586件中 31 - 40件表示
  • バインゴリン・モンゴル自治州

    バインゴリン・モンゴル自治州から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    バインゴリン・モンゴル自治州( - じちしゅう)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区東南部に位置する自治州。バインゴリン・モンゴル自治州 フレッシュアイペディアより)

  • 昌吉回族自治州

    昌吉回族自治州から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    昌吉回族自治州(しょうきつかいぞくじちしゅう)は中国新疆ウイグル自治区に位置する自治州。自治区中部に位置する回族の地級民族区域自治単位である。昌吉回族自治州 フレッシュアイペディアより)

  • アクス地区

    アクス地区から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    アクス地区( - ちく)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区に位置する地区級行政単位。古来よりシルクロードの重鎮であるオアシス都市アクスを中心とする。人口ではウイグル族が74.6%、漢族が24.1%を占める。アクス地区 フレッシュアイペディアより)

  • 吐谷渾

    吐谷渾から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    吐谷渾は南北朝時代の中国王朝にしばしば朝貢し、中国文化を摂取した。とくに436年には北魏から鎮西大将軍、438年には南朝宋から都督西秦河沙三州諸軍事・鎮西大将軍・西河二州刺史・隴西王を授けられ、翌年には河南王に改封された。444年、吐谷渾内部で権力闘争があり、北魏軍の侵攻を受けたため、吐谷渾王の慕利延は于闐国(現:新疆ウイグル自治区ホータン)に逃れて、于闐王を殺し、その地を占拠した。その後、慕利延は故土に戻り、南朝宋との関係を深め、北魏としばしば交戦した。この頃、吐谷渾は西域南道諸国も支配し、シルクロードの国際貿易を統制していた。吐谷渾 フレッシュアイペディアより)

  • チベット侵攻 (1949-1951)

    チベット侵攻 (1949-1951)から見た新疆新疆ウイグル自治区

    1951年、中共は、東トルキスタン(新疆)、青海、チャムドの3方面から人民解放軍をラサに進め、そのの武力を背景にダライ・ラマ政権に十七か条協定を強引に認めさせた。チベット侵攻 (1949-1951) フレッシュアイペディアより)

  • アルタイ地区

    アルタイ地区から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    アルタイ地区(‐ちく)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州の最北部に位置する地区。アルタイ市に所在するアルタイ地区行署が管理する。アルタイ地区 フレッシュアイペディアより)

  • イリ・カザフ自治州

    イリ・カザフ自治州から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    イリ・カザフ自治州(?じちしゅう)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区北部に位置するカザフ族の副省級自治州。グルジャ(伊寧)市を州都とし、全国で唯一、タルバガタイ(塔城)、アルタイ(阿勒泰)の2地区を管轄する地区級行政単位である。イリ・カザフ自治州 フレッシュアイペディアより)

  • ホータン地区

    ホータン地区から見た新疆ウイグル自治区新疆ウイグル自治区

    ホータン地区(-ちく)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区南西部に位置する地区。ホータン地区 フレッシュアイペディアより)

  • ヤクブ・ベクの乱

    ヤクブ・ベクの乱から見た新疆新疆ウイグル自治区

    清朝政府は、1762年、天山山脈北部にイリ将軍府を設置し、旗人による軍政を敷いた。主にウイグル族の住むこの地域はイリ将軍統治下の回部として、藩部の一部となり、「ムスリムの土地」を意味する「回疆」もしくは「新しい土地」を意味する「新疆」と呼ばれた。一方、ムスリム社会の末端行政には、在地の有力者に官職を与え、自治を行わせる「ベグ官人制」が敷かれ、在地の社会構造がそのまま温存された。このベグ官人制は1884年の新疆省まで存続した。こうしたべグ制度の復活については、「柔構造的支配」の現れとして、清朝が満洲人による政府であり、漢化しながらも漢民族ではない「異民族」として自らを意識したうえで、チベット・モンゴル・ウイグル(新疆) との間に「多重文明圏」を形成し、華夷秩序に基づく支配構造ではなく、むしろ対等な文明共存関係であり、「柔構造」を有していたもされる。ヤクブ・ベクの乱 フレッシュアイペディアより)

  • チベット問題

    チベット問題から見た新疆新疆ウイグル自治区

    1951年、東トルキスタン(新疆)、青海、チャムドの3方面から人民解放軍をラサに進め、そのの武力を背景にダライ・ラマ政権に十七か条協定を強引に認めさせた。中国共産党政府は、チベット政府代表としてアボ・アワン・ジグメらに「人民解放軍のチャムドからの撤退を交渉する権限」を与えて北京に派遣させた。中国政府はこの使節団にチベット政府との接触を禁じたまま、1951年5月23日、ガンデンポタンを「西蔵地方政府」と規定し、チベットを「中華人民共和国祖国大家庭」に「復帰させる」こと等を定めた十七か条協定を締結した。この協定の第四条では「西蔵の現行の政治制度には、中央は変更を加えない」と定められていたが、中国政府のいう「西蔵」にはアムドやカムの東部は含まれていなかった。また、このチベット側の代表とされたアボは、チベットの国家元首であるダライ・ラマ14世から協定締結の権限を与えられておらず、署名に必要な印璽も持参していなかった。中華人民共和国側は軍事力をちらつかせた恫喝により、アボに署名を強要した(その際に押されたチベットの国璽は、あらかじめ中華人民共和国側が用意していた偽物であったという)。ダライ・ラマ14世は協定締結のニュースを聞き、アボの越権行為に衝撃を受けるが、パンチェン・ラマは同1951年5月30日にダライラマに対して「中国政府の指導の下、チベット政府に協力する」と表明したことをうけ、ダライラマも同1951年10月24日、毛沢東宛に17条条約を認めるような主旨の電報を送っている。なお、アボはその後のチベットにおける中国共産党の忠実な代弁者となった。この「協定」では、中央チベットに関してはダライ・ラマ政権にある程度の自治を認めたものの、カム地方のうち、雍正のチベット分割以来ガンデンポタンの統治下にあった西部地方に傀儡政権である「チャムド解放委員会」を設置した。チベット問題 フレッシュアイペディアより)

586件中 31 - 40件表示

「新疆ウイグル自治区」のニューストピックワード