軍事力をちらつかせた恫喝により、アボに署名を強要した(その際に押されたチベットの国璽は、あらかじめ中華人民共和国側が用意していた偽物であったという)。ダライ・ラマ14世は協定締結のニュースを聞き、アボの越権行為に衝撃を受けるが、パンチェン・ラマは同1951年5月30日にダライラマに対して「中国政府の指導の下、チベット政府に協力する」と表明したことをうけ、ダライラマも同1951年10月24日、毛沢東宛に17条条約を認めるような主旨の電報を送っている。なお、アボはその後のチベットにおける中国共産党の忠実な代弁者となった。この「協定」では、中央チベットに関してはダライ・ラマ政権にある程度の自治を認めたものの、カム地方のうち、雍正のチベット分割以来ガンデンポタンの統治下にあった西部地方に傀儡政権である「チャムド解放委員会」を設置した。チベット問題 フレッシュアイペディアより)

  • アイディン湖

    アイディン湖から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    アイディン湖(, , )は、中華人民共和国・新疆ウイグル自治区のにかつて存在した湖。アイディン湖 フレッシュアイペディアより)

  • 焉耆

    焉耆から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    焉耆(呉音:えんぎ、漢音:えんき、拼音:Yānqí)は、かつて中国(東トルキスタン)に存在したオアシス都市国家。現在の中華人民共和国 新疆ウイグル自治区 バインゴリン・モンゴル自治州 焉耆回族自治県にあたる。玄奘の『大唐西域記』では阿耆尼国(あぎにこく)と記されている。別名イエンチー。焉耆 フレッシュアイペディアより)

  • チベット侵攻

    チベット侵攻から見た新疆新疆ウイグル自治区

    1951年、中共は、東トルキスタン(新疆)、青海、チャムドの3方面から人民解放軍をラサに進め、その武力を背景にダライ・ラマ政権に十七か条協定を強引に認めさせた。チベット侵攻 フレッシュアイペディアより)

  • 中ソ国境紛争

    中ソ国境紛争から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    1969年3月2日、15日にアムール川(中国語名は黒竜江)の支流ウスリー川の中州であるダマンスキー島(中国語名は珍宝島)の領有権を巡って大規模な軍事衝突が発生した(珍宝島事件、ちんぽうとうじけん、ダマンスキー島事件)。同年8月にも新疆ウイグル自治区で軍事衝突が起こり、中ソの全面戦争や核戦争にエスカレートする重大な危機に発展した。同じ共産党独裁国家でありながら、かつて蜜月を誇った中国とソ連の対立が表面化した事件でもあった。中ソ国境紛争 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の宗教

    中国の宗教から見た新疆新疆ウイグル自治区

    2012年中国家庭追跡調査が、漢民族が多数派である25省で実施された。対象は中国の全人口の95%である。自治区である香港やマカオ、新疆、内モンゴル、チベット、寧夏、および青海省と海南省は除外した。その結果、これらの省の人口のわずか10%しか教団的宗教に属していなかった:仏教徒が6.75%、1.89%がプロテスタント、0.54%が道教徒、0.46%がイスラム教徒、0.41%がカトリックであり、0.40%が他宗教の信者だと申告した。回答者の90%が自分を「無宗教」と考えているが、調査員たちの見積もりでは、全体のわずか6.3%が完全なる無宗教(神や精霊を信じたり崇拝したりしていない)であるとされる。調査員たちの仮説では、回答者の多くが、宗教と「信仰している」の意味とに偏った理解があるかもしれないと考えられている。また、5カ所を選定して詳細な分析が行われた:その地域は、上海、遼寧省、河南省、甘粛省、および広東省である。河南省は、キリスト教徒の割合が他の省よりも多くおよそ6%であった。仏教徒はより若く、より高等の教育を受けている傾向がある一方、キリスト教徒はより高齢で、非識字の可能性がより高かった。また、仏教徒は概して富裕層である一方、キリスト教徒はほとんど人口の最貧困層に属していた。中国の宗教 フレッシュアイペディアより)

812件中 31 - 40件表示

「新疆ウイグル自治区」のニューストピックワード